浮気の対処方

意外と知らない!男女の浮気の基準にはこんなに差があった

浮気の基準が何なのかをはっきりさせておきたい

自分にとって大切な彼が、自分以外の女性と仲良くしているのを見たり聞いたりすれば、彼に束縛されていると感じて欲しくないと思いながらも、彼の浮気を疑ったり心配したりしてしまうのは仕方がないことかもしれません。

そして同時に自分が心配している気持ちを理解して欲しいと思ったり、境界線を超えて浮気になるような行動はやめて欲しいと願うこともあるでしょう。

人それぞれ浮気の基準は違い、自分の基準が測れないために自分が過剰に心配し過ぎて相手にしつこく思われてしまうのではないだろうかと考える一方、だからといって何も伝えずに浮気されて裏切られたくないと、相手になかなか自分の本心を伝えられずにひとりで悩んでしまうのです。

目次

どんな事をされたら浮気だと感じるか

浮気の基準に関するアンケート

浮気の基準の違いを乗り越えるには

どうしても浮気の事実を知りたい場合は第3者に相談を

浮気の基準を決めるのは話し合いが大切

どんな事をされたら浮気だと感じるか

人それぞれ浮気の基準は違いますが、男女では浮気だと感じる行為はそれぞれ具体的にどんなことで感じるのでしょう。ここでは男女別にどんなことをされたら浮気だと感じるのかを解説していきます。

女性が考える浮気だと思う男性の行動

女性が考える浮気だと思う男性の行動についておもなものは以下の通りです。

  • こっそり会っていたら浮気。(25歳)
  • 二人で食事は仕事関係もあるから仕方ないけど手を繋ぐのはあり得ない。(25歳)
  • 彼女に見せられない内容のメールやLINE、SNSをやっていたら浮気。(32歳)
  • 友達にはしないボディタッチをしたら浮気。(29歳)
  • 付き合っている彼女よりも優先順位が上になったとき。(31歳)

女性の浮気の基準は気持ち重視

女性は自分にも相手に対しても浮気のボーダーラインはややキツめで、自分以外の女性と彼が関わること全てに敏感になる人が多いです。物理的な行動がなくても女性とのメールやSNSなどのやり取りなどで秘密を持たれるこをを浮気とする傾向があります。

それは女性の多くは浮気の基準は気持ちを重視しているからです。自分よりも他の女性を優先されたりするとどんな理由があったにせよ大きなショックを受けます。

男性が考える浮気だと思う女性の行動

男性が考える浮気だと思う女性の行動について、おもなものは以下の通りです。

  • 2人きりで出かけたら浮気。(37歳)
  • キスは駄目。口と口が触れ合ったら浮気。(33歳)
  • ランチはOK。夜はエッチな雰囲気になるからディナーは駄目。(30歳)
  • 肉体関係さえなければ許せる。(33歳)
  • 気持ちが動いたらアウト。(35歳)

男性は自分に甘く相手には厳しい人が多い

女性に比べると男性は自分の浮気のボーダーラインは比較的緩めです。男性はキスや体の関係など物理的な行動を浮気とする傾向があります。しかし、自分の彼女に対する浮気の基準に関してはキツめで自分以外の男性と親密に見えるような関わりを嫌う人が多いです。

浮気の基準に関するアンケート

都内在住20〜40歳の男女を対象に「どこからが浮気だと思うか」についてのアンケート調査をした結果は以下の通りでした。

女性は1位~6位までを浮気と考えている人が半数を占め、男性は半数以上の人が浮気と考えるのは1位と2位のみでした。これは男女のもともと持って生まれた本能的なものが現れた結果のようにも見えます。

一般的に女性は気持ちが入らないと体の関係を持つことだけでなく、キスをしたり手をつなぐこともなかなかできない人が多く、浮気が本気にもなりやすいという特徴もあります。

この結果からも男性の浮気の基準は緩めで女性はそれに比べるとキツめとなり、大きな差がでる結果となりました。

20〜40歳の男女を対象にした浮気の基準に関するアンケート
1位:体の関係を持つ
2位:キスをする
3位:手をつなぐ
4位:旅行をする
5位:二人きりで遊びに行く

