浮気調査の基礎知識

不貞行為の 「証拠になるもの」と「ならないもの」の違い

裁判でも使える不貞行為の証拠とは

夫の不倫を確信しているにもかかわらず、客観的な証拠がない場合「裁判がスムーズに進まないのでは…」と、不安を感じている人も多いはずです。一口に証拠と言っても、裁判で有効な証拠と不利な証拠があり、その線引きを理解している人は意外に少ないもの。

裁判を有利に運ぶためには「裁判で認められる」証拠集めが必要不可欠です。ここでは、不貞行為の証拠になるものと、ならないものの違いや、証拠を収集する際、気を付けなければならない注意点をまとめました。

不貞行為の証拠になるもの

裁判で優位に立つためには、配偶者が不貞行為を働いたという、確固たる証拠が必要です。誰しも、いつ配偶者が浮気や不倫をするかなど予想できません。ましてや、想像などしたくないものです。そのため、そんな状況に置かれて初めて「証拠をどうやって集めればいいの」と、慌てる人も少なくないのです。

興信所の調査報告書

興信所の「調査報告書」は、裁判で採用されやすい証拠の代表格です。調査報告書とは、配偶者とその交際相手のすべての行動を、時系列で追った文書です。それには、決定的瞬間をとらえた映像や画像がセットになっており、報告書には、二人がたどったルートや、使用した交通機関、入店した店舗名などが詳細に記されています。

また、その道のプロである興信所の調査は、違法に当たらない方法で、裁判で有利な証拠を集めてくれるというメリットが。違法な手段はもちろん、この記録に誤りがあると後々トラブルになり兼ねないため、興信所の報告書作成には、細心の注意が払われています。

さらに「調査が相手にばれてしまった」といった、一般の人が行う自己調査にありがちなリスクも、避けることが可能です。

ホテルや自宅に出入りした日時が分かる写真

配偶者以外と性交渉を持つことが、不貞行為の判断基準となります。そのため、肉体関係があることを証明する写真や、ホテルに出入りする写真などが、証拠として効力を発揮します。その他、二人で撮ったプリクラ等も、証拠として提出可能。

裁判では不倫が発覚し、不貞行為が行われた時系列を、はっきりさせる必要があるため、撮影の日時が分かる写真であることが求められます。また、不倫関係であることが承認されるには、二人の関係が一度きりではなく、複数回に及ぶことが、証拠写真から判断できることが条件です。

加えて、ホテルや不倫相手の自宅でとらえた写真は「出入りする両方の瞬間」をとらえた写真であることが重要なポイントとなります。

パートナーの浮気の自白を録音・録画したデータ

夫婦間の会話の中で、浮気の事実を認めた音声データーや、不倫相手との電話の録音、また、ホテルや不倫相手の自宅から出入りする録画データも、有力な証拠とみなされます。

ただ、たとえ浮気を認めた音声でも、裁判で「妻に強要された」「自分の声ではない」など、手のひらを返されることも。そのためにも、謝罪したことが分かる公正証書を残しておくと、後々起こりうるトラブルも未然に防ぐことができます。

不倫相手との電話の録音の場合も、普段の日常的なやり取りだけでは「世間話をしていただけ」と、相手が言い逃れできてしまう可能性が。そのため、音声や画像は、第三者が見て「不貞行為があった」と分かるものである必要があります。

メールやLINEの画面を撮影したもの

裁判に提出される不貞行為の証拠の中で、最も多いものにメールやLINEの画面などが挙げられます。メールやLINEが証拠として採用されるには、性交渉があったと推測できる文面であることが条件となります。そのため、世間話のような日常的な会話だけでは、不貞行為があったと判断されない可能性もあるのです。

また、継続的に二人の関係が続いていることが分かるよう、複数回のやり取りを提出する必要があります。ただ、メールやLINEのスクリーンショットは、画面をコピペしたものではなく、直接撮影することがポイント。スクショなどは加工が可能なため、相手から「偽装された」と、逆に異議を唱えられる可能性があるためです。

不貞行為の証拠にならないもの

立派な証拠だと思っていたものが、実は、裁判では証拠として認められないということもあります。知らなかったことで、苦労して集めた証拠が「ほとんど裁判で認められない」という可能性も。後悔しないためにも「証拠になるもの」と「ならないもの」の違いを、事前に確認しておくことが重要です。

