おすすめ探偵事務所

探偵事務所の身元調査について|その方法や費用も詳しく解説

おすすめの探偵社

<1位> 原一探偵事務所
全国に18拠点、創業44年、解決11万件以上の実績の大手の探偵社

<2位> HAL探偵社
相談は匿名および非通知でも可能、24時間365日対応

<3位> MR探偵社
相談件数は年間15,000件以上の実績と高い調査力を誇る探偵社

身元調査は自分でおこなうにはリスクがともなう

自分自身で身元調査を行うことにより、探偵事務所などに依頼した場合に必要な費用が一切掛かりません。ただ、対象者に見つかってしまうリスクの方が高く、状況によってはトラブルに発展する恐れがあります。

このことから、身辺調査のプロである探偵事務所や、興信所に依頼したほうが安全です。未然にトラブルから身を守り、安心して相手との関係も保てることでしょう。また、裁判などで有効な証拠を収集してもらえるなどのメリットを考えると、身元調査は探偵事務所等に依頼するのがおすすめです。

身元調査について

身元調査は探偵事務所や興信所に依頼することで、特定の相手の情報を知ることができます。しかし、この身元調査がいったいどのようなものなのか、詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

まずは身元調査の意味や、どのような場合に必要なのか解説します。また、実際に身元調査が行われるケースには、どのようなものがあるのでしょうか。このほか依頼が特に多い内容についてもあわせて見ていきます。

身元調査とはトラブルを回避するためのもの

身元調査とは相手の氏名や住所はもちろん、勤務先や経歴などの情報を調べることをいいます。また、依頼内容によっては、生活状況や資産、婚姻歴・友人関係および近所での評判に関する調査などの依頼も可能です。

最近ではSNSなどの、インターネットを活用した出会いも増えてきたことから、相手の素性を詳しく知らないという人も多いです。実際に「お金の貸し借り」や「結婚相手には、他に付き合っている人がいた」などに関するトラブルが増加傾向にあります。

そのためにも身辺調査は、さまざまな危険から身を守るほか、安心して相手との関係を築くためには欠かせません。まずは自分の身を守るためにも、相手の身元や素性について、きちんと情報を把握しておくことをおすすめします。

どのような時に身元調査を依頼することがあるのか

身元調査は対象者の身元や情報を調べることが目的となりますが、いったいどのような場合に依頼することが多いのでしょうか。ここでは実際に、身元調査を行う主な理由について、以下にまとめました。

  • お見合いなど縁談に際しての結婚調査。
  • ビジネスなどの商売において、取引相手の素性や背景等の調査。
  • 雇用を予定している場合の適正に関する調査。
  • 中途採用者の人物、勤務態度および経歴について。
  • 反社会的人物との関わり合いの有無について。
  • 子供にいじめの疑いがある場合の調査など。

この中で最も依頼が多いものとして、婚約者が依頼する「結婚相手の身辺調査」や、雇用主および人事関係者など「雇用予定者の情報」に関する調査が多数を占めます。また身元調査の依頼に必要な費用は、各探偵事務所によって異なるので注意して下さい。

身元調査で調べられること

身元調査では対象者のことについて、一体どの範囲まで調べることができるのでしょうか。まずは実際に身元調査で探偵事務所に依頼が可能なものについて以下にまとめました。

  • 名前や住所など
  • 素性や評判について
  • 対象者の学歴および経歴
  • 経済状況や資産力について
  • 特定の宗教団体への加入の有無など

ここでは、これらの項目についてどこまで依頼が可能なのかさらに調べることができないものについても詳しく解説します。

名前や住所

情報が知りたい対象者の名前や、住所を調べることができます。また、顔が分かっていれば、探偵事務所なら見つからないよう尾行調査を行うことで現在の住所まで判明する可能性があります。たとえばマンションやアパートの場合、住んでいる部屋は何号室なのかなど、詳しく調べることもできます。

