夫の浮気

【旦那の浮気】を見抜くための揺さぶり方や見抜くポイントを紹介

旦那の浮気は放置してはいけない

妻という立場なら心配になる旦那の浮気。うちの旦那に限って浮気なんか…と思っても、油断してはいけません。

そして、もし旦那が浮気しているなら放置してもいけません。今回は、旦那の浮気を見抜くポイントを詳しく解説していくと共に、浮気を疑う旦那への揺さぶりの仕方などもご紹介します。

旦那の浮気を見抜くポイント

まずは旦那の浮気を見抜くポイントからです。どのように見抜くことができるのでしょうか。

旦那の怪しい行動を見抜くチェックポイント

☑スマホの使い方が変わった

☑おしゃれへの関心が変わった

☑休日出勤や残業が急に多くなった

☑態度が今までと違う

☑車を使っての外出が増えた

スマホの使い方が変わった

もっとも無難な浮気を見抜くポイントは、スマホです。スマホは持ち主の秘密なども隠されていることがあるため、妻でも知らないことがあるはずです。

使い方の変化として、前まではそんなことは無かったのにトイレやお風呂にまで持って歩くようになった場合です。通知が来たりして万一妻に見られたくないからと隠すようにしてしまうのです。

さらに妻から見えないような角度でスマホを触っていたり、妻が触ろうとしたら怒ったり嫌がったり、明らかに以前とは違うような態度なら怪しいと思いましょう

また、スマホにロックかける人は大勢いますが、ロックかけていなかったのにかけるようになっても怪しいですので要注意です。

ちなみにスマホの利用明細書がチェックできれば、通話時間やパケット使用料などからも見抜くことができるので、明細書が届く場合はチェックしてみてください。

急におしゃれへの関心が変わった

これまでおしゃれとは程遠かった人が急におしゃれするようになったら怪しいです。確実ではありませんが、浮気している可能性は高いでしょう。

特に、新しい下着があったりすると要注意です。男性も普段見えない場所をおしゃれにする傾向にあります。

ファッションのおしゃれ以外にも、ヘアスタイルに気を遣ったり香りなど匂いにも気を遣うようであれば浮気を疑ってみましょう。

休日出勤や残業が急に多くなった

旦那がもし浮気していたら、家族との過ごす時間を浮気相手に費やす可能性が高いです。

毎日の仕事からの帰宅時間が遅くなったり、休日出勤だと言って土日に出かけてしまったり、残業が急に増えだしたりとかしたら注意が必要です。

本当に仕事の場合もありますが、急な生活の行動パターンの変化には気を付けておきましょう。本当に仕事かどうかは、給与明細などで残業や労働時間などをチェックしてみてください。

態度が今までと違う

態度が急に変われば、何かあったのではないかと思っておきましょう。

例えば、喧嘩をしていたわけでもないのによそよそしい態度になったり、挙動不審になったり、スケジュールを知りたがったりすれば浮気の可能性も考えておく必要があります。

基本的に男性というのは嘘を付いたり、後ろめたいことがあれば怪しまれるような話題は避けるはず。目を合わせなかったり、口数が減ったり、セックスの回数も急激に減ってしまうこともあります。

