夫の浮気

浮気の上手な問い詰め方とは?夫から真実を聞き出すための秘訣

浮気を白状させる効果的な問い詰め方とは

配偶者に浮気されれば、誰でも冷静ではいられなくなるものです。思わず怒りに任せて一方的に感情をぶちまけてしまう気持ちも理解できます。

しかし、相手を責め立てるだけでは、「夫の口から事実を聞きたい」「反省して浮気相手と別れて欲しい」という願いが叶う見込みは極めて低いでしょう。認めさせる事ができないばかりか、二人の関係が悪化するのは目に見えています。

夫の本音や反省を引き出したいなら、問い詰める前にいくつかの準備が必要です。また、上手な問い詰め方や、問い詰める際のポイントを知ることで、話し合いの主導権を握ることも可能になります。

目次

1.浮気を問い詰める前に必要なこと

2.夫の本音を聞くための問い詰め方

3.浮気を問い詰める際のポイント

4.浮気の証拠が見つからない場合

5.証拠を提示した問い詰め方が浮気には必須

浮気を問い詰める前に必要なこと

「夫の様子がおかしい」「浮気しているかも」と感じたら、妻として真実を知りたくなるのは当然の心理です。しかし、いきなり夫を問い詰める前にまず必要なことがあります。準備することで自分の気持ちも整理され、冷静に対処することが可能となります。

浮気の証拠がなければ本音は聞き出せない

夫の立場になってみると、浮気の証拠がなければ「うまくやり過ごすことができる」と考えることができ、いくらでも言い逃れできる可能性があります。そのため、夫が浮気をしたという確固たる事実を証明できる証拠集めが、何よりも先決なのです。

浮気をする側は、どんな手を使ってでも「真実を隠したい」と思うものです。浮気の確実な証拠がなければ、夫の本音を引き出すことは困難と言えます。浮気を問い詰める前には、必ず明確な証拠を事前に集めておくことが重要。一つではなく、なるべく多くの証拠を集めるのがポイントです。

浮気の証拠として有効なもの
☑ホテルや浮気相手の自宅に出入りする決定的な写真や動画
☑不定行為があったと推測できるメールや手紙・音声
☑浮気相手との食事やプレゼントなどに利用した履歴のあるクレジットカードの明細
☑ホテルや浮気相手の自宅に滞在したとみられるカーナビの履歴
☑ラブホテルの領収書など

夫が浮気を認めたあとのことは考えておく必要がある

証拠集めも大切ですが、「夫が浮気を認めた後のこと」を事前に考えておくことも重要なポイントです。夫婦関係を改善して「もう一度やり直したい」のか、浮気が判明した以上、もう信用できないと「離婚を決断」するのかなど、あらかじめ考えておくのです。

前もって心の整理をしておくことで、冷静な話し合いが可能になります。もちろん、夫の話を聞く前と聞いた後では自分の気持ちが変化することも。「最初は別れるつもりだったけど、もう一度やり直すことにした」と気持ちが変わるケースも少なくありません。

夫から離婚を言い渡される可能性も考える

夫から離婚を言い渡される可能性も、事前に考えておく必要があります。問い詰めた際、浮気を疑われて冷静でいられなくなった夫から、「離婚したい」と切り出されることも皆無ではないのです。しかし法律上、浮気をした配偶者が離婚請求を申し立てても、妻が離婚に応じなければ請求は基本的に認められることはありません。

ただ、夫が裁判で、妻の落ち度を訴えるケースもあります。そんな時、浮気の確固たる証拠が、相手の離婚請求に対抗する強力な要となります。言い逃れできない「確実な証拠」が手元にあれば、夫の離婚請求を拒否することができるうえ、妻が裁判の決定権を握ることができるのです。

夫の本音を聞くための問い詰め方

夫の本音を上手く引き出すための、重要なポイントがいくつかあります。間違った方法で問い詰めたばかりにお互い感情的になって話し合いが長期化する可能性も。そうならないためにも、夫を問い詰める前に、事前にポイントを確認しておくことが大切です。

リラックスしている時に問い詰める

夫の本音を聞き出すためには、リラックスしている時に問い詰めるのが一番です。夕食後のくつろぎの時間や、お風呂上がりのゆったりしたひと時など、夫に時間の猶予を与えないのがポイントです。

あらかじめ話がある事を予告すると、「浮気の話かも?」と相手が警戒する可能性も。その間に言い訳を用意され、身の保身に走れば本音を聞き出すことは困難です。普段の会話の中で「最近残業忙しそうだね」など、さりげなく切り出すことが重要。あくまでも普段通りに振る舞い、夫を油断させて聞き始めるのがポイントです。

証拠を提示して本当のことを知りたいと伝える

冷静に話を切り出したら、集めた証拠を提示し「本当のことが知りたい」ことを伝えます。この時、夫が自分の都合に合わせて話を変え、真実を隠していないか見極めることが大切です。

