夫の浮気

夫の浮気が発覚!離婚せずに再構築したいときはどう行動すべきか

おすすめの探偵社

<1位> 原一探偵事務所
全国に18拠点、創業44年、解決11万件以上の実績の大手の探偵社

<2位> HAL探偵社
相談は匿名および非通知でも可能、24時間365日対応

<3位> MR探偵社
相談件数は年間15,000件以上の実績と高い調査力を誇る探偵社

夫から突然、離婚を突きつけられたら?

ある日突然、夫から一方的に「離婚をして欲しい」といわれた妻。夫は今に始まったことではなく、妻とは性格が合わなくて苦痛だったからずっと別れたかったといいます。

妻はあまりにも突然のことで何が起こったのか理解もできないし、悪夢でも見ているかのような状態。妻が「誰か他に好きな人ができたのでは?」と聞くと、「そういうお前の性格が嫌いなんだ!」とムキになり怒って夫は家を出て行ってしまいました。

ムキになるときは、図星だったことが多かった夫。やはり原因は浮気のようですが、このようにある日突然、一方的に離婚を突きつけられたらどうしたらよいのでしょうか?本記事では離婚せずに夫婦関係を再構築するためにはどう行動したらよいかについて解説します。

目次

1.浮気を疑ったら確実な証拠を入手しよう

2.開き直られたり離婚を求められたら?

3.夫婦関係を再構築するために大切なことは

4.夫婦関係の再構築にしてはいけない行動とは

5.再構築には冷静に対処することが大切

浮気を疑ったら確実な証拠を入手しよう

浮気が原因で離婚を突きつけられた可能性があるときは必ず、浮気の確実な証拠を掴みましょう。なぜなら、浮気をした側、つまり離婚の原因を作った責任のある側(有責配偶者)からの離婚請求は法律ではできないからです。

そのため、浮気の証拠があれば夫からの一方的な離婚はできなくなります。では、どのように浮気の証拠を入手したらよいのでしょうか?ここでは浮気の証拠となるものについて解説します。

浮気関する証拠一覧
☑日付入りの写真や動画

☑LINEやメールのやり取り

☑興信所や探偵社の調査報告書

☑違法行為で集めた証拠はNG

日付入りの写真や動画

日付入りの写真や動画は浮気の証拠として効力を発揮します。ただし、不貞行為があったことを推認できるようなラブホテルや宿泊施設に二人で一緒に入るとき、出てくるときなどの瞬間の写真があることが重要です。

また、本人と分かる、できるだけクリアな写真を用意しましょう。デジカメで撮影したり携帯のスクリーンショットは加工されやすいため、法廷では認められないこともありますので注意が必要です。

LINEやメールのやり取り

LINEやメールのやり取りも内容によっては証拠となる場合がありますが、法的に不貞行為を立証するためには肉体関係があったことを証明する必要があります。

二人でラブホテルに宿泊した内容のLINEやメールは証拠となる可能性はありますが、それだけでなく、そのときの領収証などの証拠が一緒に提出できればよりよいです。

興信所や探偵社の調査報告書

浮気をしている人は妻に見つからないように普段から警戒し、証拠を捨てていたり隠していたりすることも多く、法定で認められるような証拠を自分で集めることは難しい場合も多いです。

そのようなときは、費用はかかりますが、プロである興信所や探偵社に依頼すれば短期間で法廷で使える確実な証拠を集めてくれるのでおすすめです。

また、興信所や探偵社にはプロの相談員やカウンセラーがいることが多く、それぞれの悩みに寄り添ってどうすべきかを的確にアドバイスしてくれるので、ひとりで悩まずに冷静な判断をすることができます。

違法行為で集めた証拠はNG

不倫相手の家など、自宅以外に不法侵入してカメラを設置し盗撮などを行うことは違法行為とされ、裁判で証拠として認められない場合があります。また、不倫相手の車に勝手にGPSをつける行為も浮気相手からプライバシーの侵害を訴えられる可能性があります。

携帯電話を盗み、中身をコピーしたり、相手の合意がないのに携帯に勝手にアプリなどをいれて携帯の中身を監視したりすることも違法なので気をつけましょう。

浮気の証拠集めのためにできることについては、旦那の浮気の証拠集めのためにできること|証拠集めする意味とはでも詳しく紹介しています。

開き直られたり離婚を求められたら?

