浮気調査の基礎知識

【浮気の証拠】にラインは有効?裁判でも勝てる証拠のつかみ方

LINEのみでも浮気の証拠になる?

交際相手が携帯で知らない異性と怪しい会話を目撃し、浮気が発覚。気軽に連絡先を交換できるLINEは、メールのように連絡ツールとして主流になっています。

実際に浮気が事実であれば、慰謝料請求や離婚も視野に入れる問題となります。その際にLINEは浮気の証拠として認められるかが気になるポイントです。

浮気の証拠として効力のあるものや、確実な証拠を得る際にはどのようなことに注意すべきかを紹介していきます。

LINEだけだと浮気の証拠としては不十分

結論から言えば、LINEを浮気の証拠とするのは難しいケースが多いです。大きな理由として、LINEは改ざんされる可能性があるからです。

トークの変更や削除、デジタルデータを修正するなど簡単に行われてしまいます。

証拠として残すのであればスクリーンショットやトーク内容のデータだけではなく、相手のスマホにLINEの画面を写して画像として残しておくことが有効です。

また裁判で浮気の決定的な証拠と認められるためには、不貞行為の言い逃れができないようなやりとりが残っていなくてはなりません。

たとえ「愛している」、「また泊まりに来てね」というような一般的に浮気とみなされる会話でも、性行為の事実と決定づけるには乏しい内容になります。

交際相手や浮気相手がうまいようにしらばっくれたり否定しても、証拠として不十分で抗えない可能性が高いです。

しかし、交際相手が不貞行為を認めた際や、不貞行為と明らかに判断できる会話や画像がある場合には、LINEも証拠として効力を発揮します。

浮気の証拠として有効なもの

裁判で浮気の証拠として判断される有効なものは何かを見ていきましょう。

浮気を立証するための証拠例

☑ラブホテルへ入室する写真や動画、浮気相手の家へ出入りする写真

☑浮気を認める会話

☑浮気を認める捺印入りの署名も有力な証拠

浮気を立証できる証拠例

不貞行為を証拠づける写真や動画は決定的な証拠とみなされます。ラブホテルへ入室する写真や動画、浮気相手の家へ出入りする写真などが主に確実な証拠として使用されます。

これらは自力で捉えるのは難しく、慰謝料請求や離婚裁判では1回ではなく複数回の不貞行為の証拠が必要とされるケースも多いです。

他には音声のデータも証拠として使用できます。浮気を自白し認める会話は、LINEやメールのやりとりよりも効力を発揮します。注意点として、ICレコーダーは音声加工が可能なので、出来れば加工不可のテープレコーダーが最適です。

他には浮気を認める捺印入りの署名も有力な証拠となります。サインだけではなく交際相手本人、もしくは浮気相手本人の捺印が有効です。

書面の内容としては不貞行為の期間や具体的な場所や回数まで、細かく記されている必要があります。書き方は弁護士や専門家を依頼し作成すると、漏れがなくて安心です。

しかし、場合により捺印をしたが脅され強要された、自分はサインしていないなどと裁判で証拠を認めない可能性も出てきます。他にも有効な証拠を準備しておくことが大切です。

浮気の証拠集めについては、旦那の浮気の証拠集めのためにできること|証拠集めする意味とはで詳しく紹介しています。

LINEも他の証拠と組み合わせれば有効になる

LINEの証拠は決定的な証拠としては不十分なケースが多いですが、他の証拠と組み合わせることによって証拠として有効になる可能性が高まります

浮気相手と行ったと疑われるラブホテルや飲食店のレシート、クレジットの明細などとLINEのトークの内容を照らし合わせ一致した場合、言い逃れしにくく証拠となりえます。トークの日付がわかるように画像を残しておくことが重要です。

交際相手の財布や服のポケット、ゴミ箱などは証拠に紐づくものが発見しやすいです。LINEのやりとりだけではなく普段の行動範囲からも証拠になりそうなものを集めておくと、後に浮気の証明として効力になります。

裁判になったときに有効な証拠集めについては、【浮気の証拠】にラインは有効?裁判でも勝てる証拠のつかみ方で詳しく紹介しています。

LINEから浮気の証拠を掴むのはリスクがある

LINEの内容を浮気の証拠と認めてもらうことはハードルが高いだけではなく、リスクが伴います。知らないで行うと損をしてしまう可能性もありますので、知識としておさえておきましょう。

