妻の浮気

妻の浮気が発覚した後に夫婦関係を再構築する考え方や行動

浮気した妻との夫婦関係は再構築できる

妻の浮気が確定してしまうと、心に大きなダメージを受け怒りや許せない気持ちで離婚を選択したくなります。しかしそんな感情の乱れを乗り越え、夫婦関係の再構築に成功している人はいます。

愛情がまだ残っているや子どものためなど、再構築を考える理由は様々ですが、成功している人がとっている行動には、共通したものがあります。どんな行動が必要なのかや、NGな行動まで紹介しますので、夫婦関係の再構築の参考にしてみてください。

目次

1.再構築を諦め離婚する3つのデメリット

2.夫婦関係の再構築に必要な5つの行動

3.夫婦関係の再構築の障害になる3つの行動

4.妻の浮気を許してやり直した人の体験談

5.夫婦関係の再構築中によくある疑問や問題

6.時間をかけて少しずつ夫婦関係の再構築をしよう

再構築を諦め離婚する3つのデメリット

妻の浮気が確定しても、感情に任せて離婚を決断してしまうと、残りの人生にデメリットが重くのしかかってしまいます。夫婦関係の再構築の選択肢を捨てないため、デメリットを知っておきましょう。

妻に原因がある離婚でも出費がある

離婚の原因に関係なく、夫婦の共有財産は財産形成の貢献度によって分けられてしまいます。基本は話し合いで決まり半分ずつになることが多いです。共働きをしていて年収に差がある場合でも、貢献度には差がつかないため、共有財産を分ける割合は変わらないです・

もし離婚をして元妻が収入なしで生活に困るようなら、生計を補助するために仕送りが必要になったりします。経済的に自立するまで定期的に仕送りを求められるので、自分の生活に余裕はなくなります。

子どもの将来に悪影響が出る

片親が居なくなることによる心の傷が残ったり、周囲に好奇の目で見られたりする可能性があります。親権を獲得して幼い子どもを育てていくなら、育児が枷となり選択できる職業が狭まり、貧しい思いをさせてしまうこともあります。

親権を妻に摂られた場合は、元妻の再婚などで気軽に子どもに会うことが困難になりやすいです。子どもが父親に捨てられたと思っていたら、誤解をとく機会さえ逃してしまいます。

生活の忙しさと悪い評判で再婚が遠のく

離婚することにより、これまで分担していた家事を全て自分で行わなければなりません。仕事の負担は変わらないから、自由になれる時間や体力が減少して、新しい出会いを求めるより疲れの回復を優先してしまいます。

また自分に非がない離婚でも、周囲は詳しい事情を知らないから、悪い評判が立って、新しい出会いを邪魔してしまいます。ムキになって評判を訂正しようとすると、余計カッコ悪く見られたりするので、再婚から遠のきます。

夫婦関係の再構築に必要な5つの行動

妻の浮気を知ったときのショックはとても大きく辛いことだったと思いますが、妻と離婚をしない場合は夫婦関係を再構築することになります。ここでは浮気した妻との夫婦関係を再構築するときに必要な行動にについて解説します。

妻に浮気を認めさせて反省を促す

妻の浮気に気がついたときから、怒りや不安などの気持ちが高まっていくかもしれませんが、妻が浮気していたという言い逃れできない決定的な証拠を掴むまではできるだけ冷静になることが大切です。

証拠が取れていないときに妻に問い詰めたりすると、妻は浮気を疑われたということで逆上したり、証拠を隠滅してしまうかもしれません。妻と話し合うタイミングは、まず決定的な証拠を掴んでからです。その後、浮気を認めさせて謝罪と反省を促していきます

証拠集めに関しては時間と労力がかかり注意点もあります。素人考えでスマホを覗き見たり、アプリなどをコッソリ入れて位置情報などを得ようとしたりすることは、法律に触れる可能性があります。探知事務所などに依頼した方が、言い逃れのできない証拠を安全に得ることができます。

浮気相手との関係を清算させ再発を防ぐ

妻が浮気を認めたら浮気相手との関係を清算させ、浮気再発を防ぐような対策をとらなければなりません。SNSなどで連絡できないようにしたり、二度と会わないように約束させたりしましょう。細かいルールはお互いに話し合って妥協点を探します。

