夫の浮気

旦那の浮気の証拠集めのためにできること|証拠集めする意味とは

もし旦那が浮気をしていたら

もし、旦那が浮気をしていたら妻としてはどのような行動を取れば良いのでしょうか。旦那の浮気を知り、妻として今後どうしていきたいのかによって行動は変わります。

旦那に浮気しているのを知っているのだと突きつけるには証拠が必要です。この記事では、旦那の浮気の証拠集めの方法やその意味について詳しく解説していきます。

浮気の証拠を集めることの意味

まずは浮気の証拠集めの意味について解説します。浮気の証拠集めは必要なことですが、なぜ必要なのか意味を知った上で証拠集めをしましょう。

妻が離婚したい場合

浮気の証拠集めの意味としては、妻が離婚したいと思っている場合に、浮気が離婚理由として正当なものとみなされるので慰謝料請求するための大きな根拠となるからです。

実際、離婚の理由として多いのは性格の不一致に次いで浮気・不倫による不貞によるものが多いと言われています。

特に旦那側の不倫による離婚ケースが多いとも言われています。浮気されて離婚したい場合、慰謝料請求するといくらか貰うことができるのですが、そのときに浮気の証拠があれば、より慰謝料請求や離婚をするのに有利となるのです。

夫が離婚に応じない場合

浮気を理由に離婚を要求したとしても、相手が離婚に応じない場合があります。そんなときに浮気の証拠があれば、その証拠を突き付けて離婚することもできるでしょう。

万一、離婚調停となれば、浮気の証拠があることで立派な離婚の理由となるので有利になります。相手が離婚に応じない場合は、浮気の証拠を集めてみてください。

夫と別れたくない場合

浮気をされても離婚を考えていないという場合、不倫相手と別れてもらうべきでそう。別れてもらわなくては夫婦関係の修復ができません。

不倫相手と別れてもらうためには、不倫相手に慰謝料を請求しましょう。請求して、不倫相手に警告をしなくてはいけません。

不倫のことで警告するためには確実な証拠を集めましょう。証拠を集めておけば不倫相手も言い逃れができなくなり、警告に応じるしかなくなります。

自分で旦那の浮気の証拠を集める方法

それでは、自分自身で旦那の浮気の証拠集めの方法を紹介していきます。いくつかありますので、自分のやりやすい方法を選びましょう。

携帯電話にある浮気の情報を確認する

携帯電話には、浮気の証拠が詰まっています。LINEやメール、写真や着信履歴などのように削除されなければ、浮気の証拠になります。

メールなどは転送機能があるので、自分の携帯電話に転送して証拠集めしておきましょう。転送のやり方は携帯電話によっても違うので調べてから行いましょう。

しかし、携帯電話で浮気の証拠を集めるのはリスクが伴います。例えばロックのかかっている携帯電話を勝手に解除してしまうことは「不正アクセス法違反」に抵触してしまうので注意しましょう。

仮に携帯電話から浮気の証拠を見つけて集めたとしても、勝手に操作をしたとして逆に訴えられるケースも有り得ます。

また、昨今では携帯電話のロックも厳重で指紋認証など、本人ではないと開けられない場合が多いです。そういった時は、以下のようなことに注意しましょう。

必ずしも上記のことで浮気している証拠とは言い切れませんが、念のためチェックしておきましょう。

領収書やクレジットカードの利用明細

ラブホテルなどへ浮気相手と一緒に行った場合に、そのときの領収書やクレジットカードの利用明細などが出てくれば、浮気を立証するのに大事な資料ととして残しておけます。

確実な浮気の証拠とまでは断定できないのですが、資料という扱いとしては充分な証拠です。

旦那が帰宅した後は、鞄やスーツを預かるふりをして衣服のポケットなどに領収書やクレジットカードの利用明細があるかどうか隅々までくまなく探してみましょう。

ボイスレコーダーの設置と確認

家電量販店やインターネットなどで気軽に購入できるボイスレコーダーは、浮気の証拠集めに有効です。ボイスレコーダーの設置は、合理性があれば違法では無くなります。

もし不法だとして相手から賠償請求されたらその責任を負わなくてはいけなくなる可能性はあります。ですが合理性のあるものだと認められた場合は、賠償金額は少額で済むでしょう。