実は、「名前だけしか分からない」という状況で依頼してくるケースも少なくありません。探偵は調査のプロですが、それと同時にヒアリングのプロでもあります。さまざまな内容を聞き出すことによって、相手の住んでいる居場所を調べるための情報収集を得意とします。

また、名前や住所を調べる理由として、とくに浮気調査や慰謝料を請求するために利用する場合が多いです。

素性や評判

人前にいる場合とプライベートにおいて、人によっては普段と性格が全く違う人もいるかもしれません。そのため身元調査では、対象者の素性や評判についての調査を依頼することができます。

この場合のメリットとして、普段の行動や交友関係、職場や友人のコミュニティなどについての情報を、詳しく知ることができます。

さらに結婚を控えている場合、相手の結婚歴やギャンブル癖などについても、事前に調査してくれます。結婚後にトラブルとならないためにも、何か心当たりがあるのであれば、あらかじめ調査を依頼してみることをおすすめします。

学歴や経歴

結婚を前提とした付き合いをしている場合、自分自身は気にしていなくても、両親が相手方の学歴や経歴を気にしているというケースも少なくありません。このような案件を対象として、婚約相手が卒業した高校および出身大学などについても、探偵事務所に依頼することで調べてくれます。

さらに婚約相手の職務経歴を知りたいのであれば、履歴書・前職場を退職した理由、現在の会社での評判および人間関係のほか、保有資格の事実についての調査依頼も可能です。

探偵事務所がこれらの情報を調べることができる理由として、遠い関係者からの聞き込みや、企業・公的機関への調査など、資料を取り寄せて洗い出すことを得意としているからです。

また、良心的な探偵事務所では、事前に必要となる時間や費用について、無料で相談ができる場合があるので上手く活用して下さい。

経済状況や資産力

探偵事務所では、対象者の経済状況や資産力の調査を依頼することができます。たとえば給与所得の概算や不労所得及び副収入、所有する土地や物件・車などの調査が可能です。また、経済状況を把握することでその対象者とビジネスで取引を行っても問題が無いか判断できます。

ただし、対象者の借金の額については個人情報保護の観点から、金融機関しか知りえないデータを閲覧する必要があるため、調べることは難しいかもしれません。このほか株や仮想通貨などの保有資産、国債または有価証券(小切手・手形など)など、調査できない項目もあるので知っておいて下さい。

宗教団体への所属

宗教団体への所属、または信仰している宗教について、本人に対して直接聞くことに対し、抵抗があるかもしれません。しかし探偵事務所に依頼すれば、どの宗教に入っているかまたは霊能者への信仰があるかなど、スピリチュアルおよび、自己啓発にはまっていないかなどについての調査も可能です。

たとえば、婚約相手の一家全員が宗教に所属しており、家計のほとんどを宗教団体に寄付しているのであれば、今後の家庭生活に影響するかもしれません。しかも日本国憲法では「宗教の自由」が認められていることから、これを理由に離婚をすることは難しくなるはずです。

このような状況を未然に防ぐためにも、婚約者の宗教に関して心当たりがあるのなら、あらかじめ探偵事務所や興信所にお願いして調べてみることをおすすめします。

身元調査の方法

身元調査で調べられるケースは多数ありますが、その調査方法はとても地道なものになります。たとえば、刑事ドラマのように張り込みを続けたり、状況によっては尾行などが行われます。

実際にこれらの調査方法は、どのような場合に行われるのでしょうか。このほか、さまざまな情報を収集するために、独自のネットワークを用いた調査を行っている探偵事務所もあるので、あわせて見ていきます。

調査の基本「張り込みと尾行」

対象者の動きがあるまで、じっと待つ調査のことを「張り込み」といい、通常は「尾行」とセットで行われることがほとんどです。この尾行と張り込みは、古典的な調査方法ではありますが、ごまかしが効きにくいことから信頼度に関しては高いといえます。

