浮気の対処方

【浮気の線引き】はどこから?男女の違いを紹介!

おすすめの探偵社

<1位> 原一探偵事務所
全国に18拠点、創業44年、解決11万件以上の実績の大手の探偵社

<2位> HAL探偵社
相談は匿名および非通知でも可能、24時間365日対応

<3位> MR探偵社
相談件数は年間15,000件以上の実績と高い調査力を誇る探偵社

浮気はどこからか線引きをはっきりさせたい

夫に仲の良い女性がいると感じて、問い詰めても「浮気はしていない」の一点張り。でも二人の関係がどうしても腑に落ちないものに感じた場合、モヤモヤする気持ちのやり場がないのは辛いものです。

隠れて浮気をしているならば今すぐにやめさせたいし、裏切り行為は絶対に許したくない。でも実際には何をしたら浮気だと言ってやめさせることが出来るのか、その線引きははっきりとしていません。

2人きりで食事をしたら?メールを毎日していたら?疑い出したらきりがありません。そしてそんな妻を嫉妬深いと思われるのも不本意です。自分以外の女性と親しくする夫に、それは浮気だからやめてと言えるのは一体どんな行動からなのかを調べました。

目次
<ul>
1.浮気の線引きはどこなのか

2.浮気は法律で線引きできるのか

3.浮気の線引きは行為よりも気持ちの動き

4.夫と浮気の線引きについて話し合う

5.疑いが強い場合は浮気調査も視野に

6.どこから浮気かを線引きするより気持ちが重要
</ul>

浮気の線引きはどこなのか

妻としては結婚している夫には行動に慎重になって欲しいと考えます。しかしその事を夫に伝えても、交友関係に口出しをされるのを快く思わず、言い争いを生んでしまうことも多いようです。

これはお互いの認識が一致せず、どこからが浮気となるのかの線引きに大きな差があることが原因と言えます。

では、世間では一般的に浮気の線引きはどう考えられているのかを見ていきます。探偵の一括見積もりサイトが、現在結婚している、または結婚していた20歳~69歳の男女2406名を対象にインターネットアンケートを実施しました。

浮気についての調査結果から世間一般の浮気の線引きが読み取れます。

男性の考える浮気の線引き

男性が浮気だと思う行為を選んだ結果は次の通りです。(複数回答可)

性行為をおこなう 80.8%
2人だけで泊まりに出かける 68.2%
キスをする 63.0%
2人だけでドライブに出かける 42.3%
2人だけで出かける 37.3%
手を繋ぐ 37.2%
2人だけで飲みに行く 36.1%
2人だけで食事に行く 32.2%
異性のいるグループで同室に泊まる 26.7%
異性のいるグループで泊まりに出かける 21.4%
メールやSNSで頻繁に連絡をとる 19.0%
性風俗に行く 18.8%
メールやSNSで連絡をとる 10.5%
異性のいるグループで出かける 7.3%

性風俗を除いて、キスや性行為などの体の触れ合いを浮気だと認識する男性は、6割以上となります。しかし2人だけのドライブや食事など、デートと見られる可能性のある行為でも、それを浮気と考える男性はぐっと減ってしまいます。

2人だけで出かけて手を繋いでも、6割以上の男性が浮気ではないと考えるのです。これは妻から見れば理解し難いものと言えます。

女性の考える浮気の線引き

女性が浮気だと思う行為を選んだ結果は次の通りです。(複数回答可)

性行為をおこなう 85.6%
2人だけで泊まりに出かける 82.5%
キスをする 79.3%
2人だけでドライブに出かける 62.8%
2人だけで出かける 61.1%
手を繋ぐ 54.9%
2人だけで飲みに行く 50.4%
2人だけで食事に行く 44.1%
異性のいるグループで同室に泊まる 40.9%
異性のいるグループで泊まりに出かける 39.6%
メールやSNSで頻繁に連絡をとる 37.0%
性風俗に行く 29.6%
メールやSNSで連絡をとる 14.6%
異性のいるグループで出かける 9.2%

