夫の浮気

LINEで旦那の浮気の疑い|見破るための知っておくポイントとは

LINEから浮気を見破ることはできるのか

「旦那が最近ずっとLINEしている」、「LINEにパスコードが設定されて本人以外見ることができない」など、旦那さんの怪しい行動に悩んでいる人もいるでしょう。

怪しいからと言って浮気をしているかどうかわかりませんが、LINEから浮気を見破ることができるのでしょうか。

浮気をしているとスマホの使い方に変化が現れる

浮気をしているとよくある傾向として、今までスマホにロックをかけていなかったのに、急にロックをかけるようになったりします。

さらに今までスマホをテーブルに置きっぱなしだったのに、スマホの画面を見えないようにするため常にスマホを持ち歩くなど、スマホを見られないような行動をとるようになります。

特に自分に対する返信が短文なのに、他の人とのLINEのやりとりに夢中になっている場合は、浮気している可能性が高いです。

LINEで浮気がばれないために取る行動

浮気をするとばれないような行動をとります。LINEのやりとりもばれないようにできるのでしょうか。

LINEにパスコードを設定する

LINEはパスコードを設定することができます。LINEにパスコードを設定するのは、浮気ではなく、単にセキュリティのための可能性もあるので、見極める必要性があります。

「画像を送ったから見せて」と言って、目の前でパスコードを入れるのであれば心配ありませんが、パスコードを知られたくない素振りを見せた場合は、浮気の可能性が高いです。

アカウント名を変更する

LINEは元々のアカウントの名前を変更することできます。浮気がばれないように、浮気相手のアカウント名を変更して、職場の知り合いとして登録したり、男性の名前に変更していたりします。

この方法だと浮気を怪しまれることなく、浮気相手と堂々と連絡を取ることができます。

個別に通知をオフにしている

LINEが入ってきても、通知音が鳴らないように、浮気相手だけ通知音をオフに設定することができます。

通知音をオフに設定すれば、LINEが入ってきても画面での通知が出ません。相手とのやりとりは、LINEのアプリが開いている状態で確認できます。

トーク履歴を非表示設定にしている

LINEには非表示機能があります。これは不要なLINEメッセージや見られたくないトークを非表示することができます。

非表示したトークは非表示解除で、見ることが可能なので、配偶者に見られていない場所でメッセージを返信することができます。

LINE以外で気を付けたいアプリ

浮気相手とのやりとりがLINEで行っているとは限りません。ビジネスで使用することを目的とした「LINE@」、「Skype」、10秒たつとメッセージが消える「Snapchat」など、別のアプリを使用している場合、LINEを見られても気にしないことがあります。

LINEから旦那の浮気を見抜いたエピソード

ばれないと思っている浮気がLINEによってばれることがあります。

浮気相手へのメッセージが自分に届いた

旦那から「会社帰りに食事に行こう」「会えなくてさびしい」など、自分宛てではない女性へのメッセージが入ってきました。

浮気相手へのメッセージだと思い、問い詰めると同僚に送っただけと言われたのでLINEを見せてもらったところ、相手の女性だと思われるメッセージが削除されていました。

知らない男性からのしつこいポップアップ通知に違和感

何度も「同じ男性」からポップアップ通知があり、気になって聞いたところ「最近飲み会で知り合った友人」と言われました。

しかし、あまりにも多くポップアップ通知があって、目の前でそのメッセージを確認しないので共通の友人に聞いたところ、「そのような人は知らない」と言われました。

旦那にそのことを言ってLINEを見せてもらったら、女性の名前を男性に変えていたことを告げられました。さらに残業と言っていた日に2人で食事やお酒を飲みに行っていたことも白状しました。

LINEの浮気証拠は法的効果があるのか

浮気相手とのLINEのやりとりは浮気の証拠になるのでしょうか。

LINEは浮気の証拠にならないことがある

浮気を立証するためには、「不貞行為」を立証しなければいけません。そのためにLINEでのやりとりを集めたとしても、確実な証拠にはならないこともあります。不貞行為の立証は、浮気相手と不貞行為が明らかである録音や、ホテルや自宅に出入りしているところが分かる写真など、肉体関係を持った事実があるものが証拠になります。

LINEで肉体関係を証明できるやりとりがあれば、それは証拠になります。

逆に法律に抵触して訴えられる可能性も

プライバシーの権利

不貞行為の証拠をつかむために、旦那のLINEなどのアプリを勝手に開いて、盗み見るとプライバシーの侵害にあたります。それがたとえ夫婦でもです。「民法709条」に抵触すると、プライバシーの侵害による提訴もありうるので、証拠として提示する際にはリスクがあります。

ただし、ポップアップ通知はアプリを開いて見るものではないのでプライバシーの侵害にあてはまりません。

不正アクセス禁止法

LINEなどパスコードが設定されている場合、浮気証拠を集めるために勝手にパスワードを解除しようと当てはまりそうなパスワードを何度も試し、万が一それでパスワードが解除されて内容を読めたとしても「不正アクセス禁止法」に抵触します。

不正アクセス禁止法に違反すれば、3年以下の懲役、または100万円以下の罰金に処せられます。

浮気の疑念が晴れない場合は探偵事務所などに相談を

自分で浮気の証拠をつかむのはなかなか難しいことです。旦那の怪しい行動はあるのに証拠がなかなか出てこなくて浮気の疑いが晴れないときは思い切って探偵事務所に相談に行きましょう。

浮気の調査を依頼すれば、浮気をしているか、していないかはっきりします。浮気をしていれば、その証拠をつかんでもらえるので、裁判などでも証拠として提出することができます。

残業が急に増えたり、LINEなどの通知が多くなったり、友人や会社の人と外食が多くなったりと、旦那の行動に異変を感じたら、浮気をされている可能性が高いです。注意深く観察してみましょう。

 

都道府県から探す

北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事