妻の浮気

不貞行為 の定義が知りたい!不貞行為が認められるケースを徹底解説

そもそも不貞行為とは何なのか?

不倫や浮気は、性格の不一致に次いで多い離婚理由のひとつですが、一体どこからが浮気や不倫なのかは個人差があり、判断基準も人それぞれです。

「異性と二人で食事をする」行為も、人によっては立派な不貞行為かもしれません。しかし相手にとっては「ただ食事していただけ」という認識である場合も。パートナー同士でも見解が分かれ、話が平行線になることもよくあるケースです。

一方、法律の世界では、不貞行為の定義は曖昧ではなく、そのボーダーラインは明確に規定されています。ここでは不貞行為の定義や、「不貞行為と、不倫や浮気の間に意味の違いは?」という素朴な疑問から、裁判で有効に働く証拠の集め方などについて解説します。

不貞行為の定義とは

結論から言えば、不貞行為とは婚姻関係にある夫婦のどちらかが、配偶者以外の異性と本人の自由意志のもとで「肉体関係」を持つことをいいます。民法770条一項によると、「不貞行為は、配偶者の貞操権を侵害する行為として離婚事由に相当する」と規定されています。

そのため、二人の間に性交渉がなければ、たとえ恋愛感情があっても不貞行為には該当しないのです。不貞行為は刑事罰が科せられるような犯罪ではありませんが、民事の上では「不法行為」とみなされているため、離婚や慰謝料請求が可能になります。

肉体関係の有無がポイント

不貞行為は、配偶者以外の異性と「肉体関係」があるかどうかが最大のポイントとなります。そのため、キスや手をつないでいたというだけでは、不貞行為と判断されません。

誕生日にプレゼントを交換し合ったり、親密なメールのやり取りがあったとしても、性行為を連想させる内容でない限りは、不貞行為に当たりません。また、関係は短期間よりも、継続的な方が不貞行為と認定されやすい傾向にあります。

場合によっては、不貞行為より精神的なダメージが大きいともいえる、肉体関係を伴わないプラトニックな間柄でも、不貞行為とは認定されません。裁判で重要なのは、肉体関係があったかどうかその一点に尽きるのです。

一回きりの関係でも不貞行為に当たる

一時の気の迷いやお酒の勢いで一夜を共にするなど、一度きりの関係であっても、肉体関係があれば「貞操義務」の違反とみなされ、不貞行為と判断されます。

「相手がしつこくて断り切れなかった」という場合でも、最終的には自由意志で関係を結んだと判断されるのです。ただ、継続的な不貞関係と比較すると慰謝料の額も低いのが一般的です。

関係を結んだ動機は判断材料にならないため、風俗通いの場合も同様に不貞行為とみなされます。ただ、風俗の場合、一回きりの利用では離婚の理由として認められないことも少なくありません。

継続して利用しているという証拠があれば、離婚の理由として認められることも可能です。

不定行為の定義については、不貞行為 の定義が知りたい!不貞行為が認められるケースを徹底解説でも詳しく紹介しています。

肉体関係があっても不貞行為と認められない場合もある

不定行為の定義は、肉体関係があるかどうかが重要なポイントですが、場合によっては二人が性的な関係にあったとしても、不貞行為に当たらないケースもあります。

独身同士は不貞行為に当たらない

不貞行為と認定されるのは、基本的に法律で保護されている「婚姻関係ある夫婦」に限られています。そのため籍を入れていない独身のカップルの場合、パートナーの浮気で裁判を起こしても、不貞行為とは認定されません。

ただし例外として、夫婦と同様の権利をもつ内縁関係の場合は、婚姻届けを提出していなくても貞操義務が課せられているので、不貞行為が成立します。

また、婚約中の浮気も不貞行為とみなされます。それには単なる口約束ではなく、結婚指輪を送ったり結納を行っているなど、婚約したことが周知の事実であることが前提です。

不貞行為の相手が同性の場合

法律上、不貞行為の相手は異性と限定されており、不貞の相手が同性の場合は、不貞行為とみなされないのが一般的です。同性同士で食事をしたり、街中を歩くことは自然な行動のため、異性と比べると性交を立証するのが困難とされています。