他人の携帯への不正アクセスは違法になる

他人の携帯を使用し勝手にアプリにログインして使用することは不正アクセスとして違法行為とみなされます。例え家族であっても同様で、処罰の対象となります。

ログインをせずパスワードのロックがかかっていない場合も、プライバシーの侵害にあたるケースもあります。裁判で不利になりますし、そのようなことで揉めることで精神的な負担も大きくなります。

同意なしの遠隔操作アプリの使用は違法になる

携帯の隅々の内容をPCや端末からチェックできるアプリが存在します。防犯のために開発され、LINEの履歴や現在地情報、音声通話などを確認できます。

あくまで防犯目的であり、相手の行動の監視や浮気の証拠を掴むための用途で使用されるものではありません。仮に本人の同意なしにアプリをインストールした場合は、不正指令電磁的記録供用罪に問われてしまいます。

浮気の証拠をつかむなら探偵事務所の利用がおすすめ

安全に確実な浮気の証拠を得るには、探偵事務所でプロの探偵に依頼をすることがおすすめです。探偵を依頼するとどのようなメリットがあるか紹介します。

自力での証拠集めには限界とリスクがある

LINEで確実に浮気とわかるような内容でも、改ざんの可能性があるものは認められませんし、動画や音声のデータも同様です。違法にならないよう気を付けたり、バレないように行うのも負担が大きいです。

浮気の証拠を集めていることがバレると、証拠を全て消したりロックや通知オフの設定などで警戒され、不利になってしまいます。夫婦関係にも溝ができ、修復が難しくなる場合もあります。

調査報告書は裁判でも使える明確な証拠になる

探偵の浮気調査は裁判でも有効な調査報告書を作成します。自力で集めた証拠では不十分な部分を全て網羅し、バレにくく安全に行うことが可能です。

時系列に沿って行動を写真で残すので、明確な浮気の証明となります。自力で行うよりも的確かつスムーズに、時間も精神的負担もかけずに調査の実施ができます。

調査プランはいくつかあり、目的に応じて調査を実行しますが、基本的には不貞行為と判断できる明確な証拠集めを行います。浮気相手の個人情報として住所や職場まで掴むことができます。慰謝料請求をする際にも、逃げられたりすることを防げます。

探偵事務所は警察署に届出を出して許可を得た上で、営業を行います。尾行や張り込み、個人情報特定は違法にはなりません。

事前相談やアフターケアが丁寧

実際に探偵に依頼する場合に、費用と調査内容は事前に確認が必要です。探偵事務所も多数あり、費用や契約内容もそれぞれです。

選ぶポイントとして、明瞭な値段設定でアフターケアもしっかりしているかが重要です。実績があり、カウンセリングも丁寧な所がおすすめです。そして警察署への届出が済んでいるかも確認しましょう。

電話相談やメールでの質問など、初回のカウンセリングは無料で行っている探偵事務所が多いです。見積もりを出して他社と比べて、安心で信頼のおける探偵事務所に依頼することをおすすめします。

相談の際には費用の他、浮気調査の目的やどんな証拠が欲しいかをふまえておきましょう。事前情報で費用も前後するので、依頼するからには納得のいくやり方で進めることが大切です。

探偵事務所を利用するメリット・デメリットについては、浮気調査で探偵を雇うメリットとデメリットとは?費用の相場と注意点で詳しく紹介しています。

浮気の証拠はLINE以外も用意しよう

LINEは浮気の証拠となるのか、どのような内容が裁判で浮気と判断されるかを紹介しました。浮気を決定づける証拠として、LINEだけではどうしても難しく調査を行う側にリスクが出てきます。

慰謝料請求や離婚など、今後に関わる大きな決断となるのであれば慎重に調査を行う必要があります。

裁判でも有力な内容がどんなものかと知識をおさえた上で、LINEは証拠の一つとして残しておいて他の証拠も併用しましょう。

プロの探偵はトレーニングを受けた上で、決定的な浮気の証拠を掴む手助けを行います。探偵事務所の中では弁護士事務所と繋がっている所や、プロの心理カウンセラーが在籍する所もあるので、証拠集めだけでなく、今後の人生を考えていく上でも助けになるでしょう。

都道府県から探す

北海道
  • 北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事