この張り込みと尾行調査は、行動範囲や交友関係を詳しく調べるために、基本的には探偵二人一組になって行われています。また、対象者の行動範囲によっては車やバイク、電車などの交通機関を利用する場合があります。

もちろん、気力と体力が必要となる調査であることから、状況によっては時間や費用掛かってしまうことは否定できません。

テクニックが必要な「聞き込み」

対象者の評判を調査する場合、第三者と対話することにより、情報を得る手法として「聞き込み」が行われます。この第三者とは親族や親せきのほか、職場関係者・知り合いなどが該当します。

聞き込み調査のイメージとして、刑事ドラマのようなシーンを思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし、探偵事務所の担当者は警察関係者とは異なり、捜査に関する権利のほか、警察手帳を所持していないことから、第三者に疑われてしまう可能性があります。

仮に結婚前の調査だと疑われることで、第三者から対象者に情報が漏れてしまい、最悪の場合、婚約破棄となってしまうかもしれません。

この聞き込み調査は、第三者に怪しまれないためにもさまざまなテクニックが必要となります。そのため対象者の身元調査は、聞き込み調査を得意とする探偵事務所への依頼がおすすめです。

独自のネットワークを用いた調査

探偵事務所や興信所では身元調査を行うにあたり、基本的には張り込みや尾行をしながら、行動パターンを把握することで、より詳しい対象者の情報収集を行います。

しかし、調査能力の高い探偵事務所や興信所では、独自のネットワークによって、調査対象者の情報収集を行う場合もあるので知っておいて下さい。

最近では出会い系サイトのほか、ネットによる婚活サイトを利用することで、結婚に発展する割合が増加傾向にあります。しかし相手の素性を知らずに結婚してしまうと、のちにトラブルになり危険な目に合うケースも少なくありません。

もちろん、個人で対象者の情報を詳しく調べることは簡単ではないでしょう。このようなトラブルに巻き込まれないためにも、まずは情報収集に精通する探偵事務所や興信所に依頼してみることをおすすめします。

身元調査に掛かる費用について

探偵事務所や興信所では、身元調査に必要な料金の規定がありません。つまり、自由に料金を設定することができるため、依頼する側としては不安に感じてしまうかもしれません。

ここでは、身元調査費用の目安となる平均相場のデータがありますので、調査項目別に紹介していきます。あらかじめ相場を把握すれば、悪徳業者に騙されるリスクなどを回避することができます。

費用の内訳

身元調査に掛かる費用は調査料金以外のほか、調査の難易度によって別途料金が発生します。たとえば探偵事務所に依頼する場合、どのような料金が発生するのか以下にまとめました。

  • 成功報酬金
  • 調査料金(着手金、人件費、深夜早朝割り増し、危険手当 など)
  • 経費・実費(交通費、宿泊費、通信費、記事日、対象店出入り費用 など)

成功報酬金とは、身元調査に成功した場合に発生する料金のことをいいます。また、経費や実費に掛かる費用として、探偵事務所の調査員は基本的に二人一組で行動することが多く、費用が余計に掛かってしまうかもしれません。

しかし探偵事務所によっては、見積もりの際に費用を一人分で計上している場合があります。少しでも経費を抑えるためにも、調査員の人数と提示された金額は「何人分の費用なのか」あらかじめ確認しておいて下さい。

調査費用の料金体制

調査費用に掛かる料金体制は、各探偵事務所によって異なります。

  • 成功報酬型・・・着手金+成功報酬
  • 時間制・・・・・調査に要した日数(時間)×探偵の人数
  • パックプラン・・ケースごとに低額の料金を提示(追加料金が発生する場合がある)

ここで注意しておきたいのは、調査費用が安いからといって、安易に判断するのは危険かもしれません。料金体制は各探偵事務所によって費用が変わるほか、場合によっては追加費用を請求されることもあるので注意が必要です。

