夫の浮気

風俗に行くのは浮気?男性の風俗通いを辞めさせる方法とは

風俗に行く男性の心理が知りたい

彼氏が友達と風俗に行っていた、私は子育てで忙しいのに旦那は風俗で遊んでいる、など、風俗に関する話はよく耳にします。

男性はよく、風俗だから浮気じゃない、と言いますが、そうは言われてもなかなか許容するのが難しい方も多いのではないでしょうか。

しかし、頭ごなしに風俗通いを責めるのは逆効果。しっかりとお互い話し合った方が効果的です。

落ち着いて話をするためにも、風俗に通う男性がどのような考えを抱いているのかしっかりと把握しておきましょう。

なぜ男性は風俗店に行くのか

男の人はなぜ、パートナーがいるにも関わらず風俗店に行ってしまうのでしょうか。まずはその理由を知っておきましょう。

自慰行為を他人に手伝ってもらっている感覚

合コンや出会い系サイトなどを使用して異性と会う場合、そこには恋愛感情など何らかの感情が絡んでくるでしょう。

しかし、風俗嬢と関係を持つ場合にはそういった感情がありません。男性にとって風俗とは、自慰行為を手伝ってくれる場所という認識でしかないのです。

なので、風俗店に行って風俗嬢と性行為を行うことを浮気だと考えている男性は少なく、あまり大きな問題と捉えていないようです。

周囲のノリに流されてお店に入る

仕事の後に付き合いで職場のみんなとカフェに行ったり、ママ友みんなと集まってランチに行ったりすることはありませんか。

また、誘われた時に自分一人だけ断ったら空気が悪くなりそう、と思ってなかなか辞退できない経験はないでしょうか。

ご飯と風俗では全く違うのですが、男性が風俗に行く心理はまさにこれと似ています。

飲み会の後の二次会でみんなで風俗に行くことになった、上司や先輩に誘われたので付き合いで行った、自分だけ断るとノリが悪いと思われそうなので断りづらい、と行った理由で風俗に足を運ぶ人は少なくないようです。

彼女や妻とのセックスに不満がある

仕事や子育てに忙しくてパートナーが相手をしてくれない、何度誘っても断られてしまう、という時に仕方なく風俗に足を運ぶことがあります。

また、セックスがマンネリ化してきた際に気分転換で風俗に行ってみるという男性もいます。

他に、もともとアブノーマルな性癖を持っている人が風俗に通うことも。

性癖はデリケートな問題なので、パートナーに伝えたら嫌われてしまうのではないかと心配してなかなか打ち明けられない人が多いです。

風俗嬢は仕事なので、アブノーマルな事も嫌な顔せずに受け入れてくれます。そこに安心感を感じる様ようです。

癒しと安らぎを求めて風俗店に行く

仕事で疲れた後、家に帰ると好きな人がいて優しく接してくれて、にこにこしながら愚痴も聞いてくれる。そんな家庭って素敵ですよね。

しかし、お互いに仕事が忙しかったり、子育てなどでバタバタしてしまうとなかなかその様に相手を気遣うのは難しくなってきます。

仕事でヘトヘトになり、更に家でも安らげないと感じると、男性は外に癒しを求める様になります。

風俗に行って仕事の愚痴を聞いてもらったり、ただただ黙って抱きしめてもらったり。行為だけでなく、そういった癒しと安らぎを求めて風俗店に行くこともあるようです。

風俗は浮気になるのか?男女の考え方

男性が風俗に行くことは浮気になるのでしょうか。この問題には様々な意見がありますが、男性と女性ではどの様な認識の差があるのでしょうか。

男性の場合

前項でも触れましたが、風俗ではお金を払ってプロに自慰行為の手伝いをしてもらっているだけで、恋愛感情など無いのだから浮気では無い、と考えている人がほとんどです。

パートナーが嫌がるから風俗に行くのを控えているという男の人でさえ、風俗が浮気だという意見自体に納得している人は少ないのです。

また、多くの風俗では本番行為はありません。深い関係になっていないのにどうして浮気扱いされなければいけないのかといった意見もあります。

女性に風俗は浮気だと責め立てられると嫌な気分になる、過剰反応だと思うと感じる男性が多いという事実を頭に入れておきましょう。

女性の場合

風俗に通うなんて浮気だ、最低だと考えている方には意外かもしれませんが、実は、風俗を浮気だと思っている女性は全体の40%ほどなんです。風俗を許容している人、浮気だと思っている人、それぞれどの様に考えているのでしょうか。

まず、風俗を許容している女性の意見を見ていきましょう。

女性側の意見でも、「プロの女性に相手をしてもらうことは浮気ではない」「自分や家族を一番に考えてくれるなら、円満な生活のためにも風俗を利用して良い」と考えている方が一定数いるようです。特に、性に淡白であまり欲求が無い女性は、男性の性欲についていくことができず風俗での解消を認める傾向があります。

では次に、風俗を浮気だと考えている女性の意見はどうでしょうか。

自分以外の女性と触れ合うことが許せないという方が多いようです。特に女性の場合、性行為は気持ちが伴っていないと行えないと感じている方がほとんどです。

そのため、風俗店で行為を行なっている時は男性も風俗嬢に気持ちを向けているのではないか、気持ちがあるなら浮気ではないか、と考えている女性が多いです。

また、風俗は浮気ではないから認めようと頭では考えていても、身体に触れられることが苦痛になってしまった、ストレスを感じるようになってしまった、と生理的に受け入れることができなくなってしまう場合もあります。

