どうやって接するべき?浮気発覚後の妻の態度の変化と対処法まとめ

浮気をしていた妻の態度が気になる

浮気をしたのは妻の方なのに、反省しているようなそぶりが見えなかったり、自分は悪くないとでも言うような態度を示されたりと、これからの生活に不安になってしまうと思います。

男性の浮気は突発的なものであったり、一過性なものが多いと言われている一方で、女性の浮気には浮気に至るまでのはっきりとした理由や原因がある場合が多いようです。

この記事では、浮気発覚後の妻の態度の中で代表的なものを挙げ、それを踏まえて夫婦関係を再構築するためにはどうすればよいのかを記載していきます。

浮気発覚後の妻の態度3パターン

浮気発覚後の妻の態度については、そのほとんどが、浮気自体を責められることを拒むものであると言えます。これは「自分が浮気をしたのは夫にも原因がある」と、浮気をした多くの妻が考えているからだと言えます。

まずは、浮気発覚後の妻の態度の中で代表的な3つのパターンを記載します。

浮気したことを絶対に認めず隠し通そうとする

夫がいくら問い詰めたとしても、浮気の事実を認めず、隠し通そうとする妻は多いようです。浮気を認めることは、夫を悲しませることであり、罪である自覚があるからこそだと言えます。

もし有力な証拠を掴んでいるのなら、それを提示して素直に認めさせ、話し合いを前に進めることが大切です。

中には証拠もあるのに決して認めない人もいるようです。自分がしてしまったことから目を背け、夫との話し合いから逃れようとしている場合が多いと言えます。押し問答をくり返すようなら、別の切り口から話し合いを進めることが必要になるでしょう。

浮気をしていた時の事を深く話そうとしない

浮気の事実は認めたとしても、その内容は深く話そうとしないパターンも多く見られます。

また、浮気していた時の話の内容がコロコロと変わったり、話に一貫性がない場合もあります。浮気中の自分の感情については、どうしてそうなったのか分からないと言い、話がうやむやになってしまうこともあります。

そのような場合は、妻が何かしらの嘘をついていたり、何かを隠そうとしている可能性が高いと言えます。自分の立場や家族関係に波風を立てたくないという思いから、嘘をついてでも、その場をなんとか穏便に済ませようとする心理が働く人が多いようです。

特に身体の関係については、浮気の決定打であることを自覚しているので、最後まで隠し通そうとする傾向があるようです。

突然離婚話を切り出してくる

浮気を認めたにしろ認めていないにしろ、関係を修復する事になってから、突然離婚話を切り出してくるパターンも多く見られます。

浮気発覚後は、自分を責めていたり、夫からの視線を耐え難く感じたりと、精神的に不安定になっているため、一時的な感情で離婚を口にしてしまう妻も多いようです。

その際は、夫の方も感情的に応戦したりはせず、妻を一度落ち着かせ、時間をおいて考え直してもらうようにしたほうが良いです。

浮気発覚後に上手に妻に接するポイント

妻との関係を修復したいと考えている場合、浮気発覚後の妻への態度には慎重になる必要があります。裏切られて傷ついているのは自分だからといって、妻を責めるばかりでは逆効果となってしまうでしょう。ここでは、浮気発覚後に上手に妻に接するポイントを記載していきます。

浮気発覚後、妻に接するときのポイント

  • 浮気を責めずに自分の感情を素直に伝える
  • お互いに冷静になる時間を作り感情的になるのを避ける
  • 二人で過ごす時間をしっかりと作る

浮気を責めずに自分の感情を素直に伝える

まずは浮気を責めるのではなく、自分の感情を言葉で伝えることが大切です。

妻が浮気をしていたという怒りからつい手を挙げてしまうという事もありますが、それでは関係の修復どころか、関係を断ち切る方向へと向かってしまいます。暴力は今後の関係維持が難しくなるので、絶対に振るわないようにしましょう。

また、無理に明るく接しようとしたり、悲しく苦しい自分の気持ちを我慢しすぎてしまうと、後々その我慢が爆発してしまう可能性があります。自分の気持ちを押し殺すのではなく、自分自身のためにも素直に言葉で伝えることが必要です。