2人だけで飲みに行くなど、親密さを感じられるような行動は浮気だと考える人が過半数を超えます。

また、メールやSNSで頻繁に連絡を取り合うような関係も、4割近い女性が浮気であると感じています。

全体的に男性よりも女性の方が浮気に対する線引きは厳しく、体の接触の有無に関わらず、特別な関係を築いていれば浮気と捉える傾向があります。

男女別・浮気の境界線については、浮気の 境界線はどこから?男女の違いとパートナーの浮気の対処法でも詳しく紹介しています。

浮気は法律で線引きできるのか

夫と妻の間で浮気と考える行動に大差が出てしまうのであれば、双方が納得出来る線引きはどこになるのでしょう。法律など切り札になるものが浮気の定義を示していれば、夫婦の認識を共通にさせることができるはずです。

民法上では浮気の基準はない

民法上において浮気や不倫に明確な定義は無く、条文にも明記されてはいません。また、どのような行為によって損害賠償責任が生じるのかなどの線引きもないのが事実です。

しかし過去の判例から見ると、セックスをしたら不倫と裁判所では判断されることが多いです。そのため法律上における不倫の基準は、肉体関係の事実があることと考えるのが一般的です。

婚姻関係のある人が配偶者以外の異性とセックスをする行為を法律用語では「不貞行為」と呼びます。「不貞行為」の有無が、夫婦間に課される貞操義務に違反するかどうかを問う際には重要なポイントとなります。

民法上では不貞行為が違法行為

不貞行為は法律で刑罰を受ける対象ではありません。しかし民法上において不貞行為は配偶者の権利を侵害し、損害を賠償する責任を負うべきものであり、違法行為となるのです。

婚姻中の男女の貞操義務を違反する行為や、配偶者の貞操権を侵害する行為を不貞行為とし、民法770条第1項第1号では不貞行為によって離婚の訴えを提起することが認められています。

そして民法第709条では権利を侵害した者は生じた損害を賠償する責任を負うとし、さらに民法第710条では財産以外の損害に対しても、賠償を負うことを定めています。

法的な不貞行為の判断基準については、どこからが不貞行為?離婚が可能になる浮気の判断基準とはでも詳しく紹介しています。

体の関係がなくても違法行為の可能性あり

たとえ肉体関係が無かったとしても、配偶者が精神的な苦痛により損害を生じた場合、慰謝料を請求することは可能です。浮気している2人の関係が原因で夫婦の不仲や別居、離婚などに至ったと裁判所が認め、違法行為と判断する可能性があるのです。

「不貞行為」の定義を過去の裁判例から読み取ると、配偶者のある者が配偶者以外の異性と性的関係をもつこととしています。そして性的関係はセックスに限らないともしているのです。

それならば裁判所が示す性的関係とはどのような行為なのかをはっきりとさせたくなりますが、明確な答えはどこにも無く実に曖昧です。このような問題は国が介入して決めることではなく、法的解決のレベルに達していないと考えられているためです。

そしてここでも民法709条において、「権利を侵害した者は生じた損害を賠償する責任を負う」とされていることが重要なポイントです。夫と相手の女性がどのような関係だろうと、妻を傷つけ夫婦関係を壊した場合には慰謝料の請求が認められることも充分に考えられます。

浮気の線引きは行為よりも気持ちの動き

生活を共にしている妻は夫の気持ちの揺れ動きに敏感です。浮気はしていないとはっきり否定されても妻が納得できない理由は、夫の気持ちが自分以外の女性に向いていると感じるからです。

自分以外の異性と仲良くし、たとえそれが浮気を疑われるような行動をしていないとしても、夫の楽しそうで充実している様子を前に、妻は不安を完全に払拭することが出来ないのです。

目では確認出来ない気持ちの部分に、具体的にどのようなものがあったら浮気と考えるのかを調査しました。

内緒にされたら浮気

  • 「事前に説明があればセーフ。私に隠している時点で浮気。」(北海道 40歳 女性)
  • 「内緒にされたということは気持ちが離れたと思ってしまう。」(秋田県 56歳 男性)
  • 「内緒で2人きりなんて、やましい気持ちがあるとしか思えない。」(東京都 30歳 男性)

