浮気調査の基礎知識

どこからが不貞行為?その基準と浮気の証拠をつかむ方法を徹底解説

どこから不貞行為になるのか知りたい

夫の浮気現場を目撃してしまい、現在慰謝料請求や離婚を考えているという人もいるでしょう。

しかし、「不貞行為」の基準が、どこからか分からず戸惑っている人もいるはずです。

法律用語である「不貞行為」は、一般に使われる浮気や不倫という言葉と、ほぼ同義語といって構いません。浮気や不倫の境界線は人によって違いますが、法律の世界は「不貞行為」の基準が、はっきりと決まっています。

ここでは、不貞行為の基準とその具体例はもちろん、不貞行為を立証するための証拠の集め方や慰謝料の相場など、裁判で有利な立場になるための情報を紹介します。

目次

1.不貞行為になる基準とその具体例

2.不貞行為を立証して離婚するために必要な証拠

3.確実な証拠を掴むためには探偵事務所に依頼がおすすめ

4.不倫が離婚の原因となった場合の慰謝料について

5.不貞行為を発見した場合は早めに対処

不貞行為になる基準とその具体例

どこからが浮気や不倫?という質問に、連絡を取り合ったらアウトと答える人がいる一方で、キスは冗談でもできると考える人もいます。このように、浮気の境界線は人それぞれです。

しかし、法律の世界では、不貞行為の明確な基準が定められています。

肉体関係が無い場合は不貞行為にならない

「不貞行為」とは、配偶者以外の異性と、自由意志に基づいて「肉体関係」をもつことをいいます。そのため、場合によっては身体的な関係よりダメージが大きいプラトニックな関係であっても、不貞行為とは認められません。

あくまで性交渉の有無が争点となるため、たとえ手をつないで歩いていたり、キスをしていたとしても、不貞行為とは判断されないのが一般的です。これだけでも十分、不貞行為を疑わせる行為に思えますが、第三者が判断する裁判の証拠としては不十分といえます。

一定時間以上ラブホテルに滞在した場合は不貞行為が認められる

不倫相手と一定時間以上ラブホテルに滞在した場合、実際に肉体関係が無かったとしても、不貞行為とみなされるのが一般的です。これは、ラブホテルが「性交渉が行われる場所」として、一般に認知されているためです。

2人きりでラブホテルを利用すれば、深い間柄にあると推認できる、十分な状況と判断されますが、入室時間がほんの数分程度という短時間の場合は、不貞行為と認定されないケースもあります。

風俗に通っている場合も不貞行為として認められる

風俗通いも、不貞行為として認められています。複数回にわたり風俗に通っている場合、たとえ、風俗嬢と個人的なやり取りがなくても、不貞行為として認定されるのです

1度きりの利用でも不貞行為に当たりますが、実際には、1回のみの利用で離婚が認められたケースはほとんどありません。

しかし、複数回にわたる継続的な風俗通いが原因で、妻が精神的な苦痛を負い、これ以上結婚生活を継続できないと裁判で判断されれば、慰謝料や離婚請求が可能です。

1度きりの不貞行為は離婚理由として却下される場合がある

裁判の場では、1度きりの不貞行為は、離婚事由として認められない場合があります。「相手にしつこく誘われてつい」という場合でも、不貞行為と判断されます。

しかし、過去の裁判例では、1度きりの不貞行為を理由に離婚が認められるケースは少ないのが実情です。

ただし、その1度の不貞行為が深刻なもので、婚姻関係の継続が困難と認められた場合は、離婚が成立するケースもあります。裁判で有利な立場になるためには、不貞行為が継続的に行われていることを証明するのがポイントです。

長期間別居が続いていると不貞行為にならない場合がある

配偶者と長期間、別居していて交流がない場合、不貞行為とみなされない場合があります。別居期間が長いと婚姻関係が破綻していると評価されて、お互いの貞操義務もないものと判断されてしまうのです。そのため、長期間の別居中に慰謝料請求しても認められない可能性があります。

ただし、配偶者が一方的に家を出て片方がそれを認めていない場合、必ずしも婚姻関係が破綻しているとはいえないため、慰謝料を請求することは可能です。

不貞行為が認められるケース 不貞行為が認められないケース
一定時間以上ラブホテルに滞在した場合は不貞行為が認められる 肉体関係が無い場合は不貞行為にならない
風俗に通っている場合も不貞行為として認められる 長期間別居が続いていると不貞行為にならない場合がある

不貞行為を立証して離婚するために必要な証拠

不貞行為を立証するには、客観的に見て肉体関係があったと判断できる証拠が必要です。裁判で有利な立場になるには、具体的にどのような証拠を集めればよいのでしょうか。

また、収集した証拠の中には、一歩間違えると不貞行為の証拠としては不十分な場合もあるので注意が必要です。

不貞行為があった事が確認できるメールのやり取り

不貞行為があったと推認できる「メール」などのやり取りも、裁判の証拠として採用可能です。その内容が、不倫相手と肉体関係があることを想像させるものであれば、不貞行為の証拠として有効に働くでしょう。

