夫の浮気

夫の浮気防止に法的効力のある誓約書の作成方法

誓約書を書かせて夫の浮気を終わらせたい

浮気の清算や防止に、誓約書は非常に有効です。しかし、誓約書の内容によっては無効とみなされることもあるため、しっかりとポイントを押さえた上で作成を行わなければいけません。誓約書を作成するためのポイントを理解し、効力のある誓約書を作成しましょう。

浮気の誓約書を作成する理由

誓約書を作成することで、浮気の事実をきっちりと認めさせ浮気関係を解消させることができます。また、浮気があったという事実を証明する証拠にもなるので、離婚や裁判を行う際にも活用できます。

誓約書を作成することには、たくさんのメリットがあります。さらに詳しく誓約書を作成するべき理由を見ていきましょう。

浮気関係の解消・再発防止につながる

二度と浮気をしないと誓っても、時間が経てば再び浮気に走ってしまうケースもあります。口約束だけでは再び浮気が発覚したとしても、うまくはぐらかされてしまうこともあるでしょう。

誓約書をかわしていれば、約束した内容が文書として残っているので言い逃れされることはありません。また、誓約書には「二度と浮気をしない」という誓いだけではなく、万が一浮気が発覚した場合の「制裁」についても言及できます

浮気をしたら慰謝料や損害賠償請求を行うことを記載していれば、相手にもプレッシャーとなります。そのため、現在の浮気相手との関係もしっかりと終わらせることができ、浮気の再発防止にもつながります。

離婚をする際に浮気の証拠として役立つ

将来、離婚や慰謝料請求を行いたいと思っても、浮気の証拠がなければ有利に交渉を進めていけません。誓約書を作成しなかったことで、浮気を許したものと解釈され不利な立場に立たされてしまうこともあります。

子供や経済的な事情などさまざな理由から、浮気が発覚しても離婚は考えないという方もいます。しかし、将来気持ちが変わる場合もあるため、万が一に備えて誓約書は作成しておいた方が良いでしょう。

誓約書の書式

誓約書の作成は手書きでもパソコンの文書作成ソフトを使用しても構いませんが、氏名に関しては必ず手書きで行ってください。

押印はもっとも最適なのは実印ですが、三文判でも問題はありません。ただし、簡単に偽造がしやすいスタンプ式の印鑑の使用は避けるようにしてください。また、合意した日付も忘れずに記載してください。

誓約書は基本的には双方で保持できるよう2通作成し、各誓約書にまたがる形で割印を押してください

浮気の解決に必要な誓約書の記載条項

今後浮気が再発しないように、また、万が一再び浮気をした場合はしっかり制裁が下るように誓約書を用いて約束しましょう。誓約書に記載するべき具体的な項目をまとめたので、詳しく見ていきましょう。

夫の謝罪の条項

謝罪の条項では「不貞行為」の事実と、「具体的な不貞行為の内容」を明記することが非常に重要になります。

不貞行為の明記

不貞行為の事実を明記させる際は、必ず「不貞行為」という言葉を用いてください。法律上で不貞行為と見なされるのは性的関係があった場合のみです。そのため、「交際」「浮気」「不倫」という表現では、不貞行為とは認めらません。

例文
私、〇〇〇〇は、×年前の×月頃より職場の××××さんと不貞行為を続けていました。
その結果、妻の●●●を深く傷つけてしまいました。
このような不実な行動を取った事実を認め、謝罪します。

不貞行為の具体的な内容の明記

仮に、将来離婚し慰謝料を請求する際は、不貞行為の内容や期間によって慰謝料の金額が決められることになります。不貞行為の内容を詳細に記しておくことで、慰謝料請求を有利に進められます

浮気の経過や不貞行為の具体的内容等を細かく記載して謝罪させたいのであれば、別紙を用意して綴じ込む方法もあります。

具体的には以下の内容を明記すると良いでしょう。

不貞行為の期間 ●月×日という具体的な日付でなくても構わないので、何年の何月頃から何年の何月頃まで不貞行為が続いたのか期間を記す。
不貞行為の相手 職場の●●さんなど不定行為の相手がわかるように記載
不貞行為の内容 ホテルに行った、温泉に行ったなど具体的な不貞行為の内容
詳細な情報 不貞行為を行なった詳細な日時や場所などがわかる場合は記載する
例:●月×日に東京の△△ホテルに宿泊し不貞行為をおこなった

禁止事項を記載した誓約条項

浮気相手との関係を完全に断ち切ってもらうために、電話、メール、LINE、SNSなどいかなる方法でも接触しないように誓約してもらいましょう。また、連絡先も全て削除するように記載してもらってください。

例文
私は、以下の事項を誓約致します。
○○の情報、電話番号、メールアドレス、SNSのID等を全て消去する。
今後、いかなる方法でも一切連絡を取らない。
○○以外の異性との間で、貴殿との貞操義務に違反するような不貞行為及びこれに準ずる行為に及ばない。

ただし、浮気相手が同僚の場合や近所に住んでいる場合など完全に接触を断つことが難しい場合は、「仕事以外では接触を持たない」「近所で見かけても話しかけない」など2人の関係に応じて記載内容を変更してください。

また、不倫関係の断絶以外にも夫への要望がある場合は併せて記載してください。暴力的な言動の禁止や家事や育児の協力など、快適な夫婦生活が送れるよう誓約条項を設けましょう。

慰謝料の条項

夫婦関係のやり直しを望んでいる場合は、今回の浮気については許し2回目に浮気が発覚した際に慰謝料を請求するのが一般的となっています。慰謝料の具体的な金額については記載しても記載しなくても、どちらでも構いません。

