浮気調査の費用

興信所への調査依頼費用の相場や契約時の注意点を紹介

おすすめの探偵社

<1位> 原一探偵事務所
全国に18拠点、創業44年、解決11万件以上の実績の大手の探偵社

<2位> HAL探偵社
相談は匿名および非通知でも可能、24時間365日対応

<3位> MR探偵社
相談件数は年間15,000件以上の実績と高い調査力を誇る探偵社

興信所や探偵への依頼は本当に高額な費用がかかるのか

興信所や探偵に依頼してみたいけれども費用がとても高そうだ、というイメージを持つ人は多いのではないでしょうか?実際に身近に依頼した経験がある人から話が聞けたらよいのですが、なかなかそのような話題のチャンスも少ないかもしれません。

ちなみに興信所と探偵の違いは現代においてはどちらも業務内容の違いはほとんどなく、浮気調査依頼を受けているところであれば、どちらに依頼しても問題ありません。本記事では興信所や探偵への依頼にかかる費用の相場について解説していきます。

目次

1.基本的な興信所の料金体系と相場

2.依頼時の金銭トラブルを回避するためには

3.興信所の依頼費用を抑えるコツ

4.費用はかかるがプロによる調査を依頼できるのが興信所

基本的な興信所の料金体系と相場

興信所に調査依頼をするときは依頼する内容によって費用が変わります。また、最初から費用に含まれている、いないなどもさまざまで料金体系も各社違うために料金が提示されている場合であっても、まずは内容を詳しく確認することが大切です。

ここでは一般的な浮気調査にかかる費用の具体的な計算例などを挙げながら、基本的な興信所の料金体系と相場について解説します

依頼する内容によって費用は変わる

費用は依頼する内容によって変わります一般的な浮気調査にかかる一日の費用は10万円程度と提示しているところも多いようですが、あくまでも一般的であるというところに注意が必要です。人件費の他には経費もかかりますので、飛行機や新幹線などを使うことがあれば高くなりますし、宿泊をともなえばさらに費用がかさみます。

また、浮気相手が特定されていない場合は、相手を特定するために探し出す時間が必要になりますが、ある程度浮気相手が特定されている場合は探す時間が必要ないので、早く調査が終わる場合もあります。依頼時の状況や内容によっても費用は大きく変わります

調査員一人あたりの時給制

調査費用に大きく影響するのが調査員の費用です。調査員一人につき1時間あたり8,000円から10,000円が一般的な相場です。

また、調査員は基本的に2名以上のチームで調査することが多いです。なぜなら、1名で調査をすると尾行などに気がつかれた場合、逃げられて見失ってしまう可能性が高くなるからです。

調査員1名あたり→1時間10,000円(時給)×5時間(調査時間)=50,000円

調査員2名の場合→50,000円×2名=10万円(合計)

ここでは1名あたりの時給を10,000円、調査時間を5時間で依頼したと仮定しました。調査員1名で5時間なら50,000円ですが、調査員2名が基本なので最低でも10万円はかかるという計算になります。その他交通費や車の利用などがあればさらに実費がかかります。

また、最初から別途、基本料金などを設けている興信所もあり、場所によってその設定は違うので確認が必要です。あくまでも上記の計算は単純な調査員の時間給だけの計算です。

長時間のパック料金制

興信所での料金設定はほとんどが数十時間でX円というように時間で料金を決めています。それは調査員2名での時給で計算していくと調査がすぐに終わらなかった場合、莫大な費用になってしまう可能性があるため、あらかじめ長時間のパック料金制にすることで一時間あたりの料金を割引するというシステムです。

一見、お得な感じもしますが、もしも調査が予想していたよりも早くに終わった場合でも返金はしないという契約のところが多く、残った時間分の料金が無駄になってしまう可能性もあります。

迷ったときは自分で基本的な調査員の時給計算をしてみて、どれくらいの調査期間を依頼するのかなどを加味したうえで、より自分に適しているシステムを選択しましょう。

料金システムがいくつかある場合には、どれが自分の依頼したい内容に合うのかなどをよく考え、納得してから申し込むことが大切です。

成果があれば支払う成功報酬制

成果があれば支払う、成功報酬制を設けている興信所も多くあります。このシステムは希望の調査が全て条件に満たされたときに成功報酬として料金が発生するというものです。

条件に満たない場合には料金が発生しないため良心的のように思われますが、契約の際に調査の内容などを双方でしっかりと取り決めて理解しておかないと、のちに追加料金が発生するなどのトラブルが起こる可能性があります。

浮気調査であれば、浮気の証拠をつかむまでという漠然とした契約などをすることがないように注意しましょう。例えば、裁判で使える写真までを証拠として用意して欲しいなどといったもっと具体的な条件までを出して取り決めをすることが大切です。