どんなに浮気を否定されても、意図的に黙っていて内緒にされるようなことがあったら、どうしても疑ってしまうのは仕方のないことです。さらに秘密にされた事実に傷つき、隠すのはやましいことがある証拠だと感じます。

ドキドキするようなことがあるなら浮気

  • 「手を繋ぐなんて普通ではない。心が相手に向いているんだなと思う。」(群馬県 42歳 女性)
  • 「2人きりの食事でもアウト。2人きりはエッチな気分になりやすいから浮気。」(東京都 30歳 男性)
  • 「個人的にプレゼントをあげるのもダメ。相手を喜ばそうと考えるなら浮気。」(東京都 35歳 女性)

友人関係にはない特別な気持ちが既に存在するならば、心の浮気と感じます。相手を想いドキドキして心が躍ったり、会えることを期待してワクワクして待ち遠しくなったりなど、それは恋をしている状態と同様です。

このような様子があれば体の接触の有無に関わらず、浮気をしている状態だと考えます。

気持ちの比重が妻を超えたら浮気

  • 「会話する機会が妻よりも多くなって、頻繁に連絡を取り合ったら浮気。」(東京都 37歳 男性)
  • 「誘ったり、口説いたりしたら浮気確定。」(埼玉県 27歳 女性)
  • 「妻を一番に考えていない時点で浮気。」(神奈川県 30歳 男性)

結婚生活を送る中で夫婦以外の異性とのコミュニケーションが増え、プライベートで頻繁に連絡し合うのは親密な関係と言えます。さらに定期的に会ったり、夫婦の約束よりも優先するようなことがあれば、浮気と考えるのは当然です。

夫と浮気の線引きについて話し合う

不安な気持ちを抱えたままでは信頼し合える夫婦にはなれません。浮気の心配について理解を求めて話し合い、どうしたら不安を取り除くことが出来るのかを夫婦で一緒に考えることが必要です。

浮気への不安を夫に伝えることが重要

夫婦とはいえ価値観や考え方が異なるのは当然です。どちらか一方の理想を押し付けても、二人のためには良い結果になりません。

お互いの浮気についての考えを一致させることよりも、どんな行為が浮気を疑ってしまうのか伝えることが大切です。「これだけは絶対にやめて欲しい!」という行為は夫に伝えましょう。そして夫の意見にも耳を傾け、尊重できる部分は認めることも大切です。

不安な気持ちになりたくない。だから協力して欲しいと聞けば、夫は妻の気持ちを理解して寄り添ってくれるはずです。

不安を避けるためにルールを作る

お互いに思いやりをもって行動することは夫婦関係を良好に保つ上で大切なことです。それには夫婦の間で簡単なルールを決めることが役立ちます
例えば、

夫婦間でのルールの例
  • 出張が女性と2人きりだった場合は、夜に連絡を入れる。
  • 女性と2人だけで食事する機会があった場合には必ず教える。
  • 女性も含めた友人で遊ぶ場合は、2人だけにならない。

などです。

夫婦の信頼関係の維持には、小さな努力の積み重ねが欠かせないことを互いが理解してルールを作ります。
人との繋がりや交友関係を大切にする夫の気持ちも理解した上で、妻の気持ちも考えて行動してもらうことが重要です。

男女の浮気の基準の差については、意外と知らない!男女の浮気の基準にはこんなに差があったでも詳しく紹介してます。

疑いが強い場合は浮気調査も視野に

浮気の不安を取り除こうと努力をしているはずなのに、夫と女性の間にある親密な様子に変化が感じられず、疑いがどうしても拭えないこともあります。

その場合は夫の行動を調査し、浮気の事実があるのかを調べる必要があります。その際に、夫の持ち物などを調べて領収書やメモなどを手に入れても、相手の女性との関係を明白にすることは困難です。

夫の行動を把握し、事実を明らかにするためには探偵社など専門家の浮気調査を検討してみましょう。

探偵社に依頼すると浮気を疑っていることに気付かれずに、夫の行動に関する調査報告を入手することが出来ます。さらに写真や動画などの確実な証拠を依頼することも可能です。