ただ、配偶者の不貞が原因で夫婦関係が破綻したなら、民法上の「婚姻関係を継続するには困難な事由」に当たるため、離婚や慰謝料請求が可能です。

別居中の不倫の場合

婚姻関係が破綻している別居中の夫婦の場合、配偶者が別居のさなかに不倫したとしても、すでに貞操権は失われているとみなされ、不貞行為とは認められないのが一般的です。

ただし、夫婦の片方が同意していない別居の場合は、結婚生活が破綻しているとはみなされません。そのため破綻を認めていない片方が、不貞行為を理由に慰謝料請求を行うことは可能です。

不貞行為と浮気・不倫との違い

普段の会話であまり使用しない「不貞行為」という言葉と、日常生活でよく使う「浮気」や「不倫」との間にはどのような意味の違いがあるのか、改めて聞かれるとうまく答えられないものです。

浮気と不倫の一般的な解釈

「不倫」は、配偶者以外の異性との恋愛や、性交渉を伴う関係を指す言葉として用いられるのが通常です。

一方「浮気」の場合、婚姻関係にあるかないかを問わず、交際しているパートナー以外の異性との交際関係全般(性交渉を含む)または、一時的な気の迷いを指すことが多いようです。

ただ、実際には両者に明確な規定や区別はなく、人によってさまざまな解釈があり、言葉の使われ方も人それぞれです。

しかし一般的には、不倫は配偶者以外の異性と、継続的で親密な関係を続けることを言い、浮気は短期的で浅い付き合いというイメージで使われています。

不貞行為は法律用語

不貞行為が認められるには、婚姻関係にある夫婦、または内縁関係(事実婚)である必要があります。そのため不倫や浮気の一般的な概念と照らし合わせると、既婚者が配偶者以外の異性と関係を持つ「不倫」と、「不貞行為」は同義語と言えます。

不倫と不貞行為はほぼ同じ意味と捉えていいですが、裁判では、不倫や浮気といった通俗的な言葉は使用されていません。その代わりに法律用語である不貞行為という言葉が用いられているのです。

離婚が可能になる不定行為の基準については、どこからが不貞行為?離婚が可能になる浮気の判断基準とはでも詳しく紹介しています。

不貞行為に関する証拠について

裁判では提出した証拠によって、不貞行為が認められるケースと逆に認められないケースがあります。

そのため、どんな証拠が裁判を有利にするのかを事前に知っておくことが必要です。そうすることで、離婚や慰謝料の請求をスムーズに運ぶことができます。

効果の高い証拠

裁判で認められる証拠には、写真やビデオ、音声・メールなど、あらゆる手段が有効です。そしてそれらに共通するのは、二人の間に「肉体関係」があると判断できる証拠であるということ。

また「継続」した関係であると分かる証拠なら、不貞行為と判断されやすい傾向にあります。

決定的な写真やビデオ

対象者の2人が、ホテルや不倫相手の自宅に出入りする瞬間など、決定的な瞬間をとらえた「写真」や「ビデオ」は、裁判の有力な証拠となります。重要なポイントは、肉体関係があると推測できるものであるという点です。

喫茶店で一緒にお茶を飲んでいたり、路上を二人が歩いていたという写真や映像だけでは、不貞行為を立証することは困難です。一方、不倫関係が継続的であると証明できるような写真や動画は、裁判を有利に運ぶことができます。

また、夫婦関係の破綻の前後関係がよく分かるよう、写真や映像には「日時」が記録されていることも大切なポイントです。さらに、ホテルや不倫相手の自宅での撮影は「出と入りの両方」の瞬間をとらえたものである必要があります。

メールやLINE画面

不貞行為の証拠として、裁判に提出されることの多いものに、「メール」や「LINE」があります。この場合も、性的な関係が継続的に行われていることを推測させるやり取りである必要があります。

メールの内容が「愛している」など、親密さが疑われるものであっても、証拠としては十分ではありません。なぜなら、裁判で配偶者から「ふざけて言っただけ」と言い逃れされる可能性があるためです。

