浮気の対処方

不貞行為はどんな民法に適用されるのか?浮気・不倫と民法の関係とは

おすすめの探偵社

<1位> 原一探偵事務所
全国に18拠点、創業44年、解決11万件以上の実績の大手の探偵社

<2位> HAL探偵社
相談は匿名および非通知でも可能、24時間365日対応

<3位> MR探偵社
相談件数は年間15,000件以上の実績と高い調査力を誇る探偵社

浮気や不倫は違法ではないが民法の不法行為に当たる

不倫や浮気は、性格の不一致に次いで多い離婚原因のひとつです。配偶者の不貞が発覚した場合「浮気や不倫は違法なの?」「裁判を有利に運ぶにはどうしたらいいの」と考える人は多くいます。

結論から言えば、不倫や浮気は刑事罰に問われるような犯罪ではありませんが、民法上は不法行為に当たるため、不貞を理由に離婚や慰謝料請求が可能となります。ここでは、浮気・不倫と民法の関係や、裁判の主導権を握るための方法などをまとめました。

目次

1.不貞行為に民法が適用されるケース

2.不貞行為の定義とは

3.裁判や慰謝料請求に必要な不貞の証拠

4.不貞行為はしかるべき責任を負う必要がある

不貞行為に民法が適用されるケース

不貞行為を理由に離婚や慰謝料請求をする際、民法について知識を深めることで、裁判を有利に運ぶことが可能になります。不貞行為に民法が適応されるケースとは一体どのようなものなのか、意外に知る人は少ないようです。

離婚裁判時に適用される民法第770条

配偶者の浮気や不倫は犯罪ではありませんが、民法770条第1項第1号には、離婚事由として「配偶者に不貞行為があった場合」と記されています。裁判で配偶者に不貞行為があったと立証されれば、離婚成立が可能という訳です。

民法上、婚姻関係にある夫婦は、配偶者以外の人物と性的な関係を持ってはならないという「貞操義務」があります。それに違反することで、夫婦の権利である共同生活の平和の維持を侵害したと見なされ、離婚請求が可能となるのです。

また、不貞行為が成立するには婚姻関係にある夫婦であることが条件ですが、法律で準婚関係と認められている内縁の夫婦の場合、婚姻の届け出をしていなくても一般の夫婦同様、民法が適応されます。

慰謝料請求に関わる民法第709条と第710条

法律上、配偶者の浮気や不倫などは「不法行為」と見なされており、民法第709条には「故意に他人の損害を侵す行為に及んだ場合、その損害を賠償しなければならない」とあります。

不貞行為が原因で夫婦関係が悪化したり、経済的な負担も増える可能性があるため、慰謝料請求が可能となるのです。

また第710条には「他人の身体、自由、名誉の侵害に対しても賠償義務が生じる」と規定されており、財産以外の損害についても賠償しなければならないと定められています。

配偶者の不貞行為により、平穏を侵害され精神的な苦痛を味わったり、名誉を傷つけられたことに対し賠償請求することができるのです。

浮気相手に合法的な制裁を加える方法は、浮気相手が許せない!合法な制裁を加える方法とその注意点で詳しく紹介しています。

不貞行為の定義とは

「二人で食事に行く」「手をつなぐ」などの行為も、人によっては「立派な不貞行為だ」と考える人も少なくありません。個人レベルでは浮気や不倫のラインに開きがありますが、法律上、不貞行為はどのように定義づけられているのか気になるところです。

肉体関係があることが重要

民法では、配偶者以外の人物と「自由な意思で肉体関係を持つ」ことが不貞行為の定義となっています。そのため離婚や慰謝料請求する際は、性交渉の有無が重要なポイントとなるのです。

同棲していたり、配偶者と不倫相手が長時間ホテルで一緒に過ごしていたなど、肉体関係があると推測できるケースについては不貞行為と認められる可能性が高いと言えます。ただし、キスや手をつないでいたという行為だけでは、不貞行為とみなされません。