なかには、逆に優しくなったり気を遣ってくるような態度をとる男もいます。自分が後ろめたいことをしているからこそ怪しまれないために良い旦那を演じるのです。

車を使っての外出が増えた

車にも浮気を見抜けるチェックポイントがあります。車を使うことが多くなった旦那の浮気を見抜く場合、車のナビをまずチェックしましょう。

自分とは一緒に行っていない場所を検索した形跡があったり、履歴が削除されている形跡があれば怪しみましょう。

その他にはガソリンの残量をチェックします。やたら減ってるようであれば怪しいと思いましょう。

また、助手席の位置も確認してみてください。特に女性が乗る場合は足元を広めにする場合があり、いつもと違う位置ならば自分以外の人が乗ったということになります。

後は音楽再生リストを見逃さないようにしましょう。普段聴かないような曲が入っている可能性があります。

浮気を見抜く旦那への質問

続いては浮気を見抜くための妻から旦那への質問についてです。質問は上手にやることが大事で、見抜くためには上手く揺さぶるしかありません。

質問の仕方にも気を付けながら、旦那の浮気を見抜きましょう。

いい事があったのか質問して挙動を確かめる

何気なく「最近、良いことあった?」をきいてみましょう。そこで質問された旦那は浮気しているなら逆に疑問形で「なんで?」「急にどうした?」と答えるでしょう

。もし浮気以外での良いことがあれば、何があったのか答えてくれるはず。

質問に対して疑問で返し、必死に取り繕うと思い出そうとするしぐさや不機嫌になあるようなら浮気を疑ってみましょう。

この「最近、良いことあった?」という質問の段階では、「浮気」に触れることが御法度です。確実な証拠もない限り、浮気を追及するのは止めましょう。

優しく質問して真相をあぶりだす

浮気を疑っていても、怒った態度で真相をあぶりだそうとするのは逆ギレパターンがあるので危険です。そんなときは、あえて優しい態度で接するのがポイント。

もし残業や休日出勤が増えているようなときは、「最近お仕事大変だね。疲れていない?」と体を気遣うような言葉を言ったりして、さり気なく最近一緒にいられない理由を聞いてみてください。

責め立てるような態度だと、相手もムッときてしまって険悪なムードになってしまいますが、優しく労うような形だとムッとはなりませんし、かえって罪悪感を持たせることができます。

もし優しい態度で接したことで、旦那から仕事の話を具体的にしてくるようになったり、なるべく早く帰ると言って改善してくるようであれば浮気の可能性が低いとみて良いでしょう。

カマかけ質問から旦那の反応で見極める

カマをかけてみたことで浮気していたことが判明するということもあります。カマのかけ方としては、「これって何?」と旦那から離れたところで質問してみます。

すると、浮気している旦那だと何かバレるものがあったのではないかと焦ってやってきます。

その反応を見た後は、「ごめん何でもない~」とでも言ってごまかせば問題ありません。

浮気を見抜いても冷静に対応することが大切

旦那が浮気をしているとなれば頭に血が上って今すぐにでも問い詰めたくなるものですが、まずは一旦冷静になりましょう。

浮気しているという確実な証拠でもない限り、問い詰めたところではぐらかされたり逆ギレされたりしてしまいます。

喧嘩となれば、そのまま夫婦関係がうまくいかなくなる可能性もあります。仮に浮気を見抜いても、次に紹介する行動は控えるようにしてください。

  • ヒステリックに取り乱して問い詰める
  • 質問攻めして暴言・暴力をする

上記の行動は、もし自分が逆にされたらどうかと考えてみると良いでしょう。浮気を見抜いたら冷静に考え、どのようにしたら良いのか考える時間を作りましょう。

浮気していることを警告するのは大切

浮気を見抜いた後、浮気をこのまま続けたらどうなるのか旦那に警告しておくことは大切なことです。以下のことは旦那への警告例です。

一例ではありますが、ただの遊びで浮気をしていたなら離婚すると言われたら浮気をやめる人もいるはずです。

浮気していると知っているのに放置を続けていたら、旦那は戻ってくるわけではありません。

そして警告は警告だけではなく、必ず罰を与えることも大切。その罰は色々ありますが、旦那がされたら嫌なことをすると旦那も懲りる場合もあります。

好きで結婚した相手でも、浮気は裏切りです。そんな旦那に罰を下す覚悟を持って警告をしてください。

旦那の浮気は冷静な対応が大切

女性はどちらかといえば勘が働きます。浮気を見抜こうと思えば、案外すぐに見抜けてしまうかもしれません。

もし、旦那の浮気を見抜いた場合、冷静でいることが何より大切です。

感情で動くようでは、旦那側を優位にさせてしまう可能性もありますし、証拠がないのに問い詰めればその後の夫婦関係に溝ができる可能性もあります。

激怒してしまいたくなるところを、あえて冷静になって落ち着き、確実な証拠を手に入れてから行動を起こすように対応しましょう。

 

都道府県から探す

北海道
東北
関東
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
中国
四国
九州
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事