違法行為で集めたもの

夫の隙を見てスマホの画面を撮影するなど、本来はプライバシーの侵害に当たる行為でも、実際の離婚裁判では、証拠とみなされる場合があります。しかし、盗聴や盗撮、窃盗など、行き過ぎた違法行為によって集めた証拠は、不貞行為の証拠にはなりません。

また自己調査の場合、感情の高ぶりから、勝手に不倫相手の敷地内に侵入し盗聴器やカメラを設置したり、会社に不法侵入して証拠を集めるなど、法にふれる行動に発展する場合もあります。このような、明らかに違法性のある手段で得た証拠は有効でないばかりか、刑事罰に問われる危険性もあるので注意が必要です。 

自分で行う浮気調査に関する注意点は夫が浮気をしているかも?自分できる調査とやってはいけないことで詳しく説明しています。

改ざん可能なデジタルデータ

改ざんが可能なデジタルデータは、裁判で相手から「偽造だ」と主張される可能性があります。そのため、デジカメの写真や、音声データ、LINEのスクリーンショットなどのコピペ等、加工や編集が可能なものは「改ざん」とみなされることも。

実際、手を加えている、いないに関わらず、証拠として認められない可能性もあるので注意が必要です。対策として、画面を撮影したり、デジタルカメラ以外のカメラで撮影するなど、加工が疑われないような証拠を用意することが重要です。

目撃情報のみ

「異性と二人でいるところを見た」という目撃情報は、裁判の証拠としては不十分です。事実を伝えるだけでは具体性に乏しいため、裁判を有利に進めることは困難なのです。

もっとも相手が不貞行為を謝罪し、示談書などを残していれば証拠として有用性があるといえます。しかし、相手が不貞行為の事実を否定している場合、目撃情報だけでは、裁判を有利に進めることはできません。

裁判は、第三者の目で、客観的に事実関係を認定しているため、写真や動画、メールなど、不貞行為の事実を証明できる物的証拠が必要なのです。

定期的な風俗通いを証明できない物  ・

風俗でサービスを受ける事も「不貞行為」に当たりますが、一度だけの利用の場合、離婚の理由として認められることは少ないのが実情です。また、風俗嬢の名刺や店のレシートだけでは、不貞行為の証拠として十分ではありません。

ただ、風俗店の日付入りポイントカード等があれば、継続して通っていることが分かるため、証拠として通用する場合もあります。なお、風俗の場合、離婚時の慰謝料は、不倫の場合と比較すると少ないのが一般的です。

裁判で使える証拠を確保するには

裁判の証拠を集めるには、自分で集めるか、興信所や探偵事務所に依頼するかという二つの選択肢がありますが、どちらにしても、証拠の良しあしが裁判の明暗を分けることに変わりありません。また、自己調査の場合、気を付けなければならない注意点もいくつかあります。

興信所や探偵事務所に依頼する

自分で証拠を集める事も可能ですが、裁判を有利に進めるためには、豊富な経験と知識を持った、興信所や探偵事務所に依頼するのが、最も確実で安全な方法といえます。

信頼できるしっかりとした業者なら、プロの技術により、裁判で有効な証拠を最大限収集ことが可能です。依頼する際は、料金体系が分かりやすく、依頼者の悩みに寄り添った、信用できる業者を選ぶことが大切です。

自分で証拠を集めるのは危険

自分で証拠を集める場合、どこからが違法なのか素人目には曖昧で分かりにくいため、こちら側にそのつもりはなくても、違法に当たる行動をとってしまう危険性があります。

また、配偶者に顔が知られているため、調査中、相手にばれやすく、後々トラブルになることも。このように、自己調査は、常に危険と隣り合わせといえます。

探偵社については探偵の浮気調査にかかる費用 依頼時の不安や疑問を解決!でさらに詳しく説明しています。

証拠の確保には探偵社の力を借りると安全

裁判をスムーズに、そして有利に進めるためには、確実な証拠集めが不可欠です。自己調査の場合、時間の束縛やそれなりの労力に加え、危険なリスクもはらんでいます。

「どうやって証拠を集めていいか分からない」と悩んでいる場合は、裁判に耐えうる確実な証拠を提示してくれる、興信所に依頼するのが一般的です。興信所の力を借りる事で、依頼者の心理的不安も軽減し心強いサポートが期待できます。

都道府県から探す

北海道
  • 北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事