妻の浮気

妻の浮気を許すために心を整理する方法|再構築するための心構え

妻に浮気されたけど怒りを鎮め許したい

妻に浮気をされていることを知ったとき、怒りに任せて離婚を考えてしまうことがあります。しかし、怒りに任せて行動してしまうと後悔することになる可能性が高いため、思いとどまり許す気持ちが大切です。

そこで今回は、浮気をした妻を許す心の整理方法と、関係の再構築方法を紹介します。今後も妻と一緒に結婚生活を続けるなら参考にしてみてください。

目次

1.夫が妻の浮気を許す4つの理由

2.妻の浮気を許し怒りの心を整理する5つの方法

3.妻の浮気を再発させない方法とは

4.許しても浮気を続けるなら離婚を検討

5.妻の浮気を許し時間をかけて関係を再構築

夫が妻の浮気を許す4つの理由

妻に浮気をされても許したいという感情はなぜ起こるのでしょう。妻の浮気を許した理由について見てみましょう。

妻が心から反省している

浮気をしてしまった妻が後悔していることが伝わると、夫は許してしまう傾向があります。妻も1人の人間なので、過ちを犯してしまうこともあります。本当に心から反省してたった一度切りの関係であった場合は、気持ちの整理をつけて夫婦関係の継続を選択するようです。

しかし人の心は弱く、問い詰められたその場では反省をしても、一度切りの関係ではなく何度も浮気を繰り返す場合があります。何度も浮気を繰り返している妻は、ほとんどのケースで離婚対象になっています。

夫も妻に許してもらった過去がある

妻の浮気を許す理由でもっとも多いのが、夫も妻に浮気を許してもらった過去があるというものです。夫の浮気を妻が過去に許していると、自分だけ責める気持ちになれず「許す」という考えになります。

またセックスレスが続いたり家事や育児を全く分担しなかったりして、「妻が浮気をしても仕方ない」と思える心当たりがある場合も、妻の浮気を許してしまう傾向があります。

妻への愛情があり離婚をしたくない

浮気の事実は残り続けるけれど、妻への愛情が残っていて離婚するよりはマシと思い許すことがあります。長年連れ添っていると妻といるのが当たり前になり、普段は愛情が表にでることはないです。

しかし浮気の発覚により、再び愛情があることを思い出し、許そうと思うのです。

離婚をしてしまうと、浮気を恐れ新たに女性を信じることが難しくなるので、今の気持ちを大事にしたいという思いも、浮気を許す一因になっています。

子供に悪影響が出ることを避けるため

子供がいる家庭だと離婚で親権問題が生まれるから、片親だけの生活で苦労をかけたり苗字が変わって学校でイジメられることなどを避けるため、妻の浮気を許します。浮気した妻と喧嘩口調で子供にどちらについてくるかを迫っていては、トラウマになりかねません。

離婚をしてしまうと、離婚原因に関係なく親権は子供の利益を最優先に決定されます。育児環境や母親の子供に対する影響力の大きさから、父親が親権を獲得できるのは1~2割程度です。子供と一緒にいたいという思いから、妻の浮気を許す理由ともなっています。

妻の浮気を許し怒りの心を整理する5つの方法

妻の浮気を許したくても、怒りの感情を鎮めることはなかなか難しいものです。そのようなときにおすすめの怒りの心を整理する方法について見てみましょう。

浮気された現実を受け入れる

最初は辛く感じる方法ですが、浮気をされた現実は変わらないのでしっかり受け入れましょう。いつまでも現実から目をそらしているとモヤモヤとした感情が続いてしまいます。

今後も妻と一緒に生活を続けるためにも、きちんと話し合いお互いの愛情を確かめることが大切。男性は女性よりも冷静に物事を考えることができると言われています。時間の経過とともに怒りの感情は変化していくので、まずは現実を受け入れて夫婦の話し合いの時間を設けましょう。

信頼できる人に相談をして不満の発散

妻の浮気を許そうと考えていても、自分の中に鬱屈した感情を溜め込んでいるといつか爆発してしまいます。妻の浮気を許そうとしている自分の辛い感情は、信頼できる口の堅い人に聞いてもらって気持ちの整理をしましょう。

自分の中で溜め込んでいる鬱屈した感情は、誰かに話すことですっきりとして整理しやすくなります。無理やり感情を押し殺していると、口では許していても行動や言動が伴わなくなってしまいます。

ただし身近な友人や知人への相談だと、妻に相談したことが伝わってしまうリスクがあるので注意が必要です。妻と接点がなく専門知識のある探偵事務所などで相談をすれば、溜め込んだ不満を発散しやすいです。

妻の浮気を許すための条件を提示する

妻を許すと決めても、すぐには怒りの感情やモヤモヤとした気持ちが晴れるものではありません。このようなときは、妻の浮気を許すための条件を提示してみましょう。自分が納得できる条件を妻に提示し、話し合ってみることで怒りを鎮めるきっかけになります。

ただし「お小遣いアップ」といった金銭的な条件は、生活が苦しくなる可能性があるため避けるのが懸命。「毎日こまめに連絡を取り合うようにする」など、気持ちが伝わる条件にすると愛情を確かめやすくなります。

