夫の浮気

夫の浮気は病気なの?繰り返される裏切り行為をこれ以上我慢できない

浮気を繰り返す夫 浮気は病気なのか

夫に浮気をされるストレスは妻にとって簡単に耐えられるものではありません。心底傷つき、悩み苦しんで日々を過ごします。こんなに辛い経験は二度としたくないと考えるのが当然です。

それなのに女ぐせの悪い夫にまた浮気をしている様子があった場合は、どうしたら良いのか分からなくなるばかりでしょう。夫の浮気は病気なのだと我慢して諦めた方が楽になれるのか、それでもやはり許せないと考え、これ以上裏切られずに済む方法を探す妻は多いのです。

苦しむ妻を見てもやめられない浮気は夫の治らない病気なのか、それとも自分勝手に無秩序な恋愛をしているだけなのか、妻は浮気を繰り返す夫とどう向き合うべきなのかを調査しました。

何度も浮気を繰り返す浮気性の夫

苦しむ妻がいるのになぜ浮気が出来るのか、夫の心理を理解することは困難です。では浮気を繰り返す夫にはどんな様子が見られるのでしょう。
また、治まる気配のない浮気性には病気の可能性があるのかを調べました。

悪気なく浮気をする

妻を傷つけ、信頼を失うと分かっているはずなのに浮気を繰り返してしまう夫は、基本的に後ろめたい気持ちを抱く事が少ないのです。浮気に気付いた妻から責められて反省した様子を見せても、その場を落ち着かせるために謝罪して、心から後悔していないことがあります。
浮気に対する罪の意識が少ない夫に見られる様子は次の通りです。

  • 気に入った女性に夫から積極的に浮気を誘う様子がある。
  • 浮気に対して罪悪感がないように見える。見つからなければ良いと考えているように見える。
  • 浮気が見つかると一旦は反省するのにすぐにまた浮気をする

自信家でプライドが高いタイプにこの傾向が多く見られ、人によってはそんな男性を魅力的に感じてしまうので、浮気が繰り返されることになります。

「浮気」という病気はない

なぜ?どうして?夫は浮気をやめないのか。悩む妻が病気を疑うのは当たり前です。むしろ病気ならば諦めがつくと考え、これ以上無駄に疲弊することを避けて、夫の浮気に見て見ぬふりをする妻も多いのです。

しかし「浮気」自体は病気とは認められていません。つまり、夫自身の性格に原因や理由があって浮気を好んでしていると考えられるのです。
ただし、何らかの病気が原因で浮気をしてしまう可能性はあるとされています。

夫の性格なのか、病気なのか、どちらが原因だとしても浮気をする夫に責任があることには変わりません。そしてその夫に苦しめられている状況から抜け出すためには、完全に浮気をやめさせることが出来る解決策が必要なのです。

浮気の原因が病気の場合もある

度重なる浮気をしていた夫の中には、仕事や夫婦関係に支障を来たし、正常な考え方ができない自分に気付いて、自身に病気が潜んでいたことを知る人もいます。
どんな病気が浮気の原因となる可能性があるのかを調べました。

そう病

気分が異常なほど高揚して、自身を顧みない行動に出てしまうことがある病気です。
長く興奮状態が続いてしまうと開放的な気分になり、行動が活発になって思いつくままの振る舞いをしてしまうことがあります。

性依存症

不安や心配、イライラやストレスなどを解消する方法として性的なことを選んでしまう病気です。
性的行動が原因で、人間関係や仕事に重大な問題が起きる可能性があるにもかかわらず、抑えることが出来ません。
自らの意思で性的なものを遠ざけようと試みても上手くいかずに、一日のうち多くの時間を性的行動に費やしてしまうのが性依存症です。

人格障害

考え方や行動が大多数の人と異なることで、本人も周りの人も困ってしまうことがある病気です。
人の気持ちが理解できないとされて、性格に問題があると思われてしまいがちな病気なのですが、適切な治療によって改善される可能性のあるものです。

病気が原因の浮気の治療方法

まずは夫が自分の症状を自覚することが必要です。
浮気を繰り返している事実だけで夫が自らの病気に気付くことは、なかなか難しいでしょう。

浮気によって妻との関係のみならず、仕事上の対人関係や友人関係にも悪影響が出始め、コントロール出来ない状態になっていることに問題を感じて、メンタルクリニックや心療内科を受診するのです。

妻は夫の置かれた現状を把握し、不安定な部分に夫が気付くための手助けをすることが必要です。
大切なのは異変を感じている状態を放置することなく、専門家に相談をしてみることです。

夫の浮気ぐせを治す方法

今まで浮気を繰り返してきた夫に、妻だけに目を向けさせる方法にはどんなものがあるのでしょう。
夫に一瞬でも浮気をしたいと思わせない関係を作るには、何をしたら良いのかを見ていきます。

浮気をしたらどうなるか危機感を与える

妻が断固たる態度を夫に示すことが重要です。
「浮気は良くないこと」「浮気をするような人は嫌い」と自分の考えを明らかにします。
さらに今後浮気をしたら離婚するつもりであることを伝え、夫に必ず失うものがあるのだと覚悟をさせます。

夫にとって浮気相手はあくまでも都合の良い時の遊び相手で、妻や家族の存在を超えるものではないのです。
今までどんなに身勝手な行動を繰り返しても、妻を失ってまで浮気を楽しみたい夫などいないはずです。

夫婦二人だけで過ごす時間を作る

週末や子供が寝た後に夫婦だけで過ごす時間を作ります。お茶やお酒を飲みながら、映画や音楽を楽しんだり、ゲームをしたり、旅行の計画をするのも良いでしょう。お互いに好きなことを話せる自由な時間を作り、リラックスして過ごします

