慰謝料請求

浮気問題解決には弁護士への依頼がおすすめ|後悔しない慰謝料請求

浮気は弁護士に依頼すると解決しやすい?

交際相手の浮気により離婚や慰謝料請求を行いたい場合、何が必要でどのように手続きを進めるかが問題となってきます。浮気された側は精神的ダメージも大きく、話し合いや手続きをするにはかなりの負担となるでしょう。

夫婦間で話し合いがうまくいかない場合、問題解決のためには弁護士への依頼がおすすめです。弁護士へ依頼することによるメリットや費用の相場、基礎知識を紹介します。

浮気で弁護士に依頼する3つのメリット

交際相手の浮気問題の解決には、弁護士への依頼がおすすめです。主な3つのメリットをお伝えします。

裁判をせずに弁護士が浮気相手と交渉して問題を解決

離婚や慰謝料請求などに関して双方の意見が合致せずに揉めてしまった場合、手段として裁判が考えられます。しかし出来れば裁判で大ごとにせず、問題を解決したいという人が多くを占めます。

解決実績もある専門家の弁護士に依頼することで、状況に応じて適切なアドバイスをもらえます。どう進めれば有利に進められるかを法的な専門知識をもとに考え、着実に解決に向けて進めていきます

弁護士は交際相手との交渉でも力になりますが、浮気相手との交渉においても仲介に入ってくれるので、安心して任せることができます。

裁判する以前の協議や裁判まで行った際のあらゆる問題解決まで、弁護士に付き添ってもらい任せることができます。

慰謝料を浮気相手に請求できるケースおよび金額の相場については、浮気相手に慰謝料を請求できるケースや金額の相場を解説
で詳しく紹介しています。

浮気による離婚で発生する書類手続きの代行

交際相手の浮気により婚姻関係の継続が難しい場合、離婚に話が進みますがその際には様々な手続きが必要となります。具体的には慰謝料請求のほか、財産分与、親権、養育費に関する手続きがあります。

書類作成には時間と労力を費やしますし、抜けがあれば書き直しなど大変手間がかかります。このような作業も弁護士が代理で行い、サポートしてもらうことが可能です。

浮気による慰謝料の相場については、【配偶者の浮気】で慰謝料はいくら貰えるか計算しようで詳しく紹介しています。

浮気相手と顔を合わせなくていい

慰謝料請求や離婚における話し合いにおいて、どうしても浮気相手と顔を合わせないと難しい時があります。しかし交際相手の浮気による精神的ダメージが大きい状況で、浮気相手との直接の対面は大きな精神的負担となり、極力避けたいという人も少なくはありません。

このような問題も弁護士が仲介に入り交際相手と交渉します。浮気を認めなかったり慰謝料の金額などで揉めていた場合にも、専門的な知識をもとに話し合いを行います。仲介をはさむことにより、落ち着いた冷静な状況判断も可能になります。

当事者同士の話し合いでは解決がいかなかった問題も、スムーズに話が進み精神的負担を軽減することができるでしょう。

浮気で弁護士に依頼するときの相場

浮気問題の解決において弁護士に依頼する場合に、どれくらいの費用がかかるかを把握しておく必要があります。様々な料金体系がありますが、目安となる相場を紹介します。

浮気の相談は無料の弁護士事務所もある

弁護士への依頼前の相談は主にメールや電話を使用します。相談時に法律相談料がかかり、30分5,000円が相場です。依頼後の相談は基本的に不要です。

有料の場合が多いですが、弁護士事務所によっては初回相談無料になるところもあります。

依頼をしたら着手金と報酬金

相談後、弁護士に依頼すると決まった場合にまずは着手金の支払いが必要になります。依頼内容によって金額は変動します。以下が内容ごとによる相場です。

協議離婚 調停離婚 訴訟
着手金相場 10万円~20万円 10万円~20万円 30万円~50万円

協議離婚と調停離婚では大きな差はありませんが、離婚訴訟の裁判になると金額は高額になります。着手金は基本的に依頼後の結果には関係なく支払いが必要な費用です。弁護士事務所によって返金制度が存在する所も一部あります。