浮気した妻に対する戒めと再構築への保険として、誓約書などを書かせて残しておくのも一つの方法です。口約束だけでは後から認識の違いがあったり、再度浮気をして約束破りがあったりしたときに、有利な立場を確保できません。

話し合い不満や浮気の原因を解消する

妻の浮気の事実が消えることはありませんが、夫婦としてより良い関係を再構築していくためには、妻が浮気をした原因を知ることが大切です。慣れによる感謝の気持ちの薄れ、仕事の忙しさを理由にしたコミュニケーション不足やセックスレスなどが続けば、妻の気持ちは夫から離れやすいです。

妻の気持ちに寄り添いながら、自分の行動においても改善点がないかを見直しましょう。いきなり全ての行動を変えるのは難しいので、ちょっとしたことでも「ありがとう」と伝えるなど、できることから始めるといいでしょう。

また、あなたが浮気をされて辛かった気持ちを妻にありのままに伝えれば、気持ちの共感とあなた自身が辛い思いを溜めないようにする事ができます。しっかり話し合いお互いの気持ちに寄り添うことを心がけましょう

心の傷は簡単に癒えないので頑張り過ぎない

深く傷ついた心は簡単に癒えることはありません。頑張り過ぎて辛くならないよう、ゆっくり時間をかけることが大切です。心の傷が癒えずに体調が悪くなったりした場合などには、専門家のカウンセリングを受けるのも一つの方法です。

妻が浮気をしたという事実によって、悲しい思い出や過去の幸せだった頃の記憶などの複雑な思いが交錯して、再構築するのは離婚するより精神的に辛い日々が続くかもしれません。

夫婦関係は二人の問題なので、どちらか一方だけが頑張っても改善することはとても難しいです。頑張りすぎないで再構築には時間がかかることを覚悟して、新しい関係になれるまで日々を過ごしましょう。

夫婦関係を修復するなら妻の浮気に対して寛容さが必要

妻の浮気に対して心の整理ができても、ある程度は寛容な対応ができなければ夫婦関係が破綻することに繋がる可能性があります。浮気をされた夫と浮気をした妻という事実が互いの心を苦しめ続けるからです。

浮気は決して許されることではありませんが、より良い夫婦関係を再構築しようと二人で決めたのであれば妻の浮気を許すと同じくらいの寛容さを持つことが必要です。

夫婦関係の再構築の障害になる3つの行動

一度崩れた夫婦関係を再構築するのはそう簡単なことではありません。それでも再構築したい場合には乗り越えなければならない壁があります。ここでは夫婦関係の再構築をする際に障害となる3つの行動について解説します。

衝動的に怒りをぶつけて責め立てる

激昂して妻を怒鳴りつけたり暴力をふるったり浮気相手のところに怒鳴り込んで行ったりすることは、夫婦関係の悪化を招くことになり関係修復が難しくなります。

妻を反省させるにはあなたの優しさがとても重要になります。妻は自分が悪いことをしたにも関わらず夫が優しくしてくれることで、自分が犯した過ちについて気が付き反省し始めます。衝動的に怒りをぶつけて責め立てるようなことは決してせずに、あなたは常に冷静になって対処する事が大切です。

いつまでも責め続けや過剰な束縛をする

浮気した妻に対して浮気したことを責め続けたり、束縛をし過ぎたりしてしまうと互いにストレスや不満が溜ってしまい、さらに夫婦関係の修復が難しくなります。妻は自分に非があるからと反論しにくく、夫がマウントをとって意見を言えるからという思いから、状況は悪化しやすいです。

夫婦関係の再構築を決めたのなら、いつまでも妻を責め続けたり過剰な束縛をしたりせず、浮気の話は出さないように努力しましょう。もし自分が逆の立場になったらどう思うのかを想像したら、行動を改めやすいです。

妻の浮気から目を背け放置する

妻に浮気されたショックはとても大きく、現実逃避したくなるかもしれませんが妻の浮気の事実から目を背け放置すると、妻の気持ちを取り戻せなくなってしまう可能性があります。

特に女性の浮気は単なる浮気ではなく、相手対して気持ちが大きく入り込んでしまうこともよくあります。夫が自分に興味や関心がなくなったと感じさせてしまうことはとても危険です。夫婦関係の再構築を決めたなら、浮気された事実を受け止めたうえで、妻と向き合うことが前提となります。