そして、夫が浮気を反省し、後悔する様子があるのかも冷静に判断します。時に腹を立てた夫が、証拠を破棄するケースも。そのため原本は隠しておき、コピーしたものを提示することで、不測の事態を防ぐことができます。

夫の言い分もきちんと聞く

話し合いの際は、一方的に問い詰めるのではなく、夫の言い分もきちんと聞くことが大切なポイントです。夫に浮気をされれば、誰でも冷静でいられなくなるのは理解できます。しかし、感情が先に立って「なぜ?」「どうして?」と、相手を責めたてるだけでは、話し合いになりません。

冷静に「いつから浮気が始まったのか」「どんな理由からなのか」など、夫の言い分にも、きちんと耳を傾けることが重要です。そうすることで、今後の二人の関係を「どうしていけばいいのか」という、建設的な話し合いが可能になります。

浮気相手の悪口は言わない

話し合いの際は、浮気相手の悪口は言わないようにしましょう。浮気相手を恨む気持ちは理解できますが、怒りに任せて憎しみの言葉を口にする妻の姿を見て、夫の気持ちが離れてしまうケースは少なくありません

特に、夫婦関係の修復を望んでいる場合はなおさらです。愛想をつかされないためにも、問い詰める際は一度冷静になり、浮気相手を罵るような言動を控えることが肝心です。

浮気を問い詰める際のポイント

こちらが冷静に話し合いをしたくても、夫はさまざまな言い訳で浮気を全否定する場合もあります。あるいは、意固地になって無視を決め込んで、話し合いが平行線のまま終わってしまうことも。また「浮気ぐらい」と開き直り、全く反省の色を見せないなど、あらゆるケースが考えられます。

浮気相手との話し合いのポイント
☑誠実に向き合わない場合は第三者を同席

☑浮気をやめさせる約束には誓約書が効果的

☑会話の内容を録音しておく

誠実に向き合わない場合は第三者を同席

夫に証拠を見せても、無視して押し黙ったり、逆に興奮して逆上するといったケースも考えられます。また「何が悪いんだ?」と開き直って、誠実に向き合おうとしないこともあるかもしれません。こうなると膠着状態のまま話し合いが長期化する可能性もあります。このような場合は、いったん話を打ち切り、日を改めて第三者に同席してもらうのがポイントです。

第三者が間に入ることによって夫も自分自身も冷静になり、話し合いがスムーズに進むといったメリットがあります。当事者だけの話し合いの場合、話が脱線して感情的な言い争いで終わってしまうということもあるかもしれません。

また、第三者が入ることで、裁判になった際は証人となり、相手の言い訳や言い逃れにも対抗することが可能です。

浮気をやめさせる約束には誓約書が効果的

浮気が原因で、自分が「傷ついて苦しんでいる」ことを、夫に理解してもらうことが必要です。少々厳しい方法ですが、浮気を辞めさせるためには、誓約書を作成するのも効果的な方法と言えます。「浮気相手と今後一切合わない」「連絡を取らない」など、取り決めを文書に残しておくのです。

約束を破った場合には、慰謝料をいくら払うなどのペナルティーを一文添える事によって、浮気の抑止力になるケースもあります。また、契約書を作成することで、再度浮気が発覚した際、裁判で慰謝料の額が上がる可能性もあります。

会話の内容を録音しておく

後々裁判になった時の事を考え、話し合いの内容を録音しておくのも一つの方法です。自分にとって有利な話は、裁判でも効力を発揮します。また契約書の作成の過程も、録音しておくことで「相手に脅迫された」「無理やり念書を書かされた」などの言い逃れに対して反論することが可能です。

録音する際は、夫に警戒されないように小型レコーダーなどを使用します。ただ、無断録音は裁判で認められない可能性もあるため、できれば相手の許可を取って録音するのがベストです。

浮気の証拠が見つからない場合

一人で証拠集めをすることもできますが、浮気の確実な証拠を集めるには、それなりの時間と労力を要します。また自己調査の場合、配偶者に顔が知られているため、相手にばれやすいというデメリットもあります。

個人で証拠を集めることが難しく、時間がかかってしまう場合には、プロである探偵事務所に依頼するのが一般的です。不貞行為の決定的な証拠を最大限集めてくれるので、裁判を有利な方向に進めることが可能になります。また、二人の話し合いをスムーズに進めるため、第三者として立ち会ってくれる事務所もあります。

証拠を提示した問い詰め方が浮気には必須

配偶者が浮気をすれば、つい感情的な問い詰め方をしてしまうものです。しかし、夫から真実を聞き出すには、努めて冷静に対応することと、何より浮気をしたという「明確な証拠」が必須です。証拠が揃っていないと、相手はいくらでも言い逃れできてしまいます。

自分自身の感情が高ぶって、冷静さを失ってしまうしまうことが多い浮気問題ですが、話し合いをスムーズに進めるためには浮気の証拠を提示した問い詰め方がベストです。ただ「どうやって証拠を集めていいか分からない」と、一人で悩んでいる場合は 浮気の決定的な証拠を効率的に収集してくれる、探偵社へ依頼するのが一番です。