ちなみに「大手探偵事務所」では、追加費用を請求していないケースも多いので確認してみて下さい。

身元調査の費用相場

身元調査を依頼するにあたり、調べて欲しい調査内容によって、費用相場は大きく異なります。あくまでも目安ではありますが、各項目ごとに必要となる費用相場は以下の通りです。

      調査項目        費用相場
    結婚前の素性調査       約50~70万円
    浮気相手の身元調査    1日15万円~1週間80万円程度
 ストーカー・嫌がらせの加害者の調査       約10~70万円
      いじめ調査       約50~140万円
     企業の採用活動      1週間50万円~70万円

たとえば、婚約者・浮気相手などの名前や住所、勤務先の調査依頼のみであれば、早ければ1日で調べることができるでしょう。反対にストーカーや嫌がらせの加害者、いじめ調査の場合、証拠を押さえるまでに時間が掛かることから、費用が高くなる傾向にあります。

調査費用を抑えるには

調査内容によっては期間を要する場合や、難易度によって料金が高くなってしまうことは否定できません。費用を安く抑えるためには、調査に必要な時間をできる限り抑えることが重要となります。

少しでも短い期間で調査を終えるためにも、積極的に有益となる情報については出し惜しみをせず、探偵事務所に提出することをおすすめします。

無料相談を実施している探偵事務所を利用する

最初から費用を掛けて身元調査を依頼することに対して、不安と感じる人も多いのではないでしょうか。無料相談を実施している探偵事務所もたくさんあるので上手く活用しましょう。

また、相談以外にも依頼したい調査内容に掛かる費用について無料で見積もりを行ってくれるため、無駄なコストが抑えられるというメリットがあります。

もちろん、想定していた費用をオーバーした場合には、その場でお断りすることも可能です。このほか、探偵事務所に直接相談しに行くことが苦手だという人は、インターネットによる無料相談もあるので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

情報提供をすることで費用を抑えることができる

探偵事務所や興信所に身元調査を依頼する場合、費用を安く抑えるためには、情報提供を惜しまないことが大切です。ここでは依頼する際、あらかじめ集めておきたい情報について、以下にまとめました。

  • 対象者の名前や住所
  • 対象者の勤務先
  • 対象者の写真(顔アップ、全身の複数枚)
  • 携帯電話番号
  • 対象者の持ち物
  • 使用車両のナンバー
  • 調査が有効な日(ストーキングされる日、浮気しそうな日、など)

実際に情報が少ないと調査に要する期間が長くなり、それと同時に費用の負担も増加します。費用を抑えるためには、対象者の情報を、より多く提供することがポイントとなります。身辺調査を依頼する際は、自分が知っている情報について、いつでも提出できるように準備しておきましょう。

知りたい調査項目を明確にする

たとえば、単に対象者の名前を住所を知りたいだけなのに対し、所有する資産や土地・出身地など、すべての情報を把握したいのであれば、調査の難易度も上がります。

まずは探偵事務所に依頼する際に、自分が対象者の何を知りたいのか明確にしておく必要があります。不要な調査項目を削るだけでも費用を安く抑えることが可能です。

このほか、無料相談などを利用することで、探偵事務所によっては「必要な項目のみに絞ってくれる」場合もあります。

身元調査の違法ではないのか

身元調査はプライバシーの侵害などに該当するので、違法行為になるのではないかと思う人もいるかもしれません。結論から言うと、身元調査は違法ではありません。しかし、すべての身元調査の行為が認められているわけではなく、法に触れる場合もあるので注意が必要です。

身元調査は違法ではない

身元調査は法律に定められた範囲内での調査であれば違法とはなりません。また、2007年に制定された探偵業法では、対象者の住所や行動を尾行、張り込み、聞き込みなどで調査することが認められています。

しかし、身元調査のすべての行為が適法となるわけではありません。ただ、通常の探偵事務所なら違法行為による調査は行わないので、依頼する際は実績があり信頼できる探偵事務所を選ぶことが大切です。