仕事が忙しかったり、子供の寝つきが悪い時は難しい場合もありますが、工夫して必ず二人だけの時間を作りましょう。ゆっくりと話をする時間があると、コミュニケーションが増えて自然と夫婦の仲も深まり、お互いを想い合う絆を強くします

夫も妻と寛げる時間を楽しみに思い、浮気したいなどと考えることがなくなります。

夫に笑顔で接する

夫の浮気を経験してしまうと、素直に笑顔を向けられなくなるのは仕方のないことかも知れません。
しかし、不満をいつも口にしていたり、嫌そうな態度の妻と一緒にいると夫は息が詰まってしまいます。

まずは一度、生活の中にある些細な「いいな」「美味しいな」「楽しいな」に素直になってみましょう。
妻が楽しそうに日々を過ごしていることで、夫も自然と笑顔で接してくるようになります

夫の好きな料理を作って喜ばせれば、妻のためにスイーツをお土産に買って帰宅したりと、お互いの笑顔をもっと見たいという気持ちになります。
妻の笑顔を見れば、夫は自分を受け入れ労ってくれる場所が家庭以外にはないことに気付くのです。

自由に使えるお金を持たせない

通常、浮気にはお金が掛かります。自由に使えるお金がなければ浮気は出来ないはずなのです。

夫が持つお金を妻がきちんと把握出来るようにして、「あなたが浮気するから」ではなく、「将来の為に」「家族の旅行のために」などの理由を伝えてお小遣い制を提案してみましょう。
家族のための前向きな話を、夫に否定する理由はないはずです。

束縛を感じさせずに、それでもしっかりと夫の手綱を離さないことが必要です。

夫婦カウンセリングに誘ってみる

浮気に悩んだ過去を持つ妻が、夫とのコミュニケーションを増やして夫婦仲の改善を試みようとしても、上手くいかない場合もあります。
お互いに歩み寄ろうと思っていても、夫婦だからこそ口に出来ないこともあります。

夫婦カウンセリングは個々が伝えにくいと感じている要望を聞き出し、夫婦の問題を解決するきっかけ作りをしてくれます。

夫に夫婦の関係をもっと良くしたいと伝え、一緒にカウンセリングを受けたいと言ってみましょう。
浮気をしていた夫を責めるのではなく、あくまでも夫婦が今後仲良く過ごせるために行きたいと誘います。
自身の裏切りから立ち直ろうと考えている妻に、協力を求められたら夫も同意してくれるはずです。

それでも浮気を繰り返す場合

信頼できる関係をもう一度築こうとする妻の努力を知りながら、再度夫に浮気をされたときは、もうショックで打ちひしがれてはいけません。今度は自分が幸せになることに目を向ける時です。

自分の幸せを考えて離婚も検討する

浮気をやめてほしいという気持ちを踏みにじり、妻を軽視して再度浮気をするような夫と、このまま我慢をして夫婦を続けても、心身ともに疲れてしまいます。
浮気ぐせをなおそうともせず、夫婦関係の修復にも無関心な夫には、離婚を考える必要があります

自分が幸せになることに率直に向き合い、今後の生活を考え直すことも大切です。
夫婦を続ける場合と、離婚した場合のメリットとデメリットを書き出し、自分が本当に安らぎを感じ、幸福を得るためにはどんな選択をするべきなのか冷静に考えてみましょう。

浮気の証拠を手に入れる

夫婦である以上、お互いに貞操義務があります。
夫が不貞行為を繰り返す場合、妻には離婚して慰謝料を請求する権利があります。しかし、その請求には夫が浮気をしている証拠が必要になるのです。

浮気の証拠となる物の例
ホテルに出入りするなど、夫と浮気相手が不貞行為に及んでいると推測できる写真や動画。
夫や浮気相手が不貞行為を認めた音声の録音。
不貞行為があったと推測できるラブホテルなどの領収書。
不貞行為があったことを読み取れるメールや手紙など。

夫の持ち物をチェックして、証拠となるものがないか探してみましょう。
その際には決して夫に気付かれる事がないように注意します。妻の行動に気付いた夫は警戒をし、証拠の入手を困難にしてしまう可能性があります。

確実な証拠の入手は探偵へ依頼

病気を疑うほど浮気を繰り返していたことを証明するためには、複数の浮気の証拠が必要です。しかし自分で揃えるのは簡単なことではありません。
また苦労して手に入れた証拠が、実際には効力が発揮されない場合も多く徒労に終わることも多いのです。

裁判で使用できる決定的な証拠は探偵社へ依頼するのが効率的です。夫に気付かれるリスクを心配せずに確実な証拠を手に入れることが可能です。

浮気の調査依頼については、迷いがあったり不安になる人も多いはずです。そのため多くの探偵社は無料相談を受け付けていて、電話やメールでの匿名の相談に応じることも多いです。
実際に依頼を迷っている段階でも現状を相談し、アドバイスをもらうことが可能です。

浮気を繰り返す夫を病気だからと我慢しない

浮気をしっかりと解決するには諦めない気持ちが大切です。
裏切り行為は絶対に許さないという毅然とした妻の対応が、夫に浮気をやめる意思を持たせ、夫婦の関係をより良いものに変えていきます。

しかし妻の気持ちを全く受け入れず、身勝手な浮気を繰り返すような夫であるならば、これ以上傷つけられ続けることはありません。自分の幸せのために離婚を考えることは当然なのです。そして確実な証拠を探偵社へ依頼して、きっちりと浮気の問題に決着をつけ、新しい未来を進む事も大切なのです。