メールの場合、性交渉を想像させるような表現があると認められる可能性もあります。しかし、日常的な会話はもちろん「愛している」などの表現があっても「ふざけて言っただけ」と言い逃れできる可能性があるため、不貞行為の証拠としては不十分です。

1度きりの関係でも不貞行為となる

風俗や一度きりの関係でも、不貞行為とみなされる可能性があります。それは酔った勢いであっても、無理やり誘われて断り切れなかった場合でも、最終的には、自分の意志で関係を持ったとみなされるためです。

二人の関係が継続していなければ、不貞行為に当たらないと考える人もいるかもしれません。しかし、法律では不貞行為の回数は問題ではなく、一度でも肉体関係があれば不貞行為に該当します。

しかし実際には、一度きりの関係より「継続的な不貞行為」のほうが、離婚事由として認められやすいのが実情。また慰謝料も、継続した不貞行為の相場より下回るのが一般的です。

法律で浮気が適用される定義については、浮気で法律が適用されるケースとは|どこから先が違法行為?でも詳しく紹介しています。

肉体関係があっても不貞行為とならないケース

民法では通常、肉体関係があれば離婚や慰謝料請求することが可能ですが、中には肉体関係があっても不貞行為に当たらないケースも。間違った行動をとり、裁判で不利な立場にならないためにも、事前に確認しておく必要があります。

独身者同士では不貞行為とみなされない

貞操義務に反する不貞行為は、婚姻関係にある夫婦のみに課せられるため、独身者同士の場合、交際相手が浮気していたとしても不貞行為とみなされません。

しかし内縁関係の場合、婚姻届けを提出していなくても一般の夫婦と同様の権利や義務が課せられているため、不貞行為が認められています。

また、すでに夫婦関係が破綻している夫婦の場合、貞操義務から放免されていると判断され、別居中の不倫は不貞行為とみなされないのが一般的です。

浮気相手が同性の場合は不貞行為とはならない

現在の法律では、不貞行為が認められるのは異性間の不倫に限られています。そのため、配偶者の浮気相手が同性の場合、不貞行為とは判断されません。理由として異性間よりも同性間の性交渉は立証するのが難しいことが挙げられます。

ただし、不貞行為が認められない代わりに、民法上の「婚姻を継続し難い重大な事由」 には該当するため、他の救済は可能になる場合もあります。

裁判や慰謝料請求に必要な不貞の証拠

離婚を有利に進めるためには、不貞行為があったという確固たる証拠が必要です。不貞行為の証拠を提示することで民法が適用され、裁判や慰謝料請求を行うことが可能となるからです。そのため証拠集めは入念に行う必要があるのです。

肉体関係があったと分かる証拠を得る

不貞行為は「性交渉の有無」が重要なポイントとなるため、肉体関係が明らかにあったと分かる証拠を得ることで、裁判を有利に進めることが可能になります。

ホテルや不倫相手の自宅に出入りする写真や映像、第三者が見ても肉体関係があると判断できるメールやLINE・音声 などが証拠として一般的です。

また、ホテルの領収書やサービス券の他、配偶者が不倫を認めた音声データなども証拠として採用されます。いずれにしても、客観的に肉体関係があると判断できる証拠であることが重要なポイントです。

パートナーの浮気の証拠集めにできることについては、旦那の浮気の証拠集めのためにできること|証拠集めする意味とはで詳しく紹介しています。

証拠として認められないものとは

裁判では、第三者の目から見て不貞行為があったと判断できる物的証拠が必要なため、ただデートしている写真や「手をつないでいるところを見た」という目撃談だけでは不貞の証拠とはなりません。

またメールやLINEの場合、日常的な会話はもちろん「愛している」などのやり取りも証拠としては不十分です。さらにデジカメの画像やLINEのスクリーンショットなどは、加工や編集が可能なため改ざんを疑われる可能性もあります。

