妻の浮気

女が浮気をする理由とは。浮気をしやすい女性の特徴を徹底解説

既婚女性が浮気をする理由とは?

浮気といえば男性がするイメージがありますが、最近ドラマや映画などでもありますが結婚している女性の浮気も多くなっています。仕事をしている女性は職場で出会うきっかけがありますが、専業主婦は浮気相手と出会うことがなかなか難しいと思われがちです。しかしスマホやSNSの普及によって知らない男性と出会うことができるようになりました。なぜ夫がいるのに他の男性の求めて浮気をしてしまうのでしょう。その背景には男性と女性の恋愛に対しての考え方の違いにもあります。浮気をしやすい女性の特徴や行動を解説していきます。

浮気をする女性の4つの特徴

露出の多い服装を好んでいる

女性はかわいい服を着て着飾りたい生き物です。しかし自己顕示欲の強さと性欲の強さは直結しているため、露出の多い服が好きな女性は浮気しやすいと言えます。露出の多い服を着ている女性は自分に自信があり、彼氏や夫だけではなくいろいろな男性から注目されたいと思ってしまうのです。また女性の浮気には女性ホルモンが関係していて、露出度の高い服を着ているときほど女性ホルモンの「エストラジオール」が高くなり浮気をする可能性も高くなります。

ブランド品を多く見につけている

ブランド好きは目立ちたがり屋の人が多く、たくさんの異性から認められたいという欲求も強いため、浮気しやすいと言えます。こうゆう女性は認めてくれる男性に惚れやすい体質なので複数の男性に好意を持つこともありえます。女性はもともとブランド好きの人が多いので、ブランド好きだからといって浮気する女性と決めつけないようにしましょう。ブランドのバッグやアクセサリー、さらに靴まで全身にブランドを身にまとっている女性は注意が必要かもしれません。こうした女性に気づかずにブランド品を貢ぐとあとで大変なことになるかもしれないので注意しましょう。

熱しやすく冷めやすい性格

集中力がなく、何かにつけてすぐに投げ出したがる女性や新しいものにハマるのも早いけど飽きるのも早い女性は、恋愛においても同じ行動を取ってしまいます。魅力的な男性を見つけてしまうと心変わりをしやすい傾向にあります。特定の彼氏はすぐに飽きてしまう一方で、新しい男性に一瞬で好意を持ってしまうのです。彼氏のことが嫌いになったわけではなく、ただ単に新しいものに惹かれてしまうだけなのです。こういった性格の女性は普段持ち歩くバッグやストラップなどを変えることが多いので浮気しやすタイプの女性かわかります。

常に誰かと繋がっていたい

SNSの更新頻度が多かったり、誰かと一緒にいるのにスマホを手放せない人は、そばに誰かがいないと寂しくてその不安を埋める手段として浮気に走ってしまう傾向があります。彼氏や夫がいつも仕事などで忙しくて愛情が感じられないときや寂しさに耐え切れなくなったとき浮気をし、浮気がばれると「寂しかったから」とあくまで自分は悪くないという言い訳をしてきます。寂しがりの女性は寂しいときに他の男性から声をかけられるとすぐに飛びついてしまうことが多いでしょう。寂しがり屋だとわかっているパートナーだったら男性は忙しくてもまめに連絡をすると浮気防止になります。

女性が浮気をしたくなる時に働く心理とは?

構ってくれる男性が欲しい

パートナーに対して不満を持っている時に、他の男性から優しくされてしまうと心変わりしてしまいます。これはパートナー以外の男性に癒しや安らぎを求めてしまうからです。人は居心地のいいところを好むものなので、落ち着く場所を探して別の男性のところに落ち着こうとします。特に女性は心を大切にしてほしい、安心感がほしいと思う生き物だからです。 最初は浮気をするつもりはなくても、職場の男性やSNSなどを使って知り合った男性に優しい言葉をかけられるとその相手に心が奪われ浮気に発展することもあります。

新しい刺激が欲しい

パートナーとの関係がマンネリ化してくると、ドキドキ感や新たな刺激を求めて浮気に走ってしまいます。パートナーとの関係に変化をつけたいと願っている女性と長い付き合いだから安定のままでいいと思っている男性の間でギャップがある場合は女性が浮気しやくなります。いつまでも恋愛をしていたいという恋愛体質な女性は特にかもしれません。マンネリ化だと感じたら日ごろからの感謝の気持ちや愛情をしっかり伝えてサプライズにプレゼントなど贈るといいかもしれません。また付き合いたてのときに行ったデートの場所に行って思い出話をするのもいいかもしれません。 刺激にもいろいろあって、スリルを感じたいために浮気をする人もいます。浮気をしていることがバレるかバレないかのスリルを楽しんで、そのことに刺激を受けている人もいます。

他の男性が魅力的に見える

女性は経済力やルックス、性格などが夫よりも魅力的だと思える男性に出会ってしまい、気持ちを抑えきれなくなってしまったら浮気をしてしまう可能性が出てきます。毎日暮らしを共にしている夫はいつの間にかときめきをするような恋仲ではなく家族としてしか見れなくなります。恋愛中は欠点を含めて相手を愛するのですが、長年一緒にいると欠点だけが気になってきます。完璧な男性はいないとわかっていても、夫の欠点が気になり始めたら夫に足りないものを持っている男性に女性は惹かれてしまうのです。

