妻の浮気

浮気をすると因果応報で悲惨な末路?代償を避けるため踏みとどまろう

浮気の因果応報で後悔の人生

浮気をしてしまう人は、後先を考えずに行動を起こしてしまう傾向があります。浮気がバレてしまった時に因果応報を受け、人生が大きく変わってしまってから後悔をしては遅いのです。

この記事では、浮気をしてしまったことによって、支払わなくてはならない10の”代償”や対処法にについて解説していきます。

目次
1.浮気の基準は人によって違うから注意

2.浮気の因果応報で後悔する10の例

3.因果応報を受けないための浮気の対処法

4.因果応報があるので浮気は止めておこう

浮気の基準は人によって違うから注意

浮気といっても、どこからを浮気と判断するかの基準は人によって異なります。自分は浮気だと思っていないことでも、パートナーには浮気だと思われてしまうこともあるかもしれません。まずは浮気の基準について考えてみましょう。

まず、肉体関係があればアウトと判断する人がほとんどでしょう。法律上でも、配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つと「貞操義務違反」となります。

異性と二人きりで会う場合には、事前に知らせておけばOKと考える人も多いようですが、浮気のラインは人によって異なるので、パートナーがどのように考えているのか把握しておきたいところです。

特に男性に多いのですが、バレなければOKという考えで行動を起こすことは危険です。バレてしまったときの代償は大きいため、今後もパートナーと良い関係を築いていきたいのであれば、怪しまれる行動は極力避けたほうが無難です。

浮気の因果応報で後悔する10の例

浮気をすることで、のちに支払わなくてはならない代償のことを考えたことはあるでしょうか。パートナーとうまくやりながら外で浮気を楽しみたいと考えていても、結局美味しいどころ取りはできません。浮気をしてバレてしまったら、それ相応の代償を支払わなくてはならないことを肝に銘じておきましょう。

ここでは、因果応報とも言える、浮気をしたことが原因で被る可能性のある不利益の例を10個ご紹介します。浮気をしてしまったことが原因で人生が大きく狂うこともあります。そのときになって後悔しないよう、よく考えることをおすすめします。

パートナーと離婚をしてしまう

結婚している場合、浮気が原因で起こる”因果応報”といえば、離婚が一番多いのでないでしょうか。

自分は離婚する気がなく一時的な火遊びのつもりだったとしても、裏切られた側のパートナーはとても傷ついています。夫婦として支えあって生きていくためには、互いに信頼していることが重要です。一度の浮気であってもパートナーからの信頼を失い、愛想をつかされて、離婚となるケースも多々あります。

愛想をつかされて離婚が避けられなくなってから、パートナーが1番大切な人だったと気づいても、もう遅いのです。

慰謝料を請求されて生活が厳しくなる

浮気をしたことにより、のちに慰謝料を請求されてしまうことも考えておかなくてはなりません。離婚の際の慰謝料は個別のケースによりますが、10~300万円程度請求されることがあります。

また、浮気相手側にも家庭があった場合、浮気相手のパートナーからも慰謝料を請求される場合があるので注意が必要です。

子どもと会えなくなり成長を見守れない

離婚となってしまった場合、パートナーだけではなく子供とも離れ離れになってしまうことを考える必要があります。

浮気が原因で離婚をする場合、親権はパートナー側に行きやすいため、子供と一緒に暮らせなくなる可能性が高いです。通常の離婚であれば親権が獲得しやすい女性側であっても、自分が浮気をした場合には親権を得られないこともあります。

子どもに会うことすら制限され成長を見守れなくなることは、愛情が深ければ深いほどとても辛いものです。そして、大切な子供を傷つけ、子供の人生を大きく変えてしまうことにもなります。そのような未来と引き換えに浮気をする価値があるのかどうかを考えてみる必要があります。

パートナーに浮気をされてしまう

浮気を反省をし、離婚をせずに夫婦関係を修復することになるケースもあります。しかし、離婚にならなかったからといって安心はできません。あなたの浮気に対する報復として、パートナーに浮気をされてしまうということもよくあるケースです。

このような場合、浮気を止めさせたくても自身が浮気をした経緯があるため、強く止めることはできません。まさに、自分がしたことが返ってくる”因果応報”となってしまいます。

浮気相手からも見限られ独り身

浮気相手に、自分にパートナーがいることを隠していた場合、双方にバレてしまうことでどちらからも愛想をつかされることがあります。

最悪の場合、パートナーからは離婚を言い渡され、浮気相手とも別れることになってしまうこともあります。特にあなたが男性の場合、女性は見切りをつけるのが早いため、このようなことが起こりがちです。