多くの探偵社では無料相談を行っていて、調査依頼を決めていない段階でも、夫の行動について相談に応じてもらうことが可能です。

どこから浮気かを線引きするより気持ちが重要

妻を不安な気持ちにさせるような夫の行動が、お互いの信頼関係を壊すことを理解してもらいましょう。そして浮気の疑いを無くすためには、夫婦の間にルールを作ることが効果的です。

どうしても浮気の疑いが残る場合には、探偵社に浮気調査の依頼をして事実をはっきりさせることも考えてみましょう。

浮気への不安な気持ちは、二人の関係に悪い影響をもたらし、夫婦の絆を傷つけます。心配な気持ちを長く引きずることなく、早期にきっちりと解決することが、夫婦の生活を健全に守ることになるのです。

おすすめ探偵社3選

おすすめの探偵社3社について、気になる1時間あたりの費用や調査内容、基本情報、おすすめポイントをまとめました。

原一探偵事務所

原一探偵事務所は、本社の川越を含む全国主要都市18ヶ所に(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・札幌・仙台・大阪・岡山・広島・松山・福岡、他)拠点があります。

TV番組からの依頼案件も多数解決し、言い逃れのできないような決定的な報告書を作成してくれます。

原一探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 4,0000円~パック
調査内容 浮気調査、人探し、嫌がらせ調査、盗聴器発見、ストーカー対策、企業調査、子供に関する調査、結婚調査
最寄り駅 東武東上線 霞ヶ関駅
住所 埼玉県川越市上寺山2-1
電話番号 0120-876-501

 

無料相談はこちら

HAL探偵社

HAL探偵社は、わかりやすい料金体系で人気がある総合探偵事務所です。相談をすると、調査に入る前に丁寧なカウンセリングを行っています。

相談者がよく納得した上で契約をする流れとなっていて、アドバイザーに安心して相談できる探偵社です。24時間365日対応の相談窓口があり、匿名で相談することや非通知での通話も可能です。

HAL探偵社は東京本社の他にも全国に支店があり、調査も日本国内のどこでも行っています。調査後は、最短3日間で裁判にも使用できる正確かつ有効な調査報告書を作成します。

HAL探偵社の詳細
1時間あたりの費用 ¥6,000~(1時間)
調査内容 浮気調査、行方調査、結婚信用調査、企業・個人信用調査、素行調査、GPS調査、盗聴発見調査、ストーカー調査
最寄り駅 京王新線「初台」駅
住所 東京都新宿区西新宿3-10-4ゼノン西新宿1階
電話番号 0120-313-256

 

無料相談はこちら

MR探偵社

MR探偵社は2003年に創業以来、全国で15,000件以上もの相談を受けてきた実績がある探偵事務所です。

探偵業界では初となる認定カウンセラー制度を設けている探偵社で、プロのカウンセラーによる相談を受けることができます。

24時間265日対応のフリーダイヤルがあり、フルタイムで常勤スタッフが対応しています。これは数ある探偵社の中でもMR探偵社だけが行っています。また、メールやLINEでも相談することが可能です。

MR探偵社には3つの料金プランがあります。「結果保証プラン、基本プラン、ピンポイントプラン」の3つがあり、相談状況に合ったプランを選ぶことができます。

また、結果保証プラン」の場合は、不貞の証拠が得られない場合は費用は一切かかりません。

MR探偵社の詳細
1時間あたりの費用 要見積もり
調査内容 不倫・浮気調査、人探し、嫁・婿問題、結婚前調査、行動調査、身辺調査、信用調査・企業信用調査、ストーカー対策、盗聴先・盗撮器発見、裁判証拠収集など
最寄り駅 JR池袋駅
住所 東京都豊島区東池袋1-47-3-1F
電話番号 0120-12-8888

 

無料相談はこちら

都道府県から探す

北海道
東北
関東
甲信越
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
沖縄
 
探偵の相場と調査内容
関連記事