また、写真や動画と同様に、時系列をはっきりさせるために、記録は日付入りであることがポイント。その他、SNSやブログ、日記なども証拠として認められています。

音声データ

性交渉があったと疑われる「音声データ」も、不貞行為の証拠として有効です。配偶者と不倫相手とのやり取りや、夫婦間の会話のなかで、配偶者が不倫を認めた時の音声なども、証拠として認められます。

ここでも、単なる日常会話だけでは不貞行為の証拠としては不十分です。不貞行為を確認、または推認させるような内容であることが、裁判を有利に働かせる大切なポイントとなります。

なお、裁判では録音したものを直接流すのではなく、録音をすべて文字に起こしたものが採用されます。

裁判に有効的な浮気の証拠のつかみ方については、【浮気の証拠】にラインは有効?裁判でも勝てる証拠のつかみ方で詳しく紹介しています。

探偵事務所の調査報告書

プロである探偵事務所の「調査報告書」は、裁判でも有力な証拠として採用されるもののひとつです。対象者と、その交際相手の行動を、時系列で追った綿密な記録には、不貞行為を裏付ける鮮明な映像や写真などが添付されています。

また、移動の経路や手段、立ち寄った飲食店やホテルの名前なども詳細に記載されているので、裁判で有利な立場に立つことが可能です。不貞行為の調査は一人で行う事もできますが、調査力に自信がないなら探偵事務所に依頼するのが一般的です。

効果の低い証拠

裁判で有効に働く証拠がある一方で、苦労してやっとの思いで集めた証拠でも、不貞行為と認められないケースもあります。後々後悔しないためにも、事前に確認しておくことが大切です。

違法行為で取集した証拠

不倫相手の自宅に侵入し、ビデオカメラや盗聴器を設置したり、会社に不法侵入するなど、違法行為で集めた証拠は裁判では認められません。そればかりか、自身が刑事罰を受ける可能性もあるので注意が必要です。

法律の知識がない一般の人が不貞行為の調査をする場合、「どこからどこまでが違法なの?」と、判断がつかない事が少なからずあります。たとえ本人に法を犯している意識はなくても、結果的に違法性のある方法を取ってしまうことも。

このように、不貞行為の自己調査をする際は十分な注意を払う必要があります。

目撃情報のみ

「一緒に食事をしていた」「二人が手をつないで路上を歩いていた」などの「目撃情報」だけでは、証拠としては不十分です。

たとえ肉体関係があったとしても、裁判で有利な立場に立つためには、客観的に不貞行為があったと判断できる写真や映像のような物的な証拠が必要なのです。

ただ、ほかに有力な証拠が複数あれば、目撃情報でもそれらとの組み合わせによって不貞行為が立証できるケースもあります。そのためにも、なるべく多くの証拠を集めることが裁判の勝敗を分ける最大のポイントです。

改ざん可能なデジタルデータ

「デジタルデータ」は、不貞行為を立証する代表的な証拠のひとつですが、加工を疑われやすいというデメリットもあります。実際に加工していなくても、裁判で「画像を編集された」と、相手が主張するケースも少なくありません。

そのため、加工や編集が可能なデジカメの画像や、LINEのスクリーンショットなどは、画面を直接撮影するなど、加工や編集が疑われない方法で記録することがポイントです。

継続した関係と判断できない証拠

関係が一度きりであっても不貞行為に当たりますが、実際、裁判で不貞行為が認められるには「継続した肉体関係」があるかどうかが争点となります。

また、関係が短期的であればあるほど、不貞行為の証拠を集めるのは困難です。継続的な関係ではない場合、相手が裁判で否定すれば証明が難しく、訴えが退けられる可能性も。そのためにも、継続的な関係であることをうかがわせる証拠集めが重要です。

効果の高い証拠 効果の低い証拠
決定的な写真やビデオ 違法行為で取集した証拠
メールやLINE画面 目撃情報のみ
音声データ 改ざん可能なデジタルデータ
探偵事務所の調査報告書 継続した関係と判断できない証拠

不貞行為を証明するための証拠を集めるには

不貞行為の証拠集めの大切なポイントは、「肉体関係」があると推測できる物的な証拠をできる限りたくさん集めることです。複数の証拠を収集することで「継続的」な不貞関係であることが証明しやすくなります。