婚姻関係を続けたいと思っているにもかかわらず、浮気をされたうえに離婚を求められたりしたら、誰でもとてもつらい気持ちになるのは当然です。しかし、そんなときこそ、興奮したり取り乱したりせず、ひたすら冷静に対応することを心がけることが大切です。

ここでは浮気の確実な証拠を掴み、いよいよ夫と話し合いをすることになったとき、夫に開き直られたり、離婚を求められたりされた場合はどうすべきかについて解説します。

夫に何を求めるのかを整理する

まず、夫との話し合いの前に自分は夫にどうしてほしいのかを整理することが大切です。夫から謝罪をして欲しいのか?慰謝料が欲しいのか?彼女と単純に別れてくれたら許せるのか?などです。それによってどう対処していくかが変わってきます。

冷静に夫の気持ちを確認する

夫がなぜ浮気をしたのか、この事実すら認めたくない気持ちもあるでしょう。しかし、まずは夫の浮気の理由を知ることが大切です。そして、それを知ることで今後どう行動すべきかが変わってきます。

単なる浮気で夫婦関係を壊す気がない場合

単なる浮気で、夫は夫婦関係を壊す気持ちではないと分かった場合には、浮気をされてとても傷ついた悲しい気持ちや、これからも夫婦としてやっていきたい、という気持ちなどを夫にしっかりと伝えることが大切です。

浮気をした本人に自分はとても悪いことをしたということを自覚させ、相手を傷つけて申し訳なかったとしっかり反省させることが重要です。あなたの気持ちをしっかり伝えましょう。

夫が浮気相手をかばうような態度を取る場合

夫が浮気相手をいちいちかばうような態度を取り続ける場合には、相手に本気になってしまっている可能性があります。

そのような場合は慰謝料を二人に課すことも考えてみましょう。そうすることで現実を見つめなおさせることができ、二人に反省を促し、別れさせられる可能性があります。

ただし、浮気相手が夫を既婚者と知らずに関係を持っていた場合には、浮気相手には慰謝料請求をすることができません。

夫婦関係を再構築するために大切なことは

一度こじれた夫婦関係を再構築することは、離婚をするよりも精神的にも大変となる場合もあるといわれます。ここでは夫婦関係を再構築すると決めたときに大切なことについて解説します。

夫を信じてあげること

夫が自ら浮気を反省し、夫婦再構築をすると決めた場合は夫を信じてあげることがとても大切です。

一度浮気されてトラウマになったり、まだ浮気相手と会っているのではないかなどと心配になったりすることもあるかもしれませんが、夫も努力をしているようであれば、まずは夫を信じましょう。

一度失われた信頼関係を取り戻すことは簡単なことではないかもしれませんが、夫を信じてあげることで夫が心から反省することにつながります。

夫が帰りたくなる居心地のよい環境を作る

夫が浮気をしたことは悪いことであることに間違いないのですが、自分の夫に対する今までの態度についても振り返ってみましょう。

例えば、家事や料理などは最近、手抜きになっていたりしていなかったか、結婚当初に比べて身だしなみなどが夫の前で乱れていなかったかなどです。

夫が帰りたくなるような居心地のよい家や環境が作れているか、自分でも改善できることがあるかなどを考えてみることも大切です。

浮気発覚後に夫婦関係をもう一度やり直すための方法は、旦那の浮気を許して【夫婦関係を再生する】ためにできることで詳しく紹介しています。

夫婦関係の再構築にしてはいけない行動とは

夫婦関係を再構築するとき、夫を信用していないような態度を取ることはしてはいけません。ここでは夫婦関係の再構築の際にしてはいけない行動について解説します。

携帯チェックはNG

浮気のツールとして一番使われやすい携帯電話ですが、携帯電話はその人の分身といっても過言ではないくらい、プライベートがつまったものです。

浮気相手から連絡があるのでは?別れると言ったけど、本当に別れたのか?などと気になることもあるかもしれませんが携帯電話を頻繁にチェックするなどの行為は、信頼されていないと夫が感じる可能性があります。