ただし、「愛している」という文言であっても、裁判の場では「冗談のつもりだった」と、配偶者が言い逃れをするケースも少なくありません。その場合、不貞行為と認定されない場合もあります。

また、裁判で主導権を握るには、関係が継続的であるとわかる複数の証拠を用意する必要があります。

不貞行為を推認する事ができる写真、ビデオ映像

不貞行為を推認することができる、浮気の決定的な写真や映像は、裁判で有力な情報になります。特にラブホテルに出入りする写真や映像は、裁判で不貞行為を立証する、有効な材料として多く採用されています。

ただし、デジカメで撮った写真は画像修正が可能なため、場合によっては証拠にならない場合もあるので注意が必要です。

しかし、写真の枚数が多く、年月日と時刻が明確で連続性がある場合は、不貞行為の証拠として扱われることもあります。

クレジットの明細や公共交通機関の利用履歴も証拠になる

「クレジットの明細」や「交通機関の利用履歴」も、不貞行為の証拠として認められる場合があります。ホテルや旅館に宿泊したことが分かるクレジットの明細や、コンビニやレストランなど、宿泊先や浮気相手の自宅付近で使われたとみられるレシートなども有効です。

これらは不貞行為があったと推測できる写真や映像などと併せて提示することで、有力な情報となりえます。ポイントは、1度きりの利用ではなく繰り返し使われていて、2人の関係が継続的であると判断できる証拠を集めることです。

第三者による目撃情報などの証言

友人や同僚など、当事者以外の、第三者による目撃情報などの証言も、不貞行為の証拠となり得ます。ただし、示し合わせて証言するケースも皆無ではありません。

そのため、中立的な立場で証言できているか、事実と整合性が取れているか、どういう経緯で証言することになったのかなど、証言の内容に不自然さがないことが条件です。やはり、不貞行為があったと判断できる写真や映像など、物的証拠と併せて提示することで説得力が高まります。

確実な証拠を掴むためには探偵事務所に依頼がおすすめ

不貞行為の確実な証拠を掴むには、探偵事務所に依頼するのが一般的です。しかし「調査の流れが分からなくて不安」「浮気調査にはいくらかかるの?」など、利用したことのない人にとっては戸惑いもあるでしょう。調査料を低く抑えたり、自身の目的に合った探偵社を選択するにはどうしたらよいのでしょうか。

探偵事務所へ依頼した場合の浮気調査の流れ

多くの探偵社は初回の無料相談で現状のヒアリングが行われ、調査料金を概算で見積もることも可能です。この時点で、浮気していない可能性が高いと判断されるケースもあります。

続いて、予算や調査内容・期間を考慮した、詳しい見積金額が提示されます。その内容に合意すれば契約書を交わし、浮気調査が開始されます。綿密な調査の上、尾行や張り込み等を行い、不貞行為の決定的な証拠を確保します。

調査が終了すると、撮影された証拠写真や映像が添えられた調査報告書が交付され、必要に応じ、夫婦カウンセラーや弁護士など、専門家によるアフターフォローを受けることもできます。

浮気調査費用の相場は35万~65万

探偵事務所に浮気調査を依頼した場合、調査に必要な費用の相場は、35万~65万円程度で、調査にかかる時間や人数、料金システムによって上下します。

料金システムは、主に「成功報酬プラン」「時間料金制」「パックプラン」の3タイプがあり、自分の目的に合ったプランを選択することで、費用を安く抑えることが可能です。探偵事務所を利用する際は、数社を回って見積もりを取り、比較検討するのがおすすめです。

また、ホームページに料金システムが記載されていなかったり、相場より格安、もしくは法外な値段が記載されている場合は、悪徳業者の可能性もあるので注意しましょう。

成功報酬プラン 時間料金制 パックプラン
料金相場 35万~60万 20万~60万 30万~100万
内容 着手金(前払)+成功報酬(後払) 1時間の調査費×調査員人数×調査時間 1時間の調査費×調査員人数×調査時間
向いている人 調査が失敗した時に費用を支払いたくない人 浮気の証拠をある程度掴んでいる人 情報が少なく、調査期間が長引きそうな人

探偵事務所では裁判で有力になる決定的な証拠を得られる

探偵事務所に依頼すると、裁判で効力を発揮する「決定的な証拠」を得ることができます。ターゲットの2人がホテルや相手の自宅に出入りする瞬間の写真や映像など、裁判で有利な証拠を入手できるのが最大のメリットです。