交通費などの経費は別途発生

興信所の料金設定において交通費・宿泊費・施設利用料などは別途発生する場合があるため、事前に確認することが大切です。

例えば、相手が車を使う場合は車を使って尾行することになりますが、そのときは一般的には車両使用代、ガソリン代、高速を使えば高速料金代、駐車場代などが発生します。

宿泊をともなうケースや飛行機や新幹線を使う場合などは別途見積となる場合が多いです。宿泊をともなえば宿泊代の他、時間も長くなるために調査員の人件費もかさんできます。

あとで想定外な請求がきて驚くなどの料金トラブルを回避するためにも、必ず事前に想定されることについてリストアップし、確認をしておきましょう

浮気調査ができる探偵社の費用については探偵の浮気調査にかかる費用 依頼時の不安や疑問を解決!でさらに詳しく説明しています。

依頼時の金銭トラブルを回避するためには

興信所と依頼者との間でしっかりと取り決めをしていない場合に起こりやすいのは、金銭トラブルです。浮気調査においては特に調査対象者が人間であるために、予想外の行動を取られる可能性もあります。

また、決まった調査時間内に調査が終わらないことや思わぬ経費がかかることもあれば、想定していたよりも早くに調査が終わる場合もあり、ケースバイケースです。

そのように予測不可能なことも多いため、可能な限り予測できることを挙げて双方で条件を曖昧にしないようにすることが大切です。

ここでは依頼時の金銭トラブルを回避するために気をつけるべきことについて解説していきます。

成功報酬制には注意が必要

成功報酬制とは調査が条件を満たした場合のみ支払いが発生するシステムですが、成功判定の線引きが曖昧なため実はトラブルになりやすいので注意が必要です。

成功報酬制で依頼をするときは、最初にどこからが成功なのかなどの契約内容を双方でしっかりと決めて確認しておくことが重要です。例えば、浮気相手を特定するところまでが条件なのか、裁判に使える不貞の証拠写真撮影までが条件なのかなどです。

それらを最初にしっかり決めておかないと、のちに追加調査を依頼することになったり、追加料金が発生したりなどのトラブルが起こる可能性があります。必ず最初から曖昧な条件の提示などはせず、少しでも不明な点は明確にしてから契約をすることが大切です。

料金を明確に提示している興信所を選ぶ

興信所を選ぶときは料金を明確に提示しているところを選ぶようにしましょう。料金を曖昧に提示しているところは、途中での時間延長をしたり勝手に調査員を増員されたりする悪質な業者も実際にあるためです。

また、他の興信所と比較して料金設定がかなり低く提示されている場合も要注意です。上記でも解説したように、基本的には調査員の人件費が費用の大半を占めており、人件費はどの興信所でも大幅に変わることは基本的にはありません。

あまりにも最初の金額設定が低く提示されていると感じた場合には、自分で一般的な調査員にかかる人件費の計算をして料金を比較したり、料金の中に何が含まれているのかを確認したりしてみましょう。

一見、安いと思っても、あとで追加料金が加算されるなどして結果的に他社よりも高い金額となってしまうケースも多々ありますので、必ず費用の内訳などを明確にしてもらうことが大切です。

支払い方法は会社によって様々

報酬の支払い方法については興信所によって違うため、事前に確認が必要です。大手の興信所であればクレジットカードの使用ができるところもありますが、分割などの支払い方法や使用できるカードの種類などについてもさまざまなので確認しておきましょう。

また、個人経営や中小規模の興信所の場合はクレジットカードが使用不可で現金のみのところも多くあります。現金での支払い方法もさまざまで全額前払いの場合や、一部前払いで最後の調査報告書の受け渡しのときに残金を支払う方法などもあります。

ただし、基本的には全額前払いにしているところが多いようですので必ず確認をしましょう。特に自分の希望の支払い方法がある場合は依頼をする前に確認が必要です。

興信所の依頼費用を抑えるコツ

興信所に依頼をするとき、誰もができるだけ費用を抑えたいと思うのは当然のことかもしれません。今まで興信所でかかる基本的な費用について解説してきましたが、ここでは興信所の依頼費用を抑えるコツについて解説します。

事前に調査日を特定しておく

興信所の費用の基本となるのが調査員の人件費です。それを減らすことができれば費用を抑えることができます。人件費を減らすからといっても単純に調査員の人数を減らせばよいというわけではありません。

なぜなら、例えば、人ごみの中での調査では調査員1名では取り逃がしやすくなり、余計に調査に時間がかかってしまうことになり、結果としてさらに費用がかさんでしまう可能性があるからです。

効率よく減らすコツは、まず調査対象者が浮気しそうな日や時間帯をあらかじめ特定しておくことです。そうすることで調査日数や時間を減らせるため無駄が少なくなります。

可能であれば調査対象者のスケジュールを確認したり、誕生日やバレンタインデー、クリスマスなどといった世間一般的にカップルが動きそうなイベント周辺に調査日を合わせたりするなど、事前に調査日を特定し依頼をするとよいでしょう。

調査員の交通費を抑える

人件費の他に費用を抑えられるとするならば、必要経費の中でも交通費を抑えることです。調査対象者が出張が多かったり出張先での浮気を調査したりする場合は出張先まで尾行をし張り込みをするため、調査員の交通費がかさみます。