次に報酬金の支払いがあります。報酬金は依頼終了時に支払う費用で、成功した結果によって金額は変動します。一定の割合で請求されますが、どれくらいの慰謝料の請求が成功したか、財産分与の結果により異なります。相場として20~40万円の支払いになります。

交際相手と浮気相手の両者に慰謝料請求する場合や、財産分与が多い場合は報酬額が高くなります。

浮気の解決後に実費や日当

着手金や報酬金の他、手続きに必要となった様々な費用の実費や日当が必要な場合があります。

実費の内容としては書類作成における印紙代、切手代や郵送費、交通費、通信費など諸々の費用となります。弁護士事務所によっては手数料として1万円などと、一定額の支払いに定めているところもあります。手数料として何が含まれるかなどは契約前に確認をしましょう。

日当は調停や裁判に同席してもらう際に必要な費用です。出廷1回につき3~5万円が相場です。

弁護士に頼まずに浮気を解決するポイント

費用の面などで弁護士を依頼したくない場合、本人訴訟を行うことが可能です。その際に気を付けたいポイントを紹介します。

浮気の証拠を押さえておく

浮気の証拠が確認できないと、交際相手や浮気相手から浮気を誤魔化される可能性があります。仮に相手側に弁護士がついた場合に、不利になりやすく徹底した事前準備が必要となります。浮気の証拠を出来る限り押さえておくことが大切です。

浮気の証拠として認められる確実な証拠が必要となります。メールやLINEのやりとりだけでは不貞行為と判断されにくく、録音やホテルへの出入りの写真などが求められます。自力で集められる証拠には限りがありますし、バレるリスクも伴います。

安全な証拠集めには探偵事務所への依頼がおすすめです。トレーニングを受けたプロの探偵が尾行や張り込みなどを行い、法的根拠として使える証拠を確実に押さえてくれます。

カウンセリング相談は無料でできる場合がほとんどで、目的を明確にした上で依頼すると、費用が安く抑えられます。

冷静に相手と話し合い

交際相手の浮気は感情的になりやすく精神的にも不安定になります。相手に対し喧嘩口調になってしまったり全てを拒絶する姿勢になってしまうと、話がまとまらずに調停や訴訟まで進んでいってしまいます。

調停や訴訟となると、準備することも多く時間もかかり、弁護士への依頼が選択肢に入って経済面での負担が大きくなります。

冷静に交際相手と話し合いを行い、浮気の事実の確認や、どこまで許せるのか判断することが大切です。

浮気の問題は穏便には済まない問題ですが、冷静に話し合い、慰謝料請求や協議離婚でお互いに納得のいく方向にすすめることで、弁護士への依頼が不要になり夫婦間での解決が可能になります。

実現可能な要求をする

浮気における慰謝料請求の相場は婚姻期間など状況により異なりますが、100~300万円程度です。請求額に限度はないですが、法的な知識や相場を考えず多額な請求をする人がいます。

慰謝料請求以外でも交際相手へ退職や転居などを要望することがありますが、そこまでは過度な行動と捉えられます。

仮に裁判まで進んだ場合も、全て思い通りにいかない場合もあります。感情的に要求するのではなく、基本的な知識が必要です。状況に応じてどこまで求めることが可能なのかを理解し、焦らず情報収集を心がけましょう。

パートナーが浮気をしたときの慰謝料の相場については、浮気の慰謝料の相場は?請求可能な条件や請求方法を解説!でも詳しく紹介しています。

弁護士に依頼して浮気をスムーズに解決

浮気問題の解決は弁護士へ依頼することにより、自力で行うよりもスムーズに行うことができます。慰謝料請求だけではなく、親権や財産分与の問題となると夫婦間での話し合いで解決するのは難航します。

自力で調停や裁判を行う場合には、経済面以上に精神的負担と時間がかかり、冷静で適格な判断も難しくなります。

精神的負担を減らし、納得のいく話し合いをするためにも弁護士への依頼がメリットが大きくおすすめです。まずは事前の相談から始め、信頼のおける弁護士事務所へ依頼して納得のいく問題解決をしましょう。

都道府県から探す

北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事