調査によっては法に触れる場合があるので注意

探偵業法では、調査によって「人の生活の平穏を害するなど、個人の権利利益を侵害することがない」よう、調査する必要があります。また、以下のような調査は違法行為に該当するので、探偵事務所や興信所に依頼しても断られる可能性が高いです。

  • 差別に関する調査
  • 国籍に関する調査
  • 盗撮、盗聴による調査
  • 住民票や戸籍の取得による調査
  • DV被害者の調査
  • 生活の平穏を害する調査(ストーカーまがいの尾行や張り込み、GPSを使用した尾行)
  • 個人情報の不正入手など

差別に関する調査とは、たとえば部落差別につながる出自を調べることなどが該当します。また国籍に関する調査も、社会的な差別にあたる可能性が高いことから認められていません。

なかでも「DV被害者の調査」は加害者に情報を渡すことで、再犯等のおそれがあることから、絶対に調査しないよう徹底されています。

身元調査の依頼先を決めるポイント

身元調査の依頼先は、どのような点に気をつけて選べば良いのでしょうか。実は、身元調査の依頼先選びに失敗しないために、決め手となるポイントがいくつかあるので紹介します。

  • 個人事務所よりも会社組織の探偵事務所がおすすめ
  • 相場より格安料金を提示している業者は注意
  • 事務所が実際に存在しているか

ここではそれぞれのポイントについての説明や、注意点などについて詳しく解説します。

個人事務所よりも会社組織の探偵事務所がおすすめ

探偵業を行うために必要な資格は特になく「探偵業届出証明書」を発行してもらえば、個人でも開業することができます。この「探偵業届出証明書」の番号は、ホームページおよび事務所などで確認できます。もしも表示されていない場合は、届け出がされていない探偵事務所の疑いがあるので注意して下さい。

また、個人事務所では従業員の人数が少なく、とくに尾行が必要な調査では対象者を見逃す可能性があり、密な調査を期待できません。このような理由から、探偵事務所に依頼する際は、複数の調査員が在籍する会社組織の探偵事務所にお願いすることがおすすめです。

相場より格安料金を提示している業者は注意

相場よりも格安な料金を提示している業者には注意して下さい。もちろん、少数精鋭で調査を行っているなどの理由から格安な料金設定で業務を行っている事務所もあります。

しかし、悪質な業者の場合、後から追加料金を請求したり、「期間を延長しなければ調べられない」などと理由を付けて、延長料金を請求されるケースもあるので注意して下さい。

このほか、ホームページに料金体系の記載がない場合や、ホームページ自体を持っていない業者には注意が必要です。とくにホームページ自体がない業者に関しては、事務所がないといったケースもあるので気を付けて下さい。

事務所が実際に存在しているか

探偵事務所を選ぶ際の基本事項として、実際に来店し、相談ができる事務所が実在していることを確認しておきましょう。実は、きちんと事務所を構えていない探偵事務所もあります。たとえば、調査前の面談がカフェだったり、来店を拒否された場合は要注意です。

もしも事務所が実在していないと、後でトラブルになったときに、連絡が取れなくなってしまうかもしれません。また、事務所の存在を確認する方法として、市外局番の電話番号の有無や、調査面談場所が事務所以外の場所でしか行われないなどを確認すると良いです。

身元調査を依頼する際は慎重に興信所を選ぼう

身元調査で依頼できる調査項目には、さまざまな種類がありますが、最低でも約10万円以上近くの費用が掛かります。しかし、身元調査によって有益な情報が得られる、たとえば財産目当てや結婚詐欺といったトラブルを未然に防ぐことができることを考えると、それほど高い金額とも言い切れないのではないでしょうか。

ただし、探偵事務所や興信所のすべてが良心的とは限りません。悪徳業者に騙されて無駄な費用を掛けないためにも、まずは無料相談などを利用しながら、信頼できる依頼先の探偵事務所や興信所を選びましょう。

都道府県から探す

北海道
東北
関東
甲信越
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
沖縄
 
探偵の相場と調査内容
関連記事