そのためには長時間の張り込みや長距離の追跡が必要な場合もあるかもしれません。どちらにしても、継続的な関係であることを証明するには、継続した調査が不可欠です。

そして、裁判で証拠が採用されるには、違法性のない方法で証拠を収集することも重要なポイントです。また、対象者が判別できない写真は証拠として認められないため、精度の高い写真や映像を撮影することも求められます。

自己調査の場合、配偶者に顔が知られていることから相手に察知されやすいというデメリットもあり、裁判で効力を発揮する十分な証拠を集めるには、個人では限界があるのが実情です。

不貞行為の証拠を集めるポイント
☑肉体関係があると分かる証拠をできる限り複数集める
☑継続的な関係であることを証明するため継続的な調査をする
☑違法が疑われない方法で証拠を集める
☑ターゲットが判別できる精度の良い写真や映像の撮影
☑相手にばれないよう慎重に調査する

パートナーの浮気の証拠集めでできることについては、旦那の浮気の証拠集めのためにできること|証拠集めする意味とはでも詳しく紹介しています。

おすすめ探偵社3選

おすすめの探偵社3社について、気になる1時間あたりの費用や調査内容、基本情報、おすすめポイントをまとめました。

原一探偵事務所

原一探偵事務所は、本社の川越を含む全国主要都市18ヶ所に(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・札幌・仙台・大阪・岡山・広島・松山・福岡、他)拠点があります。

TV番組からの依頼案件も多数解決し、言い逃れのできないような決定的な報告書を作成してくれます。

原一探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 4,0000円~パック
調査内容 浮気調査、人探し、嫌がらせ調査、盗聴器発見、ストーカー対策、企業調査、子供に関する調査、結婚調査
最寄り駅 東武東上線 霞ヶ関駅
住所 埼玉県川越市上寺山2-1
電話番号 0120-876-501

 

あい探偵事務所

あい探偵事務所は全国75拠点の支社と、34カ所もの相談室を設置している浮気専門の探偵事務所です。創業以来80,000件以上の浮気調査を対応しており、顧問弁護士との無料相談など浮気調査で真実を知ったその後の対応について、広く相談できます。

また広告費や経費削減により、1時間当たり2,500円という低価格を実現しつつ、完全後払い制を実現させているのも特徴です。

あい探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 2,500円/1名
調査内容 浮気・行動調査、裁判証拠収集、ストーカー対策、個人信用調査
最寄り駅 相談室、支社によって異なる
住所 本社:東京都港区南青山2-2-8 DFビル6階
そのほか、全国34カ所の相談室あり
電話番号 0120-783-264(フリーダイヤル)

 

株式会社AMUSE

株式会社AMUSEこと総合探偵社AMUSE(アムス)は、東京・新宿に本社を構え、全国8カ所に支社を持つ大手探偵事務所の1つです。探偵専門学校であるAMUSE探偵学校を運営していることもあって、10年以上の経験があるベテラン調査員が多数在籍しています。

依頼者への5つの安心として、相談や見積もり無料、24時間365日相談対応、低水準の調査料金、秘密厳守、アフターフォローの徹底を掲げています。

株式会社AMUSEの詳細
1時間あたりの費用 7,500円/1名
調査内容 浮気調査、素行調査、行方調査、婚前調査、その他法人調査
最寄り駅 新宿三丁目
住所 東京都新宿区新宿2丁目15番26号 第三玉屋ビル9階
そのほか、全国8カ所に支社あり
電話番号 0120-315-447(24時間無料相談フリーダイヤル)

 

慰謝料請求を考える場合は法的に有効な証拠をつかもう

配偶者の不貞が発覚すれば、動揺して「どんなアクションを取ればいいのか分からない」という人は多いはずです。

そのようなとき、「不貞行為の定義」を頭に入れておくだけでも、裁判で有効な証拠を集めることが可能になります。

不貞行為の自己調査は個人でもできますが「時間や心理的な負担が大きい」「自分には自信がない」と、一人で悩んでいる場合は、豊富な経験と専門知識を持った、プロの探偵事務所に依頼するのが一般的です。

都道府県から探す

北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事