妻の浮気を許してやり直した人の体験談

妻の浮気が発覚して苦しんだ経験がある人はこの世の中にたくさんいます。ここでは同じような経験をした人たちがどのように乗り越えたのかを解説します。

20代・Kさんの場合
それでも愛しているという気持ちを伝えた
自分が妻を愛していることを素直に伝え、浮気した理由を洗いざらい話してもらいました。妻の言い分を聞くと自分にも反省する点が見つかり理解することができ、やり直す事ができました。

30代・Tさんの場合
子供の為に離婚はしないことを話し合った
夫婦で話し合った結果、子供が小さいうちは離婚しない方がいいという結論に達し、妻の浮気を許す形になりました。妻が罪を償うために一生懸命良い妻、良い母親になろうと努力し頑張っている姿を見ていると、すぐには許せなくても前向きに夫婦関係を修復しようと思えるようになってきました。

30代・Aさんの場合
カウンセリングを受けお互いの理解を深めて再構築できた
浮気されたことで体調を崩してしまい、夫婦でカウンセリングを受けに行きました。カウンセリングを受けたことでお互いの不満などを知ることができ、妻の気持ちを考えて行動するようになれました。体調も良くなり、夫婦の将来について考えることができました。

40代・Sさんの場合
浮気の問題点をわかってもらうのに苦労
妻があまり隠そうともせず浮気をしていたので、すぐに発覚し謝っては来たけれど、反省している様子は当初なかったです。離婚も視野に入れて妻の両親も巻き込み話し合うと、やっと浮気の問題点を理解し、真剣に夫婦関係の再構築に挑めるようになりました。 

40代・Yさんの場合
緩いルール作りで心の負担を減らす
妻が浮気してすぐは怒りが勝っていたので、再発防止のため厳しいルールを作って妻の行動を制限していました。しかし数カ月たつ頃には、ルールを破ることに妻は怯え、自分自身は制限しすぎていることに罪悪感を覚えるようになりました。改めて妻と話し合い緩いルールを作ることで、心に負担を感じることなく、夫婦関係を続けられるようになりました。 

妻に浮気をされた体験談は妻の浮気が許せない人の体験談と今後の対処法を紹介でも詳しく紹介しています。

夫婦関係の再構築中によくある疑問や問題

いくら再構築のために必要な行動をとっていても、浮気をしていた妻がすぐに変わってくれるとは断言できません。ここでは。新しい夫婦関係が落ち着くまでに、どんな問題が起きるのかを紹介します。

夫婦を続ける場合でも慰謝料をとる?

浮気が発覚し再発を防ぐために誓約書を書かせても、具体的な罰則がなければ、人は同じ過ちを繰り返してしまいます。そこで初回の浮気は罰則なしで許しても、2回目以降の浮気には慰謝料請求を盛り込んでおくと、妻にも浮気相手にも抑止力となってくれます。

慰謝料は夫婦関係を再構築するなら、50~100万円が相場です。精神的苦痛を考慮すると安く感じるかもしれませんが、これだけで浮気のリスクを減らせるのなら儲けものです。

妻がまた浮気をしていないか確認したい

一度浮気をされてしまうと、許したつもりでもまた浮気されるのではないかと疑心暗鬼になってしまいます。しかし浮気を自分で調べようとすることは、折角再構築している夫婦関係を壊してしまうリスクがあります。

そんな時には探偵事務所に浮気調査を依頼してみましょう。妻に調べていることがバレにくく、浮気をしているなら決定的な証拠をつかむこともできます。いきなり依頼をせず無料相談を利用するだけでも、疑う心を落ち着かせることができるでしょう。

妻の浮気調査を依頼したい人は探偵の浮気調査にかかる費用 依頼時の不安や疑問を解決!を参考にしてください。

時間をかけて少しずつ夫婦関係の再構築をしよう

男性と違い女性が浮気をするときは浮気相手に感情移入してしまっている場合も多いですが、永遠の愛を誓った夫との生活に、戻れるものなら戻りたいと望む妻の気持ちが全くないということはないはずです。

しかし、一度崩れてしまった夫婦関係を再構築することは簡単なことではなく、ストレスや忍耐の日々がしばらく続くことも覚悟しなければなりません。それでも再構築を決めたのであれば夫婦それぞれが自分を見つめなおし、二人の共同作業として時間をかけて少しずつ前進することが大切です。

都道府県から探す

北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事