浮気中の女性がする3つの行動パターン

外出や仕事の帰りが遅くなる

友達と会うと言って外出する回数が増えたり、急に仕事の残業が増えり、飲み会が増えたりという名目で帰りが遅くなった時は要注意です。専業主婦の場合平日に十分な時間をとることは難しくありません。しかし浮気相手の男性は平日仕事があるので十分に時間をとることは難しくなります。そこで土日の休日を使って会ったりするので、女性の外出する回数が増えたりします。友達と会うと言えば男性は女性同士だしと思い安心してしまうのです。仕事をしている女性は自分の仕事時間もありますが、相手の仕事が終わる時間から会うことがあるので、残業や飲み会などを理由に浮気相手と会っていることがあります。

スキンシップが減少する

女性が浮気をすると、体だけではなく心まで相手と深くつながっていたいと思うようになります。これは女性の持つ本能的なもので「より良い種を持つ子孫を残すため」と他の人との行為を受け入れられなくなります。そのため彼氏や夫とのスキンシップを避けるようになります。女性の場合生理周期によってホルモンバランスの関係で拒否されることがあるので判断は難しいですが、キスを避けられるようになったら要注意です。キスは女性にとって大事な愛情表現です。それが避けられるということは浮気の危険信号かもしれません。また恋人関係の場合、最初は態度が急によそよそしくなり、徐々に連絡の回数が減ったり理由をつけて会うことも避けたりするかもしれません。

服装の好みが変わった

浮気の兆候で一番わかりやすいのは服装とメイクの変化です。今まで来たことのない服や髪形をするようになった時は、浮気相手の好みに合わせている可能性が高いです。例えばいつもはパンツスタイルが多かったのに、スカートを履くようになったりします。さらにメイクの仕方も派手になったり、女子力が高くなったり、鏡を見る回数が明らかに増えたなどの行動をするようになったりもします。日ごろから彼女や妻の服装やメイクなどを見ている男性だとすぐに浮気に気づくかもしれません。しかし付き合っているころだと少しの変化でも気づくかもしれませんが、結婚をすると妻の服装やメイクなど気づかない男性も多いので浮気されていることも気づかないことがあります。

妻の浮気が発覚した時の対処法は?

証拠を入手して相手男性に慰謝料を請求する

妻に浮気の疑いがある場合探偵に依頼したり、自分で証拠を集めたりして、相手男性に不倫の慰謝料を請求する通知を出します。妻と浮気相手の関係を終わらせるのに有効な手段です。この慰謝料請求には条件があります。法的に婚姻期間中に相手の男性と肉体関係がなければ慰謝料は請求できません。

例外で肉体関係がなくても慰謝料請求を認められているものもありますが、基本は「不貞行為」である肉体関係が必要な条件です。不貞行為を認める発言をした音声記録などが必要になるので自分で証拠を集めるのは難しいかもしれません。プロである探偵に依頼した方が証拠集めに効率的です。探偵を依頼した場合日数によって金額も変わってくるので、調べてから依頼するようにしましょう。

また夫婦関係が長年別居状態である場合、夫婦関係の破綻だとみなされて慰謝料ができません。さらに妻の浮気の原因が夫に責任がないことも条件です。金銭面でも精神面でも夫として役目を果たしているのに妻に浮気をされた場合は慰謝料を請求することができます。慰謝料の金額は定まっておらず、浮気の期間や子供への影響などによって金額が高額になったりします。

今後について話し合う機会を設ける

浮気は愛する相手にとって重大な裏切りです。その裏切りがわかったあと夫婦の関係を修復して一からやり直すのか、離婚して決別するのかを2人でよく相談して決定しましょう。子供がいる場合だと子供のことも含めて2人でよく考えないといけません。離婚する場合は親権、財産分与など離婚条件も話合わなければいけません。

裏切られた妻と話し合うことは大変なことかもしれませんが、自分たちの気持ちを直接伝え合うことができるし、浮気のきっかけや原因など詳しく知ることができます。しかし感情が高ぶったりして話合いがうまくいかない場合は知人に間に入ってもらったり、弁護士に相談してみるのもいいかもしれません。

自分が幸せになれる道を選択しよう

浮気といえば男性がするものだと世間から思われがちですが、最近では女性も浮気をする人は少なくありません。しかし浮気をするにはなんらかの理由があります。

女性はいくつになってもお姫様のような扱いをされたいものです。付き合いが長いと男性はほめることをあまりしなくなったり、子供を産んだら母親としてしか見なくなり女性としての扱いが減ります。女性はそうしたことが積み重なり不満になり浮気をしてしまう原因になってしまうのです。

男性の浮気は心と体を分別して浮気をすることができるので、相手との関係を断ち切るときは簡単にできます。しかし女性の場合は浮気するということは相手に好意を持ち本気になってしまうことが多いので、女性の浮気は厄介なものなのです。女性に浮気をされた男性は女性が浮気した原因を知ることで自分にも原因があるかどうかがわかります。それによって相手を許せるかもしれません。

もし許したとして一度裏切られた相手を無理に一緒にいるのではなく、自分が本当に相手といて幸せだと思えるかどうかで判断をしましょう。一緒にいても相手を疑い続けそうなら別れる方がいいと思います。裏切られた者の心はなかなか癒えませんが、一度しかない人生を大切にして幸せな人生を送りましょう。

都道府県から探す

北海道
  • 北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事