浮気調査の費用

浮気調査を探偵にお願いした場合の費用やプラン別料金を解説

おすすめの探偵社

<1位> 原一探偵事務所
全国に18拠点、創業44年、解決11万件以上の実績の大手の探偵社

<2位> HAL探偵社
相談は匿名および非通知でも可能、24時間365日対応

<3位> MR探偵社
相談件数は年間15,000件以上の実績と高い調査力を誇る探偵社

調査プランを知りたい

浮気の調査を探偵に依頼しようと思っても、プラン内容や料金がさまざまで何を選んだらよいのか悩んでしまいますよね。結論としては、自分が掴んでいる情報によって選ぶべきプランや料金は変わる、といえます。

本記事では、最初に浮気調査のプランの特徴と料金相場について見ていきます。その上で、どんな情報を掴めば費用を抑えられるのかを解説しますので、参考にしてみましょう。また、探偵事務所の多くは無料相談を受け付けているため、その活用方法についても紹介します。

目次

1.浮気調査を探偵に依頼するプランは3通り

2.浮気調査費用を抑える方法

3.無料相談の時に確認しておくと良い事

4.自分でできることをしてなるべく費用を抑えよう

浮気調査を探偵に依頼するプランは3通り

浮気調査のプランは大きく分けて3通りあります。成功報酬プラン、時間制プラン、パック料金プランです。料金体系に基づく分類で、それぞれにメリットとデメリットがあります。それを比較して、自分が選ぶべきプランを検討してみましょう。

成功報酬プラン

成功報酬プランは結果が出たときに料金を支払うというものです。料金相場は35万円~60万円と幅広く、調査期間などで変動します。

ただし「成功報酬型」と「完全成功報酬型」には違いがあるため要注意。その違いを理解するために、まずは料金の内訳を確認します。

内訳 詳細 総額40万円の契約の場合の金額例
着手金 調査依頼をするときの前払い金 15万円
成功報酬 調査結果が出たときに支払う報酬分 25万円
諸経費 実費とも呼び、交通費や宿泊代金など 3万円

成功報酬型の場合は、結果はどうあれ着手金と諸経費は支払う必要があります。一方の完全成功報酬型であれば、調査に失敗したときは着手金と諸経費も支払うことなく0円です。

成功報酬のメリットデメリット

成功報酬型の場合、調査結果が出なければ料金の支払額を抑えられることがメリットです。しかし、何をもって「調査結果」とするかは業者によって異なるため、契約前にしっかり確認しましょう。浮気の証拠となる写真や動画を押さえることはもちろんですが、「浮気をしていなかった」というのも結果といえば結果です。

業者の中には「裁判で証拠として認定される資料」を提示して初めて成功報酬を受け取るところもあります。こういった業者は、無料相談の段階で浮気の確度が高いと判断しています。そのため、もし浮気をしていなければ自らの判断ミスであるとして、成功報酬を請求しません。

成功報酬プランがおすすめなのは、次のような状況にある場合です。

  • 心証としては浮気が濃厚だが、決定的な証拠を得られていない
  • 相手の行動範囲や時間帯がよくわからない
  • 調査結果が出ないのに料金を支払うことはしたくない

時間制プラン

時間制プランは、調査員1名1時間あたりの金額(単価)を、調査員の人数と時間で掛け算する料金体系です。単価は最安値だと2,000円台、平均的には10,000円で、総支払額の相場は20万円~30万円ほどを見込んでおくとよいでしょう。その計算を表で具体的に確認します。

項目 内容
調査員1名1時間あたりの金額(単価) 10,000円
調査人数 1名
調査時間 1日5時間×4日間
料金総額 10,000円×5時間×4日=20万円

上記はあくまでも一例です。調査人数を何人にするか、1日何時間の調査を行うかなどは無料相談の段階で決めていきます。

時間制のメリットとデメリット

時間制は調査期間が短くて済む場合にお得なプランです。調査期間を短くするには、下記のような情報があると役に立ちます。

  • 浮気のメールなどのスクリーンショットがあり、浮気相手の特定が容易である
  • 調査対象の行動を把握しており、調査すべき時間帯がわかる(平日夜のみなど)
  • 浮気している場所をある程度特定できる(よく使うホテルなどのレシートがある)

逆に言えば、これらの情報が全くない、あるいは浮気していない可能性もあるなら調査に時間がかかります。

また、自分が提供する情報の精度によっては、調査失敗というリスクも否定できません。証拠が掴めるまで延長を繰り返すと、結果的に高額になってしまいます。

浮気の証拠を押さえやすい情報を持っている場合に限って、最安値で依頼できるプランだと考えましょう。

パック料金プラン

パック料金プランは調査期間や調査員の人数などが決まっているプランです。時間制プランがメインの業者がパック料金プランを用意していることが多くみられます。相場は30万円~100万円と幅広いですが、1時間あたりの単価に換算すると時間制よりも割安です。某社のプラン例を見てみましょう。

