探偵が浮気調査で使っている道具とは?自己調査の注意点を徹底解説

探偵は意外にも普通の道具を調査に使っている

プロである探偵は、素人が知らない専門的な機材を使って、浮気調査をしているイメージがあるかも知れません。確かに一般の人が使用しないような機材も中には含まれていますが、実際には、世に出回っている普通の道具も多く使われています。

これらの簡単に入手できる機材を使用し、自ら配偶者の浮気調査を行う人も少なくありません。しかし自己調査は大きなリスクもはらんでいます。ここでは、探偵が使う機材道具の紹介や、自分で浮気調査する際の注意点などをまとめました。

プロの探偵が使う調査道具

探偵は裁判に使える確実な証拠を、さまざまな調査道具を駆使して得ています。素人でも簡単に手に入る機材も多く使用していますが、その使い方はプロならでは。昼間の雑踏の中での尾行や建物の中、夜間の張り込みなど、その場の状況に合わせて調査道具を巧みに使いこなしています。

決定的な証拠を押さえるためのカメラ

浮気の決定的な証拠を得ることができる機材と聞いて、真っ先に思い浮かぶのはカメラです。浮気の決定的瞬間は、いつ何時巡ってくるか分かりません。そんな一瞬を捉えるカメラは、探偵にとって無くてはならない大事な機材道具といえます。

ただ一口にカメラと言っても、一般的なデジタルカメラもあれば、映画に出でくるスパイカメラなど種類はさまざまです。あらゆる種類のカメラを状況に合わせて使用し、浮気の決定的瞬間をとらえた画像は、裁判でも有力な証拠として効力を発揮します。

カメラと三脚

探偵は家庭で使用される「デジタルカメラ」から、高性能な「一眼レフカメラ」まで、シチュエーションに応じて巧みに使い分けています。

デジタルカメラは、徒歩での尾行や雑踏の中でも目立ちにくいというメリットがあります。また短距離から長距離まで高画質な撮影ができるうえ、夜間にも対応できる一眼レフカメラは、あらゆる状況下で鮮明な画像を撮ることができます。

「三脚」は複数の機材を一度に使用する際、重宝するアイテムです。同時にカメラを二台設置することが可能なほか、リモコンで離れた場所から撮影することもできます。また、ビデオを回しながら写真を撮ったり、ボイスレコーダーで音声記録が取れたりと、多くの用途に使えます。

暗視カメラや望遠カメラ

浮気の証拠写真が、不貞行為の証拠として裁判で採用されるためには、対象者が特定できる鮮明な画像である必要があります。暗い中でもでも撮影できる「暗視カメラ」や、遠距離撮影が可能な「望遠カメラ」は、探偵にとっては無くては困る機材です。

望遠カメラは、200m先のターゲットを鮮明に捉えることが可能。そのため、対象者がホテルや不倫相手の自宅に入っていく瞬間をとらえる際、これらのカメラが活躍します。また、浮気調査は夜間に張り込むことも多いため、暗闇でも画像撮影が可能な「暗視カメラ」も探偵の必需品です。

一見ではバレにくいスパイカメラ

映画によく登場する「スパイカメラ」ですが、実際に浮気調査でも使用されています。一見すると、ただの文具や小物にしか見えないため、対象者に見つかりにくい点がメリットです。

胸ポケットに差し込んだ「ボールペン型カメラ」は、スマホを使用するふりをして、アングル調整やシャッターが遠隔操作できる優れものです。そのため、エレベーターに乗り込んだツーショット写真を、至近距離から撮影することも可能です。

その他にも動画撮影が可能な「メガネ型カメラ」や、音声を拾う機能もある「腕時計型カメラ」、喫茶店のテーブルの上に置いておくだけで撮影できる「タバコ型カメラ」といった、高性能なスパイカメラもあります。

動画撮影用のビデオカメラ

対象者の一連の行動を、一定の時間連続でとらえる事ができる「ビデオカメラ」。そのため、浮気と明らかに分かる瞬間が、いつ来るか分からない状態でも、決定的瞬間を撮り逃す心配が少ないというメリットがあります。

また、人通りの多い場所や飲食店の中など、カメラの撮影が難しい状況では、カバンの中にビデオカメラを仕込んで撮影することも。尾行調査では市販のハンディカムも使われますが、プロの探偵は小型で軽量なのはもちろん、遠距離や夜間撮影にも対応した、高性能機能のビデオカメラを使用するのが一般的です。

双眼鏡や単眼鏡

浮気調査は、遠方から対象者の行動を監視することが多いため、相手の動きを確認する際「双眼鏡」や「単眼鏡」を使用します。ターゲットの動きを遠くからでも確認できるうえ、対象の二人が入った飲食店やホテルなどの店舗名を確認する際にも活躍。アナログな道具ですが、探偵にとって無くてはならない必需品です。

単眼鏡は片手に収まるサイズ感で、周囲にも気付かれにくいというメリットがあります。両手を使う双眼鏡と比べると、日中、人込みの中で使用しても、さほど違和感なく使うことができます。またカメラと違い、長時間の張り込みでも、調査の途中で電池切れする心配もありません。