風俗は浮気?法的観点では不貞行為になる

男性、女性お互いの意見をみてきましたが、次に、法律的にはどうなのかを確かめていきましょう。

肉体関係を結んだら法的には不貞行為

法律で不貞行為と見なされるのは、性的関係があった場合です。つまり、合コンや出会い系で出会った女性でも、風俗嬢とであっても、性的関係があればどちらも同じ様に不貞行為として認められます。法律から見れば風俗も浮気と判断されているんですね。

ちなみに、旦那が風俗に通っていた際、旦那に慰謝料を請求することはできますが、風俗嬢は仕事として接客していただけなので慰謝料を請求することはできません。

また、両親の顔合わせや正式な婚約を済ませていないカップルの場合、例え同棲していたとしても慰謝料の請求は難しいでしょう。

但し不貞行為として認められないケースがある

風俗店といっても様々な種類があり、法律でいう性的関係、つまり本番行為を行う店は少ないです。

また、ソープなど本番行為を行う場所であっても、実際に部屋の中で性的関係を結んだかどうかの証明をすることは難しいです。

「風俗店に通ってはいたけど、愚痴を聞いてもらっていただけ、添い寝してもらっただけ」などと言われてしまうと不貞行為が立証できない場合もあります。

もちろん、風俗店、特にソープに通っていたということであれば、限りなく黒に近いという判断をしてもらうことができるでしょう。

しかし、それだけで100%浮気だと証明するのはとても難しいのです。

旦那の風俗通いを辞めさせる方法

法律上の風俗の扱いなどもみてきましたが、離婚だ、慰謝料だという話をするよりも、まずはパートナーと話をすることが大切です。

相手の気持ちを知り、その上であなたの気持ちも伝えて、話し合いで風俗通いが解消されるのが一番円満です。また、パートナーに改めて感謝するだけでも解消される場合がありますよ。

まずは風俗店に行く理由を知る

男性が風俗に行っている理由を聞きださないことには、解決策を考えるのは難しいでしょう。

しかし、どうして風俗店に行ったんだ、風俗に行くなんて最低だ、と責め立てる態度で聞いても本当のことは話してくれないでしょう。

まずは、男性が本音で話せる様に、リラックスさせてあげましょう。「どんな理由であってもしっかり聞くよ」と相手に伝え、安心して相手が話し出せる様に導いてあげましょう。

特に、アブノーマルな性癖が理由の場合、男性側は伝えて嫌われることを恐れています。「嫌いになんてならない、理由を隠される方が不安だ」と言うことをしっかり伝えることが大切です。

理由を聞いた後も、パートナーの意見を否定せず、一度受け入れる様にしましょう。受け入れると行っても完全に相手の言い分を聞くわけではなく、そんな理由があったんだね、と共感してあげるだけでも良いです。

風俗店に行って欲しくない事をハッキリ伝える

男性のほとんどが風俗を浮気と考えていません。なので、女性も同じ様に風俗は浮気と考えていないだろう、と漠然と思っている男性も多いです。

自分の気持ちをわかってもらうためにも、風俗店に行って欲しくないという気持ちを伝える様にしましょう。

自分の気持ちを伝える時にも、風俗は嫌、浮気だ、と声を荒げるのは避けましょう。

「あなたの事が好きなので、風俗で他の女性と触れ合っているのを想像したら傷ついてしまう」「風俗のことは許したいけれど、生理的にどうしても受け入れる事ができない」など、どうして風俗通いをやめて欲しいかといった理由を落ち着いて伝える様にします

具体的にどういった点が嫌なのかを伝える事で、男性もあなたの考えを理解しやすくなるでしょう。

セックスにおけるマンネリを解消するための工夫をする

セックスがマンネリ化すると、男性は刺激を求めやすいです。風俗に行く理由がマンネリやアブノーマルな性癖だった場合、パートナーが希望する願望をできる範囲で受け入れてみてはいかがでしょうか。

また、女性側から要望を出すのも、男性には刺激になるかもしれません。様々な体験を取り入れて、パートナーを飽きさせない様にしましょう。

不平不満を辞めて旦那に感謝する

家に安らぎがない、癒しがないと言われてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。簡単な方法は、パートナーに感謝する事です。

給料が安い、家事をしない、愚痴を聞いてくれない、などと言った不平不満をパートナーにぶつけるのをやめてみましょう

そして、「いつもお仕事お疲れ様」と言った労いの言葉や感謝の言葉を積極的に伝える様にします家ではできるだけ笑顔でいる様にするとさらに効果的です

ただこれだけの事で、風俗に行くのをやめてくれるパターンが結構あります。

ただ不満をためすぎると自分自身がしんどいので、疲れた時には女子会やママ友とのランチなどで愚痴を話してくるといいでしょう。

旦那の風俗通い解消はあなたの努力がカギ

男性が風俗に望むことは様々です。癒しや安らぎであったり、アブノーマルな行為であったり、セックスレスが原因の場合もあります。

風俗に行く理由をうまく聞き出し、パートナーが外に求めるものをあなた自身で与えてあげる事が、風俗通いを辞めさせる一番の近道です。

しかし、どうしても自分自身では受け入れられない様な理由が原因の場合もあるでしょう。そんな時にも否定から入るのではなく、時間をかけてお互い話し合い、落とし所を見つけるのが大切です。

せっかく縁があって一緒にいるパートナーですから、お互い一方的に主張し合うのではなく、円満に解決できる方法を探していきましょう。

都道府県から探す

北海道
東北
関東
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
中国
四国
九州
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事