夫が真剣に反省しているところに水を差す行為にもなるため、携帯電話のチェックはしないようにしましょう。

浮気についてしつこく追求しない

夫が浮気を反省しているときは、疑うような行動や嫌味をいったり、過去の浮気の話をしたりすることはやめましょう。やり直そうとしているのにネガティブなことを言われることは誰でも辛いものです。

再構築すると決めたのであれば過去のことを蒸し返したり、追求したりしないようにすることが大切です。

パートナーとの関係を再構築するために注意したいことは、夫の浮気が発覚!関係修復のためにすべきこととしてはいけないことでも詳しく紹介しています。

再構築には冷静に対処することが大切

夫婦関係を再構築をする際には、まずは冷静になって対処することが大切です。そして、浮気をした夫に自らの罪を認めさせ、自分からやり直したいと思わせることが再構築につながります。

再構築には時間がかかり、精神的にも忍耐力を要するケースが多いです。しかし、浮気は夫婦どちらかだけの問題ではなく、夫婦二人の問題だと認識することで今まで以上によい夫婦関係を作るための再出発をすることができるでしょう。

おすすめ探偵社3選

おすすめの探偵社3社について、気になる1時間あたりの費用や調査内容、基本情報、おすすめポイントをまとめました。

原一探偵事務所

原一探偵事務所は、本社の川越を含む全国主要都市18ヶ所に(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・札幌・仙台・大阪・岡山・広島・松山・福岡、他)拠点があります。

TV番組からの依頼案件も多数解決し、言い逃れのできないような決定的な報告書を作成してくれます。

原一探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 4,0000円~パック
調査内容 浮気調査、人探し、嫌がらせ調査、盗聴器発見、ストーカー対策、企業調査、子供に関する調査、結婚調査
最寄り駅 東武東上線 霞ヶ関駅
住所 埼玉県川越市上寺山2-1
電話番号 0120-876-501

 

無料相談はこちら

HAL探偵社

HAL探偵社は、わかりやすい料金体系で人気がある総合探偵事務所です。相談をすると、調査に入る前に丁寧なカウンセリングを行っています。

相談者がよく納得した上で契約をする流れとなっていて、アドバイザーに安心して相談できる探偵社です。24時間365日対応の相談窓口があり、匿名で相談することや非通知での通話も可能です。

HAL探偵社は東京本社の他にも全国に支店があり、調査も日本国内のどこでも行っています。調査後は、最短3日間で裁判にも使用できる正確かつ有効な調査報告書を作成します。

HAL探偵社の詳細
1時間あたりの費用 ¥6,000~(1時間)
調査内容 浮気調査、行方調査、結婚信用調査、企業・個人信用調査、素行調査、GPS調査、盗聴発見調査、ストーカー調査
最寄り駅 京王新線「初台」駅
住所 東京都新宿区西新宿3-10-4ゼノン西新宿1階
電話番号 0120-313-256

 

無料相談はこちら

MR探偵社

MR探偵社は2003年に創業以来、全国で15,000件以上もの相談を受けてきた実績がある探偵事務所です。

探偵業界では初となる認定カウンセラー制度を設けている探偵社で、プロのカウンセラーによる相談を受けることができます。

24時間265日対応のフリーダイヤルがあり、フルタイムで常勤スタッフが対応しています。これは数ある探偵社の中でもMR探偵社だけが行っています。また、メールやLINEでも相談することが可能です。

MR探偵社には3つの料金プランがあります。「結果保証プラン、基本プラン、ピンポイントプラン」の3つがあり、相談状況に合ったプランを選ぶことができます。

また、結果保証プラン」の場合は、不貞の証拠が得られない場合は費用は一切かかりません。

MR探偵社の詳細
1時間あたりの費用 要見積もり
調査内容 不倫・浮気調査、人探し、嫁・婿問題、結婚前調査、行動調査、身辺調査、信用調査・企業信用調査、ストーカー対策、盗聴先・盗撮器発見、裁判証拠収集など
最寄り駅 JR池袋駅
住所 東京都豊島区東池袋1-47-3-1F
電話番号 0120-12-8888

 

無料相談はこちら

都道府県から探す

北海道
東北
関東
甲信越
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
沖縄
 
探偵の相場と調査内容
関連記事