妻の浮気

妻が浮気しているかどうかを確かめるためには

妻の浮気を疑うポイント

浮気をされているかもしれないといっても、どんなことに着目したらいいかわからない方も多くいます。そんな時、最近の言動や行動を確認。妻のスマホを触ると、妻が怒ったり、夫のスケジュールを執拗に聞いてきたりしたら要注意です。

また、目立つ行動としては、スキンシップを拒む時。「おかしいな」と思ったら、日常生活をより念入りに確認したほうが良いかもしれません。

妻の浮気を疑うポイントを細かく見ていきます。

携帯を触ると怒る

テーブルに置いてあるスマホを触ろうとすると、「ちょっとやめてよ」と強く拒否をするようなら、何か隠し事をしている可能性が高いです。スマホに電話やSNSでのやりとりがあり、見られたくないかもしれないので、浮気を疑っていいかもしれません。

夫のスケジュール確認を頻繁にする

今までそんなに聞いてこなかったのに、週末や残業の予定などを聞いてくることがあります。そんな時は、浮気相手と会う時間を探しているのかも。しかし詮索するのが逆効果である時は、あえて聞かずに様子を見るとうのも手です。

女友達と出かけるということが多くなった

いつも家にいることが多いのに女友達と出かけるという報告が多くなった時は、浮気相手と会うことのアリバイ作りかもしれません。そんな時、女友達にさりげなくコンタクトしてみて、様子を探るのも一つの方法です。疑っていることがばれないように行動しましょう。

妻の帰りが遅くなる

決まった時間に夕飯を作っていたことが多かったのに、残業が急に増えたりして帰りが遅くなることが多いときは浮気の可能性があります。仕事でなぜ遅くなるのかさりげなく聞いてみましょう。何かヒントになることがあるかもしれません。

スキンシップを拒否するようになった

女性は、好きな人ができると、ほかの男性とのスキンシップを拒むようになります。手を繋ぐ、キスをするなどの回数が目に見えて減ったなら、浮気を疑ってもよいかもしれません。その際、下着や化粧の濃さなども視野に入れて確認するとよいでしょう。

妻の浮気を見抜く方法

今まで様々なことを話し合って解決してきたのに、妻が、妻のプライバシーを自分で守ろうとしていることがあります。着目すべき点は、スマートフォンの使い方。セキュリティーを高くしてパスワードの設定をしたりして、急に中身を見られない工夫をするようになったなら浮気の可能性は高まります。

また、その他にも目立つ要因が隠されているので、子供に聞いてみることも大切です。

妻の態度に注目

急に旦那さんに優しくなったりする時がある場合、浮気がばれないようにするためのサインかもしれません。又はその逆で、夫の存在が邪魔でヒステリックになったりすることも。今までと違う態度があるかどうか、確認するとよいでしょう。

妻のスマホの使い方の変化

パシワード付きのスマホに機種変したりSNSなどに詳しくなったりしたら、浮気を疑ってもよいでしょう。また、お風呂やトイレにまで持っていくことがあるのなら要注意。スマホはプライバシーの塊なので、見られては困ることが保存されているかもしれません。

子どもに聞いてみる

夫の留守中に、妻が子供を連れてほかの男性と会っている可能性があります。そんな時は、子供にさりげなく聞くのも手段の一つ。「どこに行ってたの」と聞き始め、会話の内容に違和感を感じたら、少しずつ具体的に聞きます。

しかしわざとらしく聞くと子供が気が付く可能性があり、妻に密告することもあるので注意しましょう。

妻の浮気の原因

一緒に住んでいる年月が長いと、妻は女ではなく同居人のような感覚になってしまいがちです。ですが、夫婦といえども、男と女。夫の見た目が悪くなったり、家の中のことを任せられっぱなしになると、妻はほかの男性と居心地のいい場所を求めてしまいます。

また、「私に魅力がないのかしら」と思われるくらい、デートやスキンシップの回数が減っていたりすると、妻は自分の女性的価値観を取り戻すために、浮気をすることもあります。

夫に魅力を感じなくなった

若いころは髪の毛が生えていてスリムな体型だった夫も、歳を重ねていくと見た目が変わってきて魅力を感じなくなります。そんな時に、妻の好みの男性が目の前に現れたら、浮気に走ってしまうでしょう。

また容姿だけではなく、中身ももちろん重要。家事や育児の協力がないことも浮気の原因になります。

セックスレスが原因

女性とは、常に男性から求められることによって、自分が女性である認識をします。ですので、夜の営みがなくなることは、自信を喪失することにつながり、別の男性へと心が移ってしまうことに。どのタイミングで浮気をしたのかのサインとして、セックスレスになった時期を把握するとよいかもしれません。