不法侵入や盗撮・盗聴など、明らかに違法性が疑われる方法で収集した証拠は裁判で採用されないばかりか、自身が刑事罰を受ける危険性もあるため注意が必要です。

プロに依頼して安全に証拠を得る

自己調査の場合、素人目には違法の線引きがあいまいなため、意図せず危険な手段を取ってしまう危険性があります。

プロの探偵事務所なら、違法性のない安全な方法で、裁判に耐えうる確固たる証拠集めが可能です。加えて、自己調査に伴う時間の束縛や心理的負担が軽減するというメリットもあります。

不貞行為の証拠写真は、ターゲットが判別できる鮮明な写真や映像であることが鉄則です。しかし自己調査の場合、経験不足から「ほとんど使える写真が取れなかった」という事例も少なくありません。

このように自分で不貞行為の証拠を集めるには限界があるのが実情です。不貞行為の確固たる証拠を収集したいなら、経験豊富なプロに依頼し、安全に証拠を得るのが最善の方法といえます。

おすすめ探偵社3選

おすすめの探偵社3社について、気になる1時間あたりの費用や調査内容、基本情報、おすすめポイントをまとめました。

原一探偵事務所

原一探偵事務所は、本社の川越を含む全国主要都市18ヶ所に(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・札幌・仙台・大阪・岡山・広島・松山・福岡、他)拠点があります。

TV番組からの依頼案件も多数解決し、言い逃れのできないような決定的な報告書を作成してくれます。

原一探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 4,0000円~パック
調査内容 浮気調査、人探し、嫌がらせ調査、盗聴器発見、ストーカー対策、企業調査、子供に関する調査、結婚調査
最寄り駅 東武東上線 霞ヶ関駅
住所 埼玉県川越市上寺山2-1
電話番号 0120-876-501

 

あい探偵事務所

あい探偵事務所は全国75拠点の支社と、34カ所もの相談室を設置している浮気専門の探偵事務所です。創業以来80,000件以上の浮気調査を対応しており、顧問弁護士との無料相談など浮気調査で真実を知ったその後の対応について、広く相談できます。

また広告費や経費削減により、1時間当たり2,500円という低価格を実現しつつ、完全後払い制を実現させているのも特徴です。

あい探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 2,500円/1名
調査内容 浮気・行動調査、裁判証拠収集、ストーカー対策、個人信用調査
最寄り駅 相談室、支社によって異なる
住所 本社:東京都港区南青山2-2-8 DFビル6階
そのほか、全国34カ所の相談室あり
電話番号 0120-783-264(フリーダイヤル)

 

株式会社AMUSE

株式会社AMUSEこと総合探偵社AMUSE(アムス)は、東京・新宿に本社を構え、全国8カ所に支社を持つ大手探偵事務所の1つです。探偵専門学校であるAMUSE探偵学校を運営していることもあって、10年以上の経験があるベテラン調査員が多数在籍しています。

依頼者への5つの安心として、相談や見積もり無料、24時間365日相談対応、低水準の調査料金、秘密厳守、アフターフォローの徹底を掲げています。

株式会社AMUSEの詳細
1時間あたりの費用 7,500円/1名
調査内容 浮気調査、素行調査、行方調査、婚前調査、その他法人調査
最寄り駅 新宿三丁目
住所 東京都新宿区新宿2丁目15番26号 第三玉屋ビル9階
そのほか、全国8カ所に支社あり
電話番号 0120-315-447(24時間無料相談フリーダイヤル)

 

不貞行為はしかるべき責任を負う必要がある

配偶者の浮気や不倫が発覚した時の、精神的な苦痛は計り知れません。浮気や不倫は民法の上では不法行為に当たり、損害が生じた際は相手に損害賠償を請求することが法律で保障されています。

お金だけが全てではありませんが、配偶者の不貞行為が原因で被った精神的なダメージや金銭的な損害は、法律によって解決が可能なのです。泣き寝入りする前に、法律に乗っ取ったこの現実的な解決方法を試しましょう。

都道府県から探す

北海道
東北
関東
甲信越
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
沖縄
 
探偵の相場と調査内容
関連記事