また、遠方に出張することで交通費だけでなく、宿泊を伴えば宿泊費や調査員の時給も加算されてどんどん高額になっていくことが予測できます。

出張や遠方での調査の可能性がある場合は全国に支店などのある興信所を最初から選ぶことで、調査員の交通費を安くできる場合があります。

ただし、興信所によっては支店などとの連係をしていない場合もありますので、まずは確認をしてみることが大切です。

匿名での無料相談が可能な興信所も

興信所に調査依頼をしてみたいとは思っても、なんとなく気が進まない理由のひとつには興信所自体、どのようなところかが分からない不安などがあるからかもしれません。

また、浮気調査という内容になればプライバシーにもかかわるため、まだ依頼が決まっていない段階で名前や住所を伝えることにも抵抗がある人も多いでしょう。

そのような不安を解消するためにも、初めて興信所に電話やインターネットで相談するときは住所や電話番号などは一切不要で匿名で無料相談ができるようにしているところも多くあります。

匿名で無料相談をすることで、相談内容や費用についても率直に聞きやすかったり信頼できる興信所であるかどうかを見極めたりすることもできるので安心です。

いろいろな不安を抱え、なかなか一歩を踏み出せずに悩んでいるときは匿名で無料相談をしてみるのもおすすめです。

おすすめ探偵社3選

おすすめの探偵社3社について、気になる1時間あたりの費用や調査内容、基本情報、おすすめポイントをまとめました。

原一探偵事務所

原一探偵事務所は、本社の川越を含む全国主要都市18ヶ所に(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・札幌・仙台・大阪・岡山・広島・松山・福岡、他)拠点があります。

TV番組からの依頼案件も多数解決し、言い逃れのできないような決定的な報告書を作成してくれます。

原一探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 4,0000円~パック
調査内容 浮気調査、人探し、嫌がらせ調査、盗聴器発見、ストーカー対策、企業調査、子供に関する調査、結婚調査
最寄り駅 東武東上線 霞ヶ関駅
住所 埼玉県川越市上寺山2-1
電話番号 0120-876-501

 

あい探偵事務所

あい探偵事務所は全国75拠点の支社と、34カ所もの相談室を設置している浮気専門の探偵事務所です。創業以来80,000件以上の浮気調査を対応しており、顧問弁護士との無料相談など浮気調査で真実を知ったその後の対応について、広く相談できます。

また広告費や経費削減により、1時間当たり2,500円という低価格を実現しつつ、完全後払い制を実現させているのも特徴です。

あい探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 2,500円/1名
調査内容 浮気・行動調査、裁判証拠収集、ストーカー対策、個人信用調査
最寄り駅 相談室、支社によって異なる
住所 本社:東京都港区南青山2-2-8 DFビル6階
そのほか、全国34カ所の相談室あり
電話番号 0120-783-264(フリーダイヤル)

 

株式会社AMUSE

株式会社AMUSEこと総合探偵社AMUSE(アムス)は、東京・新宿に本社を構え、全国8カ所に支社を持つ大手探偵事務所の1つです。探偵専門学校であるAMUSE探偵学校を運営していることもあって、10年以上の経験があるベテラン調査員が多数在籍しています。

依頼者への5つの安心として、相談や見積もり無料、24時間365日相談対応、低水準の調査料金、秘密厳守、アフターフォローの徹底を掲げています。

株式会社AMUSEの詳細
1時間あたりの費用 7,500円/1名
調査内容 浮気調査、素行調査、行方調査、婚前調査、その他法人調査
最寄り駅 新宿三丁目
住所 東京都新宿区新宿2丁目15番26号 第三玉屋ビル9階
そのほか、全国8カ所に支社あり
電話番号 0120-315-447(24時間無料相談フリーダイヤル)

 

費用はかかるがプロによる調査を依頼できるのが興信所

興信所に依頼をするには確かに費用はかかりますが、プロによる調査を依頼することができます。特に浮気調査は証拠を自分でつかもうとしても仕事や子育てに忙しい場合は、なかなか証拠がつかめないまま不安でつらい日々を過ごし時間ばかりが過ぎていくということもあるでしょう。

もしも自分で浮気の証拠をつかむことができたとしても裁判などを視野に入れた場合、その証拠が裁判で使えるかどうかも重要になります。デジカメで撮影したものや加工が可能と判断されるような写真は裁判では証拠として認められないことも多々あります。

また、実際には相手が浮気をしていなかった場合、相手を疑っていたことがバレてしまうと信頼を失ったりケンカになったりするなどのトラブルが起こる可能性もあります。その点、プロである興信所に依頼すればバレずに確実に結果を出してもらうことができるため安心です。

興信所の費用はどれくらいかかるのかなどは匿名で無料相談ができるところも多くありますし、それを利用してみることで自分に合った興信所であるかどうかも見極めることができます。まずは相談してみることをおすすめします

都道府県から探す

北海道
東北
関東
甲信越
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
沖縄
 
探偵の相場と調査内容
関連記事