GPS発信器やボイスレコーダー

「GPS発信機」や「ボイスレコーダー」も探偵には欠かせない機材です。GPS発信機は、家族の協力のもと細心の注意を払って使用されます。

車や対象者にGPS発信器や盗聴器を取りつけ、調査対象者の位置情報を確認し、浮気調査に役立てることができるという優れものです。対象者の動きは予想不能なため、GPSを対象者に取り付ける事で、不測の事態にもすぐに対応することができます。

ボイスレコーダーは対象者の会話を録音するほかにも、探偵が対象者の行動を記録するためのメモ代わりに使用することも。「〇時〇分、ターゲットが今女性宅に入りました」など、自分の声をレコーダーに録音することで、手書きの手間が省け確実な証拠を残すことができるのです。

様々な用途のあるスマートフォン

「スマートフォン」は、主に調査チームや依頼人との連絡用として使用されます。そのため、決して高性能である必要はないため、ガラケーを使用する探偵もいるようです。

ただ土地勘のないエリアでの調査の場合、スマホなら効率よく地図が確認でき、スムーズに調査を進めることができるという利点があります。しかし、探偵の中にはスマホより「紙の地図の方がざっと見渡せて便利」と考えている人も少なくないため、必需品というわけではないようです。

変装用などの着替えと小物

探偵は数日間の張り込みに必要な下着などの着替えや、場所に合わせた衣装を用意しています。「変装用」といっても、目立たないように調査するのが探偵の基本ですから、大げさな変装をすることはありません。

帽子やメガネなど、周囲に馴染む範囲の変装が基本です。その他、買い物客を装うための買い物袋や、雨が降ってきた場合の傘なども携帯しています

自己調査する際の注意点

パートナーが本当に浮気しているのか「真実を知りたい」という思いから、市販の道具を使い、自ら夫の浮気調査に乗り出す人も少なくありません。基本的に浮気調査は、自分一人でもある程度行う事は可能です。しかし、自己調査する場合、気をつけるべき注意点も多く存在するため、事前に確認しておく必要があります。

自分で調査する際の注意点
☑市販の道具は扱いに注意する

☑違法にならない範囲で調査する   

市販の道具は扱いに注意する

最近では浮気調査に役立つグッズが、一般家庭でも手軽に入手できるようになりました。相手に気付かれることなく会話を録音できるボールペン型のボイスレコーダーや、近年、子供の安全のために使用されることも多くなってきた、GPS発信機も浮気調査の現場で活用されています。

また、小型のスパイカメラでさえも格安で購入できるようになりました。一見、これらがあれば「探偵と同じように調査活動が簡単にできる」と感じるかもしれません。

しかし、素人では扱いが難しい道具もあり、実際の自己調査で失敗して、相手に察知されてしまうケースも。一般の人がグッズの機能を、実際の現場で効果的に使いこなせるかには疑問が残ります。

違法にならない範囲で調査する

自己調査の場合、一歩間違えると、法に触れる場合もあるため細心の注意が必要です。尾行は時間や労力を要するうえ、付きまといなどのストーカー規制法に当たる可能性もあります。一方、警察と並び、法律で第三者の尾行が認められている探偵事務所なら、その点の心配はありません。

またGPSや盗聴器の取り付け、カメラの設置などの際に意図せず不法侵入してしまう危険性もはらんでいます。一般人が浮気調査する場合は、くれぐれも違法にならない範囲で行うことが重要です。

確実に証拠を掴むには探偵社に依頼すると良い

一般の人が浮気の自己調査した場合、途中で相手に察知され、調査を断念してしまうことが多くあります。また一度失敗してしまうと相手に警戒され、余計に証拠が掴みずらくなるというデメリットも。

探偵が浮気調査を遂行する場合、近距離で対象者を尾行することはよくあることですが、リスクを熟知した探偵なら、気付かれることなく証拠を掴むことが可能です。

さらに、「たくさん写真を撮ったけど、使える写真は一枚も無かった」という事例もあります。そのため、法的に効果のある確実な証拠を掴むには、浮気調査のプロである探偵社の依頼するのが一般的です。

自己調査に伴うデメリット
☑顔が知られているため相手にばれやすい
☑ばれると警戒され証拠が得にくくなる
☑ばれると相手との関係が悪化しやすい
☑時間の束縛や心理的負担が大きい
☑法に触れる危険性がある

探偵と素人の一番の違い経験と知識

いくら高い機材を用いても、経験と知識がなければ、それらを状況に合わせて使いこなすことは難しいと言えます。ましてや、夫の不倫現場を目撃した際、第三者の冷静な目で、精度の高い証拠写真が撮れる保証もありません。浮気調査のプロである探偵と、経験のない素人の大きな違いは、道具の良しあしではなく長年の経験と豊富な知識によるところが大きいのです。

確実な証拠を手に入れるには探偵への依頼も検討してみてください。依頼する、しないにかかわらず相談は無料でできる場合が多いので、自分の気持ちの整理もかねてまずは無料相談を活用してみるのがおすすめです。