浮気調査の基礎知識

どこからが不貞行為?離婚が可能になる浮気の判断基準とは

法的に不貞行為とみなされるための基準は

浮気問題は夫婦の間に大きな溝を作ります。夫の浮気をきっかけに夫婦仲が悪化し、夫婦関係の修復が望めなければ離婚を決意する人もいるでしょう。

夫の浮気を理由に離婚するためには、不貞行為を証明する法的に有効な証拠を手に入れることが必須です。夫の浮気を疑っているなら、離婚の意志があることを気づかれる前に一刻も早く証拠を手に入れましょう。証拠を自分で押さえることが難しい場合は、探偵社に浮気調査を依頼することも確実に証拠を手に入れるひとつの方法です。

この記事では不貞行為を判断する基準や、夫の浮気を理由に離婚するために必要な証拠とはどんなものかを詳しく解説します。不貞行為と認められない浮気の事例も紹介しますので、夫の浮気により離婚を検討している人は参考にしてください。

目次

1.不貞行為と判断される基準

2.不貞行為とならない浮気のパターン

3.不貞行為を理由に離婚するために必要な証拠

4.不貞行為で離婚請求するなら探偵社の力を借りるのが有効

不貞行為と判断される基準

夫の浮気を理由に離婚したい場合は、その浮気が不貞行為に当たるかどうかを確認してください。浮気が始まった経緯や状況、浮気相手との関係性などによって不貞行為であるか判断することができます。

配偶者以外と肉体関係を持つ

不貞行為とは婚姻関係にある夫婦の一方が、配偶者以外の異性と肉体関係を結ぶことを指します。夫婦の間には貞操を守る義務があり、肉体関係を伴う浮気は貞操義務違反に当たり不貞行為とされるのです。

婚姻届を提出していない男女間での浮気でも事実婚が成立している場合や婚約している場合などは、法的に婚姻関係にあると判断され不貞行為に当てはまります。事実婚の成立は、当事者同士に婚姻の意思があること、同棲をしているなど、実質的に夫婦としての生活を送っていることが条件です。

不倫・浮気とは若干異なる

不貞行為は一般的に言われている不倫や浮気とは若干の違いがあります。不貞行為とは既婚者が配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと。配偶者以外の異性とデートをしたりメールで頻繁にやり取りしたりするのは、妻からしてみれば不倫や浮気行為だと言えますが、肉体関係がなければ不貞行為としては成立しないのです。

夫が妻以外の女性を好きになり、毎日のようにデートをしていても肉体関係がなければ不貞行為とは言えないのです。夫が不貞行為を行っているかどうかは、浮気相手とのメールや会話だけでは判断しにくいので注意しましょう。

不貞行為は違法とされている

不貞行為は配偶者に対する貞操義務に反する行為で、違法行為に当たります。民法770条第1項第1号にて「婚姻関係にある者同士で貞操義務を負うもの」と定められており、配偶者の一方が不貞行為を行った場合は離婚の訴えを起こすことができるのです。

夫の浮気を疑うなら、浮気相手との間に肉体関係がある証拠を押さえることが大変重要になってきます。不貞関係の証拠を裁判所に提示できれば、夫の浮気が夫婦間に課せられた貞操義務に反した違法行為であることを立証することになるからです。

酒に酔って行った行為でも不貞行為とみなされる

不貞行為は行為そのもので判断されるため、本人がどのような意思を持って行動したのかなど動機は考慮されません。肉体関係を持つつもりはなくても、酔った勢いで性行為に及んだ場合は貞操義務に反した違法行為であることには変わりないので不貞行為とみなされるのです。

民事上では本人に不貞行為を行った結果を予測できる判断能力が必要とされています。本人の記憶がないような泥酔状態で肉体関係を持ってしまった場合は、不貞行為を行った責任を問われない可能性もゼロではありません。ただしその場合、記憶がなかったということを証明することが難しいため、不貞行為の責任を逃れるのは困難だと言えるでしょう。