お互いに冷静になる時間を作り感情的になるのを避ける

妻の浮気が発覚した後は、パニックに陥り感情的になってしまう男性も多いようです。それは仕方の無いことですが、まずは一人で冷静になる時間を作ることをおすすめします。感情的なまま妻と向き合うと、自分でも望んでいなかった行動をとってしまったり、話し合いにならない可能性が高いからです。

一人で冷静になる時間をつくり、妻と落ち着いて話し合いが出来る準備をすることが大切です。妻に伝えたいことを、一つずつ紙に書き出してみるのも良いでしょう。何からどう伝えるといいのか、自分の中で整理が出来るはずです。

そして、妻にも同じように一人で冷静になる時間を作ってもらい、話し合いの準備をしてもらうように促すのが良いでしょう。お互いに感情的にならず、冷静に話し合える状況を作ることが大切です。

二人で過ごす時間をしっかりと作る

お互いの気持ちが整理出来て冷静になることが出来たら、二人で過ごす時間をしっかりと作るようにしましょう。

一番重要なことは、妻がなぜ浮気をしてしまったのかを理解することです。女性の浮気は寂しさが招くものであることが多いので、一方的に妻が悪いと決めつけず、浮気に至るまでのお互いの関係に原因があると考えて、ゆっくりと妻の話を聞きましょう。

今後の再発防止のためにも妻を責めず、自分の非は認めて、許し、信じるという姿勢で妻と向き合うことが大切です。浮気のような間違いが起こった場合、それを受け止め、自分の器を広げるつもりでいなければ、前には進めないからです。

自宅での話し合いだとヒートアップしてしまいそうな場合は、雰囲気の良いレストランなど、場所を設定することもおすすめです。第3者がいるところの方が冷静に話せる場合もあり、そういった環境が二人の話し合いの手助けをしてくれることもあります。

妻の浮気発覚後に夫婦関係を再構築する方法

浮気発覚後、夫婦関係を再構築するためには、お互いが自分自身を見直し、歩み寄る必要があります。離婚を口にすることは簡単ですが、それを望まないのであれば、夫の方からアクションを起こすことが有効になってくるでしょう。

夫婦関係を再構築するためのポイント

  • 浮気をされても愛情が変わらないという事を伝える
  • しっかりと子供の事を考える
  • 自分から妻に歩み寄る

浮気をされても愛情が変わらないという事を伝える

冷静な話し合いにおいて、浮気をされても妻に対しての愛情は変わらないということを伝える必要があります。悪いことをしたということは、妻は言われなくとも充分に理解しているはずです。浮気をさせてしまった自分も悪かったという姿勢で、妻の言い分に理解を示すべきでしょう。

もし夫が理解を示さない場合、妻は離れる選択を取る場合が多いようです。夫自身も、全く理解できない上に愛情も冷めてしまったと思うのであれば、夫婦関係の修復は難しいと判断する方がお互いのためには賢明だと言えます。

しっかりと子供の事を考える

夫婦間に子どもがいる場合、例え許すことが出来なくても、子どものために離婚しないという決断をする夫婦もいるようです。子どもが小さいうちは母親が必要だということは、妻も充分に理解しているでしょう。

離婚をせずに夫婦生活を続けていくうちに妻も反省し、一生懸命に良い妻、良い母親になろうと努力してくれたという例もあります。このように、時間をかけることで冷静さを取り戻すことができたり、考えを改めることに繋がる場合もあります。

自分から妻に歩み寄る

浮気が発覚した後、何もなかったように普通に過ごすというのは難しいものです。当たり障りのない会話をしようとして、逆に妙な空気になってしまう場合もあります。

妻の浮気を許して夫婦関係を再構築したいと思うのであれば、自分から妻に歩み寄る必要があります。感情的に責めたり問い詰めたりするのではなく、何でもいいので話しかけたり、食事に誘うのもおすすめです。

夫婦関係の再構築は感情的にならない事がポイント

浮気発覚後、妻との関係を再構築するためには、浮気そのものを責めるのではなく、浮気に至った原因を解明し、それを改善することが必要です。

浮気をされて悲しく苦しい気持ちは溢れてきますが、その感情をそのまま妻にぶつけてしまうのでは、今後の関係は上手くいかなくなってしまうでしょう。

気持ちを落ち着かせて、冷静に、お互いに歩み寄る姿勢で話し合うことをおすすめします。