6位:ハグををする

7位:二人きりでショッピングに行く

8位:二人きりで食事

9位:異性と出会いのある場所へ行く(クラブなど)

10位:LINE、メールをする

浮気の基準の違いを乗り越えるには

男女での浮気の基準の違いに大きな差があることを解説してきましたが、その違いをどう受け止めたらよいのでしょう。それを理解し割り切るのか、また解決してつき合っていくのかを選択しなければなりません。ここではその男女の浮気の基準の違いを乗り越える方法について解説します。

どう思われるのかを想像する

自分の行動の正否を争うのではなく、相手にどう思わせてしまう可能性があるかを考えることが大切です。これは男女間だけに関わらず家族でも友達でも他人とコミニュケーションをとる場面において全て共通することです。

自分がされて嫌だと思う事は相手にしないようにするということは当然のことで、相手を傷つけてしまう行為をすることは人として避けなければなりません。このように考えていくと彼氏、彼女に浮気と思わせ相手を傷つける行為は浮気だといえるでしょう。

お互いのために事前に話し合いが大切

浮気の基準も感じ方も男女間だけでなく、同性間でも人それぞれです。お互いのために事前に浮気の基準についてカップルで話しあっておくことがトラブルを防ぐ最善の方法です。

異性と二人だけで会って欲しくないとか、二人で会うときは必ず報告するなどといった具体的にどこからが浮気なのか、どんなことをされたら嫌だと感じるのかについて、互いに率直に話す機会を作りましょう。

隠し事や秘密は持たない

やましい事は一切なくても異性からの食事などの誘いや、会ったことなどを隠さずに話すことを心がけると信頼関係を築くことができます。

最初は異性と二人で出かけたりすることは浮気の基準ではなかったとしても、内緒で会っているような行動や秘密にされたりすることで相手に不安や誤解を生み、あとでケンカの原因になったりする可能性があります。隠し事や秘密を持たないようにすることが大切です。

疑いすぎには要注意

いくら心配性な性格だからといっても相手から信じてもらえずに疑われ続けるのは、誰にとっても不愉快なことです。浮気などやましいことが一切ないにも関わらず、相手を疑いすぎることで本当に彼が浮気をしてしまうということなども起こる可能性があるため要注意です。

だからといって一人で悩むことはよくありません。疑っていることを前面に出さずに、信じているけれども「不安になる、心配になる」などと伝えてみましょう。そのように伝える方が彼もあなたを安心させようという気持ちになりやすくなります。

どうしても浮気の事実を知りたい場合は第3者に相談を

どうしても浮気の事実を知りたい場合は浮気調査業者などの第3者に相談をしてみるのもひとつの方法です。浮気の調査は専門的な知識と技術が必要となるため、確実な浮気調査は探偵に相談するのがおすすめです。専門家に任せることで短時間で解決してもらうことができ、いざというときも役に立つ証拠を残してくれます。

知識が無いのに自分で浮気の事実を掴もうと不審な動きをすることはやめましょう。相手に察知されてしまうと浮気の事実を隠されてしまったり、実際に浮気をしていなかった場合は信用を失ってしまったりする可能性があるのでとても危険です。

専門家へ調査を依頼するとお金がかかりますので、まずは信頼できる探偵事務所を探すために無料相談などに行ってみることをおすすめします。

浮気の基準を決めるのは話し合いが大切

人それぞれ性格も違えば考え方も違います。特に男女となれば同じ人間であっても考え方も大きく違うこともいた仕方ありません。とはいえ、どうしたら互いに浮気を疑ったり不安な気持ちになったりせずに安心して暮らせるかを考えることはとても大切です。

男女間だけでなく人間社会においても自分の考えばかりを一方的に正当化したり押しつけたりすることなく、相手の気持ちを考えて行動することは円滑なコミュニケーションをとっていく上では重要です。

それでもどうしてもパートナーが浮気をしてるんじゃないかと不安な気持ちが強い時は浮気調査をするのも一つの選択肢として持っておくと良いです。白だという事がわかり気持ちが楽になったという例も実際に多くあります。