不貞行為とならない浮気のパターン

ここでは不貞行為と間違えやすい浮気のパターンを紹介します。一般的に浮気だと考えられる行為も、法的に違法な不貞行為には該当しない場合があるので注意しましょう。

肉体関係が無い

夫と浮気相手の間に肉体関係がなければ不貞行為とは認められません。メールのやり取りやデート現場の写真だけでは、二人の間に肉体関係があることを立証するのは難しいからです。

下記は肉体関係を証明できない証拠です。配偶者以外の異性との親密な関係は浮気や不倫にはなりますが、法的な離婚理由として認められる不貞行為の証拠としては使えません。

肉体関係を証明しにくい証拠
・LINEやメールの親密なやり取り
・2人きりでのデート
・手をつなぐ
・キスをする

一度しか肉体関係を持っていない

夫の浮気が離婚理由として認められるのは、不貞行為で夫婦関係が悪化し婚姻関係が破綻したと判断される場合です。そのためには継続的に不貞行為が行われている事実を裁判所に証明する必要があります。

夫が妻以外の異性と肉体関係を持った場合は、それが1回きりだとしても不貞行為だとみなされますが、1回の不貞行為で婚姻関係の継続が危ぶまれるとは考えにくく離婚の申し出が認められることは難しいと言えるでしょう。

夫が一度だけ風俗に行ったというケースも離婚理由となる不貞行為とは認められません。ただし夫が風俗通いを何度も繰り返している場合は、婚姻関係を継続させるのが難しい理由として認められ、離婚の訴えが承認される可能性が高いでしょう。

別居中の不貞行為では離婚は出来ない

不貞行為による離婚請求が認められるのは、その不貞行為によって婚姻関係が破綻したと判断される場合のみです。下記は夫婦関係が破綻しているとみなされるケース。別居中の夫婦は、不貞行為が行われる前から婚姻関係が破綻していたことになるので離婚理由にはなり得ません。

夫婦関係が破綻していると判断されるケース

日常的にモラハラ・DV行為がある 1度だけの場合は該当しない
5年以上の別居 家庭内別居や別居中でも頻繁に会っている場合は婚姻関係の破綻とは判断されない
配偶者の借金・浪費 生活に支障があるのに配偶者が働かない場合なども婚姻関係の破綻とみなされる
過度な宗教活動 宗教活動によって共同生活に支障をきたす状況

熱心な宗教活動は含まれない

不貞行為とならないパターンは不貞行為の 「証拠になるもの」と「ならないもの」の違いも参考にしてください。

不貞行為を理由に離婚するために必要な証拠

夫の浮気を理由に離婚するためには、第3者が見ても夫と浮気相手の間に継続的な肉体関係の事実が確認できる証拠が必要です。法的に有効な不貞行為の証拠を提示できれば、離婚請求が認められます。

不貞行為を証明する有効な証拠

証拠 時間・回数 理由
ラブホテルへの出入りがわかる写真 3回以上 継続的な不貞行為の証明
ラブホテルへの滞在 40分以上 肉体関係に及ぶことが可能な時間
浮気相手の自宅への訪問 5回以上 肉体関係があったことを証明しにくいので、親密さを証明するためにある程度の訪問回数が必要

上記は裁判で有効となる不貞行為の証拠一覧。ラブホテルへの出入りなど言い逃れができない決定的な瞬間の写真や動画が有利となります。

ラブホテルや浮気相手の自宅への滞在時間が短い場合は、相談に乗っていた、体調不良で介抱していたなどと言い逃れされる恐れがあるので、ある程度の滞在時間や訪問回数を証明する証拠が必要です。

探偵社に浮気調査を依頼する

確固たる不貞行為の証拠を確保するには、探偵社に浮気調査を依頼することをおすすめします。探偵社に依頼すればプロの調査員が張り込みや尾行、特殊な機材を駆使して不貞行為の証拠を押さえてくれます。素人が探偵社と同じ精度の証拠を集めるのはほぼ不可能だと言えます。