夫から女性として見られていない

付き合って間もない頃や、新婚当初はお互いに恥じらいがあるとき。しかし、数年経過すると、妻はハウスキーパーのように扱われ、女性として扱われなくなることもあります。そのため浮気をされてしまう可能性が上がります。

妻の浮気発覚後の選択

浮気発覚後の話の切り出し方は、タイミングなどに悩むことが多いでしょう。しかし向き合わなくてはならないのが夫婦です。では、どのようにして浮気について話し合えば良いのでしょう。

まず、テレビを消してお互いの時間を作りましょう。そして、なぜ浮気をしてしまったのか真剣に考えていきます。その際、話の終着点としては大きく分けて3つあり、「やりなおす」「仮面夫婦」「離婚する」ことです。

別居をして様子をみる方もたくさんいるようですが、3つの方法をクローズアップしていきます。

やり直す

一度こじれてしまった関係を取り戻すといっても、簡単なことではありません。根本的な原因を二人で考えてみてください。その時、妻は自分のしてきたことを反省し、夫は自分に非がないか確認すること。

もしかしたら、妻の浮気と言っても夫にも原因があるかもしれません。妻の言うことに耳を傾けるのも忘れずに。

仮面夫婦になる

精神的苦痛を伴うかもしれませんが、仮面夫婦になることも一つの選択肢。大人の身勝手な気持ちで、子供を犠牲にするべきではないからです。その際、夫婦の存在のあり方は、割り切るしかありません。あくまで子供中心に考えることを忘れずに。

離婚をする

夫婦ともども埒が明かない状態であらば、離婚も視野に入れるしかありません。新しい人生を切り開くために、法的措置をとる場合もあり得ます。その際は、証拠となるメールや写真などを収集しなければなりません。離婚は思った以上にエネルギーを使うことです。必要に応じて会社を休むなど、余裕をもって実行してください。

妻の浮気を防ぐためにしておくべきこと

浮気が発覚したとしても、再度繰り返さないようにするための防止対策はないかどうか考えてみましょう。原因から見えてくることはたくさんあるはず。そのためにしなくてはならないことを書き出すのもよいかもしれません。

また、妻にとって、どんなライフスタイルがいいか確認することも忘れないようにしましょう。

自分磨きをする

妻が浮気をしているからと言って、腹を立てるのではなく、今一度自分を鏡で見てください。もしも、結婚当初より、老けていたり太っていたりしていれば、自己管理能力が落ちていることになります。歳をとったからとあきらめず、外見を磨くのに何が必要なのか考えてみましょう。ジムやエステに抵抗があるのならば、自宅でできるセルフケアなど、雑誌を購読したりして努力を怠らないように。

また、家事や育児などを妻に任せるばかりではなく、積極的に手伝うことも忘れてはいけません。

妻を女性として意識する

女性には常にときめきが必要です。結婚生活が長いからといってプレゼントや感謝の気持ちがおろそかになっていないか考えてみてください。ちょっとしたことでも「どうもありがとう」と言葉にして伝えたり、時には花束を持ち帰ってみるのもよいかもしれません。

例えば妻が昼ドラを見る心理としては、初恋の頃を思いだしてその時の気持ちに戻っていることでストレスを発散させているという意見もあります。どんなことが妻にとってうれしいことなのか探ってみましょう。

セックスレスを無くす

セックスは「おはよう」「おやすみ」といった挨拶から始まっていると、心理学者のアドラーは説いています。夜の営みだけではないということは、言うまでもありません。

しかしいざベッドインしたときの内容を思い切って話し合ってみるのも一つの手段です。お互いにどんなプレイがしたいのか真剣に話すのではなく、遊び半分で楽しみながら行うのがコツ。女性はリラックスすることで心を解き放ちます。そうすることで、お互いが満足できるセックスができるようになり、妻が浮気することもなくなるでしょう。

疑わしいなら妻の浮気の実態を確認してみよう

妻が浮気をしてるのではないか、と考えている疑心暗鬼な期間はストレスがたまります。どうにも疑わしいと思うなら、まずは一般的に浮気している場合の傾向を理解しましょう。ただし、もしも浮気をしていないのに疑われていたら、誰だって気分が良いものではありません。試したりするような行動は相手を傷つけるかもしれないということも忘れないでください。

都道府県から探す

北海道
  • 北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事