記載する際は支払いが可能と考えられる、妥当な金額に設定することが重要です。裁判における不貞行為の慰謝料は100万円〜300万円になることが多いため、この金額を目安にすると良いでしょう。

1,000万円や1億円などあまりに高額な金額を設定すると、現実的ではない誓約とみなされ無効とみなされる可能性があるので注意が必要です。

例文
私は、本誓約書による誓約後、再び異性との不貞行為に及んだ場合、
貴殿が受けた精神的苦痛を慰謝するため、慰謝料○○円をお支払い致します。

離婚についての条項

再度浮気が発覚した際に備えて離婚や子供の親権、養育費についても記載しておきましょう。離婚について記載する際は、無条件に離婚に応じることへの承諾や離婚の選択権が自分にあることを記載してください。

ただし、法的効力はないため、必ずしも記載内容通りになるとは限りません。それでも、誓約書の記載が有るのと無いのとでは、精神的なプレッシャーが異なり危機感を持たせるには効果があります。

また、誓約に合意したという事実は、裁判において判断材料の一つとして扱われます。

浮気相手についての条項

パートナーに対してだけでなく浮気相手への追求についても、記載しておきましょう。こちらの条項に関しても法的効力は保証できませんが、再度浮気をすれば浮気相手にも迷惑がかかるという危機感を持たせられ浮気防止には大きな効力を発揮します。

例文
今後同様に不貞行為が発覚した場合、相手の情報を開示し、相手への慰謝料請求に協力することを約束する。

誓約書を作成するときのポイントは、夫の浮気防止に法的効力のある誓約書の作成方法でも詳しく紹介しています。

浮気を解決させる確実な誓約書を作る方法

誓約書は作成方法や記載内容によっては無効とみなされてしまうこともあるので、しっかりとポイントを押さえた上で作成を行いましょう。

専門家に作成を依頼する

誓約書は個人でも作成が可能ですが、法律の知識がない人が作成すると無効な記載や実行力のない記載になってしまう恐れがあります

確実に効力のある誓約書を作成したいという場合は、行政書士など専門的な知識を持っている人に依頼した方が良いでしょう。依頼費用はの目安は15,000円~25,000円程度となっています。

テンプレートをそのまま利用しない

誓約書を作成する際にインターネット上にあるテンプレートを使用する場合は、必ず法律の専門家が作成したテンプレートを使用するようにしましょう。

誓約書を作成する際はそれぞれの夫婦の事情に合わせて、文章を作成することが大切です。内容をしっかりと吟味せずテンプレートを用いてしまうと、効力のない誓約書となってしまったり、トラブルの原因となる可能性もあります

誓約書を作成する上での注意点

誓約書はいつまでも一定の効力を持っているわけではありません。どのような状況で有効となり無効となるのか確認しておきましょう。

公正証書化するかは夫婦の今後を考えてから決める

公正証書は公証人が合意内容をもとに作成する法的な証書であり、公正証書化することで後のトラブルを防ぐことができます。

公正証書は金銭の請求の強制執行力を持っていますが、公正証書として誓約書を作成したからといって直ちに慰謝料の取り立てを強制執行できるわけではありません。

不貞行為に関する慰謝料請求に関しては、証拠を基に不貞行為が繰り返された事実が認められるまで慰謝料は支払われません。

ただし、夫婦関係の再構築を望んでいる場合、将来の不貞行為に関する慰謝料の支払いを公正証書にすることは行き過ぎだとアドバイスされるケースが多くなっています。

離婚した場合、誓約書は無効になる

誓約書が効力を持つのは夫婦関係が成立している期間のみです。夫婦関係が解消された時点で、パートナーの自由を制限する権利はなくなるため誓約書も無効となります。

実行不可能な内容を記載すると無効になる場合も

誓約書に記載する内容は現実的に実行できる内容である必要があります。慰謝料の請求額が1億円など、あまりにも不当な内容は無効となる可能性があります。

また、内容によっては公序良俗に反する誓約とみなされ、誓約書そのものが無効とされる可能性もあるので吟味を重ねた上で記載内容を決めましょう。

誓約書への記入を拒否する場合は証拠を提示

誓約書の記入を拒否される場合は、証拠を提示し浮気の事実から言い逃れができない状況を作ることが効果的です。浮気の証拠として有力なものは以下のようなものが挙げられます。

浮気の証拠として有力なもの
  • 不貞行為が推測できる内容の手紙やメール
  • 親密な仲を窺わせる写真や動画
  • ラブホテルなど、不貞行為があったと推測できる領収書

自分だけで証拠を集めるのが困難な場合は、探偵社に依頼するのも一つの手です。費用の相場は15万円〜100万円となっており、調査期間が延びるに連れて費用は高額になります。

無料相談を行っているケースも多いので、まずは気軽に相談してみましょう。調査期間や費用についても相談に応じてもらえます。また、証拠集めのみならず誓約書の作成に同席してもらえるケースもあるので、必要に応じて依頼を行ってください。

浮気・不倫の証拠集めに関しては、浮気をする男性の心理とは?浮気をさせない対策と証拠の集め方もで詳しく紹介しています。

浮気の誓約書は内容を精査して作る

誓約書を作成する際は無効とみなされてしまうことがないように、内容を十分に吟味した上で作成を行う必要があります。個人でも作成は行えますが、効力のある誓約書の作成は容易ではありません。

確実に効力のある誓約書を作成したい場合は、専門家に依頼した方が良いでしょう。また、誓約書の作成に夫が同意しないときは、証拠を提示し浮気の事実から逃れられないことを示してください。

都道府県から探す

北海道
  • 北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事