調査報告書は、対象者と浮気相手の行動を、細かく時系列で追った不貞行為の証拠資料です。利用した交通機関や飲食店、ホテル名なども、住所や時間と併せて細かく記載されるのが特徴です。

不貞行為の証拠の中でも、裁判で最も有効なのは、証拠の写真や映像とセットになった、この調査報告書といってよいでしょう。

おすすめ探偵社3選

おすすめの探偵社3社について、気になる1時間あたりの費用や調査内容、基本情報、おすすめポイントをまとめました。

原一探偵事務所

原一探偵事務所は、本社の川越を含む全国主要都市18ヶ所に(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・札幌・仙台・大阪・岡山・広島・松山・福岡、他)拠点があります。

TV番組からの依頼案件も多数解決し、言い逃れのできないような決定的な報告書を作成してくれます。

原一探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 4,0000円~パック
調査内容 浮気調査、人探し、嫌がらせ調査、盗聴器発見、ストーカー対策、企業調査、子供に関する調査、結婚調査
最寄り駅 東武東上線 霞ヶ関駅
住所 埼玉県川越市上寺山2-1
電話番号 0120-876-501

 

あい探偵事務所

あい探偵事務所は全国75拠点の支社と、34カ所もの相談室を設置している浮気専門の探偵事務所です。創業以来80,000件以上の浮気調査を対応しており、顧問弁護士との無料相談など浮気調査で真実を知ったその後の対応について、広く相談できます。

また広告費や経費削減により、1時間当たり2,500円という低価格を実現しつつ、完全後払い制を実現させているのも特徴です。

あい探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 2,500円/1名
調査内容 浮気・行動調査、裁判証拠収集、ストーカー対策、個人信用調査
最寄り駅 相談室、支社によって異なる
住所 本社:東京都港区南青山2-2-8 DFビル6階
そのほか、全国34カ所の相談室あり
電話番号 0120-783-264(フリーダイヤル)

 

株式会社AMUSE

株式会社AMUSEこと総合探偵社AMUSE(アムス)は、東京・新宿に本社を構え、全国8カ所に支社を持つ大手探偵事務所の1つです。探偵専門学校であるAMUSE探偵学校を運営していることもあって、10年以上の経験があるベテラン調査員が多数在籍しています。

依頼者への5つの安心として、相談や見積もり無料、24時間365日相談対応、低水準の調査料金、秘密厳守、アフターフォローの徹底を掲げています。

株式会社AMUSEの詳細
1時間あたりの費用 7,500円/1名
調査内容 浮気調査、素行調査、行方調査、婚前調査、その他法人調査
最寄り駅 新宿三丁目
住所 東京都新宿区新宿2丁目15番26号 第三玉屋ビル9階
そのほか、全国8カ所に支社あり
電話番号 0120-315-447(24時間無料相談フリーダイヤル)

 

不倫が離婚の原因となった場合の慰謝料について

配偶者の不倫が、離婚の原因となった場合、一体どれくらい慰謝料を請求することができるのでしょうか。慰謝料は、いくつかの条件によって加算される場合もあれば、減額される場合もあります。

また、請求はいつでも大丈夫と油断している間に、慰謝料請求権を失うこともあるので注意が必要です。

請求できる慰謝料の相場は200~300万円

不倫が原因で離婚する場合、請求できる慰謝料の相場は、約200~300万円となっています。通常、家庭環境や浮気の程度など、いくつかの条件によって慰謝料の額も前後するのが普通です。

一般的に、「婚姻関係が長く、子供がいる」「本人が反省していない」「当事者たちに資産がある」場合などは、慰謝料額が増える傾向にあります。

逆に、減額されるケースとして「今後も婚姻関係を継続する」「本人が反省している」「当事者たちに資産がない」などが挙げられます。

請求できるのは不貞行為があった事を知った日から3年

慰謝料を請求できるのは、「不貞行為があったことと、不倫相手が誰であるか知った日から3年間(消滅時効)」と、法律で定められています。この3年間の時効が経過してしまうと、慰謝料の請求が難しくなるので注意しましょう。

ちなみに、浮気相手が判明しない間は、時効のカウントダウンは停止したままです。

ただし慰謝料請求権には、消滅時効が存在するため、パートナーの不貞行為を発見したら、なるべく早めに行動をとることが求められます。

不貞行為を発見した場合は早めに対処

不定行為は肉体関係が有るか無いかという、はっきりとした基準があります。そのため、裁判で主導権を握るためには、パートナーと浮気相手が深い間柄であることを証明できる決定的な証拠が必要です。

また、不貞行為は3年間という時効が存在します。後で後悔しないためにも、パートナーの浮気を発見した場合は早めに行動を起こしましょう。

多くの場合、夫の浮気を知った時には平常心ではいられなくなるものです。どうしていいか分からない、誰にも相談できないという場合は、プロである探偵事務所に相談するのがおすすめです。

都道府県から探す

北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事