決して、双方に良い顔をして身勝手に美味しい思いをしようとしないことです。

職場での浮気で会社からの信用がなくなる

浮気が発覚することによって壊れるものは、家族や浮気相手との人間関係だけではありません。浮気のような悪い話は、すぐに職場に広まってしまうことがあります。

周囲のあなたを見る目が冷たくなり、これまで積み上げてきた仕事での信頼までをも失うことにもなりかねません。一度失った信頼を取り戻すのには、時間がかかります。場合によっては、出世に悪影響を及ぼすリスクも考えておかなければなりません。

今の会社にいられなくなる

浮気相手とは社内で出会うことも多いかもしれません。しかし、同じ部署の人と浮気をしていることが発覚すると、左遷されたり退職を勧告されたりすることがあります。

具体的な人事異動や退職勧告がなくとも、信頼を失ったことで社内にいることが耐えられず、自ら退職してしまうこともよくあるケースです。それほど、社内での浮気はリスクが高い、ということを考えておかなくてはなりません。

悪い噂を流され友人や知人を失う

浮気が発覚したことよっ、てパートナーや浮気相手といざこざが起こった場合、悪い噂を流されることで友人を失ってしまうことがあります。

傷ついたパートナーや浮気相手が、あなたとの共通の知り合いなどに報復として悪い噂を流したり、ことの成り行きを話してしまうことがあります。それにより、あなたから友人や知人が離れていくことがあるのです。

浮気なしの生活ができなくなった

浮気は「してはいけないこと」とわかっているのに、一度はまってしまうと抜けられなくなってしまう人がいます。浮気は刺激が強いため、その刺激を求め、浮気なしの生活ができなくなってしまうこともあるようです。

なんとかパートナーと関係を修復しようとしていても、また浮気に走ってしまい結婚生活が続けられなくなってしまっては人生が大きく狂ってしまいます。

浮気は思っている以上に中毒性があるものだと知り、踏み込まないことが大切です。

浮気の罪悪感に苛まれ続ける

どんなに反省したとしても、浮気をしたという事実は消えません。浮気が発覚してからも結婚生活を続ける場合は、パートナー、子ども、親などからの責められるケースもあり、より罪悪感を感じる場面が多いでしょう。

浮気をしたことによる罪悪感は、一生背負って生きていかなけばならないのです。このように、浮気自体を許してもらって離婚を免れたとしても、苦しむことがあることを忘れてはいけません。

因果応報を受けないための浮気の対処法

浮気をしたしまったことへの、因果応報とも言える様々な代償についてご紹介しました。最後に因果応報を受けないためにできる対処法を2つご提案したいと思います。

浮気の対処法
  • パートナーには誓約書も作って謝罪
  • 浮気をしにくい環境を作る

パートナーには誓約書も作って謝罪

一度でも浮気をしてしまうと、あなたの信用は当然下がってしまいます。今後浮気をしないと誓っても、パートナーは口約束だけでは信用してくれないでしょう。

パートナーに許しを請うため、誓約書を作成するという方法があります。誓約書には、もし再度浮気をしてしまったらどうするのか、関係修復のためにどんな努力をするのかなどを記載します。

こうして書面で残しておくことによって、パートナーの信頼を少しでも取り戻すことができるかもしれません。さらには、今後もし浮気のチャンスがあっても、誓約書の存在によって、自分自身を踏みとどまらせることができます

浮気をしにくい環境を作る

浮気を防ぐ方法の一つとして、仕事や趣味などに打ち込むということが挙げられます。仕事や趣味が十分に充実している人は、異性との刺激を求めて浮気に時間やお金を費やすことを、非生産的だと考えています。

そのため、仕事や趣味に打ち込み、浮気に費やす時間や費用を捻出できないようにしてしまうことをおすすめします。また、自分はどうすればストレスが発散できるか把握しておき、女遊びで発散をしないようにすることも効果的です。強い意志を持って、生活を整え、浮気をしにくい環境を作ることが大切です。

因果応報があるので浮気は止めておこう

「悪いことをすると自分に返ってくる」とよく言われています。浮気をしてしまうことで、のちに支払わなくてはならない代償はとても大きいものです。

自分が罪悪感を持って生きなくてはいけないだけではなく、場合によってはパートナーや子供を失い、仕事上の信用を失うことにもつながります。

ご紹介したように浮気は失うものが多い上に、さらには非生産的です。自分の未来のためにも、仕事や趣味、家族への時間など、本当に大切なものにエネルギーをを注ぐようにしてみてはいかがでしょうか。

都道府県から探す

北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事