そしてボイスレコーダーの証拠としての力はというと、確実な証拠とは言い切れない部分があります。

他の数々の証拠の補強という意味でボイスレコーダーを活用してみることをおすすめします。

また、ボイスレコーダーの設置場所としての例を挙げると、以下の通りとなりますので参考にしてみてください。

ボイスレコーダーの設置は相手にバレてしまったらお終いです。バレてしまわないように慎重に仕込む場所を見つけましょう。

GPSで旦那の不倫場所を特定して乗り込む

GPSといった位置情報を調べて居場所を特定できる便利なものがあります。

しかし、GPSもボイスレコーダーと同じく確実な証拠とは言い切れないものなので、他の証拠と合わせた補強という扱いになります。

GPSを使って不貞行為を行っている場所を特定し、その場所に乗り込んで写真を撮影するなりした証拠なら決定的とも言えるでしょう。

夫婦としての共有財産扱いとなる車ならプライバシーの侵害に該当しないので問題にならずに使用できます。

不貞行為の判別

続いては、不貞行為だと断定するための判別について紹介していきます。

不貞行為に該当しないようなケース

「不貞行為」と判別されるためには、夫婦関係がきちんと継続中であることが重要です。

例えば夫婦関係が破綻していた状況の不貞の場合は、不貞行為とみなされずに離婚請求の理由にならない場合があります。

さらに、一度も肉体関係が無ければ不貞行為ともみなされないと言われています。それに加え、不貞行為はあくまでも異性間ということ。同性愛者としての不貞行為は前例がないため何とも言えません。

一度の肉体関係だけだと裁判では認められない

一回だけの肉体関係を持った間柄であっても浮気には変わりありません。妻としては、例え一度だろうがショックなことには変わりありません。

しっかりと制裁を加えたいと思っているはず。しかし、一度の肉体関係では、裁判で認められない可能性があります。離婚理由としては難しい可能性もあるのです。

不貞行為を記録した写真や動画

不貞行為を確実に立証するには、不貞行為を記録した写真や動画が必要です。例えば、ラブホテルに二人で出入りする写真や動画、互いの家に出入りしている写真や動画が浮気を立証するための証拠となります。

しかし、出入りしているからと言って必ずしも二人きりでいるとは限らないというところが難点です。

他にも誰かがいる可能性は否めませんので、確実に二人っきりでいるというのを証明した証拠が有効です。

また、ホテルへの出入りは3回以上かつ40分以上滞在していると示す証拠を集めましょう。

確実な不貞行為の証拠は探偵に依頼

不貞行為の証拠を自分で集めることもできますが、時間や労力がかかってしまいます。そのため、確実な証拠集めには探偵依頼がおすすめ。では、探偵依頼に関して解説していきます

探偵事務所の調査内容や証拠集めの方法

探偵事務所に依頼をすると、探偵は対象者の「婚姻暦」「学歴」「職歴」「人柄」「評判」「異性関係」「借金の有無」などを調べる素性調査を行います。

そして素性調査以外には、聞き込み、張り込みなどをして確実な浮気の証拠を集めてくれるのです。

探偵に依頼する際には必ず探偵業法の届書があるかを確認

探偵となるには、探偵業法という法律に基づいて公安委員会に「探偵業開始届出書」を提出しないといけないと義務付けられています。

もし届出をしていないのに探偵業をしていた場合、行政処分が下り、調査内容が無効になる可能性があります。

届出をしているかどうかは、届出をしたときに届出番号というものが割り振られるため、探偵事務所のHPに記載してあれば届出をしている探偵事務所だと思って大丈夫でしょう。

浮気の証拠集めは慎重に

自分で行う浮気の証拠集めは、時間と労力がかかってしまい、精神的にも辛いものです。しかし離婚するにせよ、夫婦関係を継続していくにせよ、浮気の証拠はきちんと集めておきましょう。

そして、証拠集めは旦那にバレないよう慎重に行うことが大切。そして全ての証拠を集めたら、しっかりと証拠を突き付けましょう。

都道府県から探す

北海道
東北
関東
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
中国
四国
九州
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事