許せるようになるまで時間をかける

怒りを早く鎮めてしまいたいという焦りがあると、余計に怒りは膨れ上がってしまいます。どんなに激しい感情でも長期間維持するのはエネルギーがいるので、時間をかけるだけでも心は自然と落ち着いていきます。

浮気が発覚した当初は、妻のちょっとした行動や言動でも怒りがこみ上げてきます。そこで6秒程度我慢するだけでも、冷静さを少しは取り戻せ暴言をしてしまうなどの状況を避けられます。

仕返しすることで怒り鎮める

妻の浮気を許す方法として、仕返しをすることで怒りの感情をリセットする人もいます。妻も浮気をしているため「お互い様」と思われるような怒りの鎮め方ですが、妻が必ずしも夫の浮気を許すとは限りません。

また、妻の浮気の仕返しだからといって自分も浮気をすると貞操義務違反を問われる可能性もあります。「浮気をされたから自分も浮気をする」という仕返しでの怒りの鎮め方は後悔する場合もあるため注意が必要です。

妻の浮気を再発させない方法とは

妻への怒りの感情が治まり許すことができたら、浮気を再発させないための行動を取ることが大切です。妻が浮気をしにくくなる方法について見てみましょう。

許すために提示した条件を文章で残す

口頭での約束では食い違いがあったり、そんなことは聞いていないと言ってきたりする可能性があります。2人で話し合って決めた条件を文章で残しておくと、妻が怪しい行動をとった時に追求できます。

条件を守らせるために、慰謝料などのペナルティを明記しておくことも忘れないでください。ペナルティなしだとこれくらい破っても大丈夫だろうという思いを抱いて、文書に残していても効力が薄いです。

浮気相手との関係を断たせる

一度は浮気を許しても、浮気相手との繋がりが残っていると、いつ関係が再開するか不安でしかたありません。浮気相手と妻から言質をとるだけでなく、上記で作成した文章に一緒に明記しておけば証拠として残ります。

実際に会っていなくても、スマホがあればコッソリ連絡を取ることができてしまいます。SNSやメールなどのブロックや定期的なチェックをするようにしないと、万全とは言えないです。

2人きりで出かける予定を定期的に立てる

仕事に夢中の夫と家事・育児に一生懸命の妻という当たり前に感じる夫婦関係は、愛情が冷めやすくなります。定期的に2人きりで出かける予定を立てて、新鮮な雰囲気作りをしましょう。毎日一緒に過ごしていても、旅行など知らない土地で2人一緒に行動することで夫婦の絆は深まりやすくなります。

また、出かける予定は思いつきではなく二人一緒に計画を立てることでワクワクとした気持ちを共有することができて信頼関係も深くなっていきます。

育児や家事の分担を決め妻の不満をなくす

妻が浮気を決意した不満を残したままではいけません。家事や育児は妻に任せきりにせず、分担するようにしましょう。平日は仕事でどうしても妻への負担が増えるなら、休日は全て自分が請け負うようすれば、時間の許せる範囲で分担できていると納得してくれます。

子供が幼いなら、残業を減らしたり始業時間をずらしたりして、幼稚園などの送迎を妻の代わりにするといったことができます。仕事中心から家族中心の生活に切り替えていきましょう。

マメに妻と連絡をとる

浮気に走る女性に共通する特徴は寂しがりやであることです。寂しがりやの女性は、少しでも寂しいと感じてしまうと誰かと繋がりを持ちたいと考えてしまいます。その結果、元彼や男友達との連絡が増えてしまい気づいたときには深い関係になってしまっています。

特に、子供がいない夫婦の場合は自分を見てくれる人がいないと感じてしまい夫以外にかまってくれる男性を探してしまう傾向にあるようです。できるだけマメに連絡を取るようにして妻を安心させましょう。

束縛し過ぎないように注意する

寂しがりやの女性をかまってあげようとマメに連絡を取ることは大切ですが、束縛し過ぎないように注意しましょう。

外出の連絡に対して浮気を疑うような言動や外出を禁止するような行動を取ってしまうと、夫の強すぎる束縛の鬱憤が溜まってしまいかえって浮気に走ってしまう可能性があります。浮気をされたくないという気持ちが束縛に繋がってしまうのは、仕方ないと感じかもしれません。

しかし、妻をコントロールしようとせずある程度は信頼して発散の場を与えることも重要です。

許しても浮気を続けるなら離婚を検討

どうしても浮気相手を忘れられなかったり、浮気自体が常習化してしまったりする妻は少なからずいます。夫にとって浮気を我慢し続けるのは心に負担が大きく、子供にとって良い家庭環境を維持するのは難しいので離婚を検討しましょう。

浮気が原因で離婚をしたら、妻や浮気相手に慰謝料の請求はできます。しかし明確な証拠がないままだと納得できる金額が取れないですし、財産分与があるので損をした思い、離婚を後悔してしまいます。

そこで離婚を妻に言い渡す前に、探偵事務所などを使い浮気の証拠を確保しておいてください。交渉が有利に進み後悔なく妻と離婚できます。

妻の浮気を許し時間をかけて関係を再構築

浮気をされた怒りの感情を消し去ることは簡単にはできません。浮気をされた辛さは、時間の経過とともに和らいできます。自分の心が壊れてしまわないためにも、浮気という事実を許すまでに時間がかかることを妻に伝えて、心の整理と再発防止をしていきましょう。

都道府県から探す

北海道
  • 北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事