探偵社へ依頼する際に離婚も視野に入れていることを相談すれば、法的に有効となる証拠を揃えてもらうことができるのでスムーズに離婚請求を進めることができるので安心です。信頼の置ける探偵社のほとんどは無料相談を行っています。匿名で相談できるので、調査内容や費用に疑問がある人は利用してみると良いでしょう。

探偵社の浮気調査で確保できる証拠

行動記録 浮気を行った日時や場所、対象者の移動経緯などを時系列順に記録したもの
写真 浮気現場の決定的な証拠を撮影し記録したDVD

対象者の顔がはっきりと判別できる精度のもの

動画
浮気相手の素性 名前や自宅、勤務先の他に実家の所在地など

探偵社については探偵の浮気調査にかかる費用 依頼時の不安や疑問を解決!でさらに詳しく説明しています。

不貞行為で離婚請求するなら探偵社の力を借りるのが有効

夫の浮気を法的な離婚理由とするには、夫と浮気相手の間に肉体関係があるという証拠のみです。決定的な不貞行為の証拠を素人が掴むのは難しく、夫や浮気相手にバレてしまうリスクが伴うのでおすすめできません。

安全に浮気の証拠を手に入れたいなら探偵社に依頼するのが確実です。浮気調査に長けたプロの調査員なら、肉体関係を証明できる証拠を迅速に確保することができるでしょう。夫の浮気を乗り越え、離婚を成立させるまでには大きな精神的ダメージが伴います。プロの力を借りて決着をつけ、一日も早く浮気問題の不安を解消してください。

おすすめ探偵社3選

おすすめの探偵社3社について、気になる1時間あたりの費用や調査内容、基本情報、おすすめポイントをまとめました。

原一探偵事務所

原一探偵事務所は、本社の川越を含む全国主要都市18ヶ所に(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・札幌・仙台・大阪・岡山・広島・松山・福岡、他)拠点があります。

TV番組からの依頼案件も多数解決し、言い逃れのできないような決定的な報告書を作成してくれます。

原一探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 4,0000円~パック
調査内容 浮気調査、人探し、嫌がらせ調査、盗聴器発見、ストーカー対策、企業調査、子供に関する調査、結婚調査
最寄り駅 東武東上線 霞ヶ関駅
住所 埼玉県川越市上寺山2-1
電話番号 0120-876-501

 

あい探偵事務所

あい探偵事務所は全国75拠点の支社と、34カ所もの相談室を設置している浮気専門の探偵事務所です。創業以来80,000件以上の浮気調査を対応しており、顧問弁護士との無料相談など浮気調査で真実を知ったその後の対応について、広く相談できます。

また広告費や経費削減により、1時間当たり2,500円という低価格を実現しつつ、完全後払い制を実現させているのも特徴です。

あい探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 2,500円/1名
調査内容 浮気・行動調査、裁判証拠収集、ストーカー対策、個人信用調査
最寄り駅 相談室、支社によって異なる
住所 本社:東京都港区南青山2-2-8 DFビル6階
そのほか、全国34カ所の相談室あり
電話番号 0120-783-264(フリーダイヤル)

 

株式会社AMUSE

株式会社AMUSEこと総合探偵社AMUSE(アムス)は、東京・新宿に本社を構え、全国8カ所に支社を持つ大手探偵事務所の1つです。探偵専門学校であるAMUSE探偵学校を運営していることもあって、10年以上の経験があるベテラン調査員が多数在籍しています。

依頼者への5つの安心として、相談や見積もり無料、24時間365日相談対応、低水準の調査料金、秘密厳守、アフターフォローの徹底を掲げています。

株式会社AMUSEの詳細
1時間あたりの費用 7,500円/1名
調査内容 浮気調査、素行調査、行方調査、婚前調査、その他法人調査
最寄り駅 新宿三丁目
住所 東京都新宿区新宿2丁目15番26号 第三玉屋ビル9階
そのほか、全国8カ所に支社あり
電話番号 0120-315-447(24時間無料相談フリーダイヤル)

 

都道府県から探す

北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事