時間制 Aプラン Bプラン
調査員の人数 3名以上 2名 2名
調査時間 最低4時間から 7日間
※平日5時間・休日10時間
14日間
※平日5時間・休日10時間
料金 7,500円~×人数×時間 60万円 100万円
調査員1人1時間あたりの単価換算 7,500円~ 6,666円 5,555円

パックのメリットとデメリット

パックのメリットは最初に決められた金額以上を支払うリスクがないことにあります。調査対象の行動などが読みづらく、調査が一定期間必要な見込みがある場合におすすめです。時間制で同期間調査するよりも安く済みます。

ただし、パック料金プランは調査が早く終わっても支払額は変わりません。

また、依頼者都合の途中キャンセルでは返金されないことも多いです。調査機関満期を迎えても結果が出なかった場合も含めて、契約内容をよく確認するようにしましょう。

浮気調査費用を抑える方法

調査費用の多くは人件費であるため、調査員が長時間動く必要があれば金額は高くなります。では、どうしたらこの時間を少なくして費用を抑えることができるのでしょうか。

事前に調査に必要な情報を準備する

無料相談の段階で提示できる情報が多いほど、新に入手しなければならない情報が減る分、調査時間が短くなります。つまり、それだけ費用が抑えられるということです。どんな情報があると役に立つのか、下記の表を参考にしてみましょう。

項目 詳細
調査対象について ルーティーンの行動 会社の定時、帰宅時間、休日など
住所 夫婦なら自宅の住所、恋人なら相手の住所、勤務先
移動手段 電車、バス、自家用車などメインの移動手段
怪しい時間帯 不在、連絡がとれなくなる曜日や時間
浮気相手について LINEやメールの情報 浮気を思わせるやりとりのスクリーンショットなど
SNSの情報 浮気相手と思しき相手のアカウント
その他 レシート 飲食店やホテルなどのレシート
カード利用明細 飲食店やホテル、チケット購入などの利用履歴
ネットの検索履歴 デートスポットなどの検索履歴

これらの情報が揃っていれば、いつどこで浮気をするかの見当がつきやすく、調査時間を短縮できる可能性が高まります。

ただし、調査対象に勘づかれては調査がしづらくなるため、やりすぎはNG。それとなく探れる範疇で情報を入手しましょう。

調査目的を明確にしておく

浮気の証拠を掴むことが目的に思えますが、本当の目的はその証拠をもってどんな行動に移りたいのかです。恋人の浮気を疑い、別れるべきか悩んでいる段階なら、調査対象が他の異性と手をつないでいる写真だけでも十分でしょう。

しかし、婚姻関係にある二人の問題で、今後裁判に発展するとなれば話は別です。配偶者へ慰謝料を請求するのであれば、裁判で証拠となるレベルの写真や動画、報告書が必要になります。浮気相手への慰謝料も請求するなら、相手の顔がはっきり分かる写真や本名、住所の情報も必要です。

また、離婚をしないという決断をするにしても、裁判で証拠として認定される資料が必要かもしれません。離婚は有責配偶者、つまり婚姻関係を破綻させる原因を作った側から請求しても原則として認められないことになっています。

離婚をしたくないのであれば、有責配偶者として認められる浮気の証拠を押さえておいたほうがよいでしょう。

無料相談の時に確認しておくと良い事

探偵業を営む会社の多くは無料相談を受け付けています。何を調査して欲しいか、どんな悩みを解決したいのかをヒアリングしてから調査内容と費用を決めるためです。この無料相談の時に確認しておくと良いことがいくつかあります。

証拠が取れない場合の料金について

時間制やパックプランは依頼内容に対する支払であるため、結果はどうあれ金額は変わりません。問題は成功報酬型についてです。何をもって「成功」とするのかは業者によって異なるため、その条件を確認しましょう。

離婚の裁判に備えて決定的な証拠を掴んでおきたいのであれば、裁判で証拠として認められることを「成功」とする業者が望ましいです。心情としては浮気と思える写真でも、法的な証拠としては認められないことがあります。

裁判で証拠として否認されれば成功報酬が発生しないという条件は、確実な証拠を押さえるという自信の表れでもあります。このような業者なら安心して依頼できるでしょう。

調査プランについて

成功報酬プランや時間制プランなど、いずれを選択するにしても、調査方法を具体的に説明してくれる業者かどうかを見極めましょう。

料金の相場は紹介しましたが、依頼内容によって大きく変動します。浮気相手の存在まで認識していて写真を押さえるだけの依頼と、浮気しているかどうかもわからない依頼とでは異なるのも当然です。

依頼主が持つ情報と目的に沿った提案がなされるかどうかは重要なポイント。必要以上の調査が盛り込まれていないか、不足はないかを確認しましょう。

また、電車移動がほとんどの調査対象の尾行にもかかわらず「車両費」などが加算されていないかも要チェックです。疑問のある項目については、理由を尋ねることをおすすめします。

後払いできるか

あまり考えたくはないことですが、悪徳な探偵業者も存在します。調査費用を全額先払いで請求し、数日後に「浮気はしていませんでした」とろくな調査もせずに報告して返金しないというケースです。

このような事態を避けるためには、後払い制を導入している業者を選ぶようにしましょう。調査終了後、証拠などを確認した上で支払に移るほうが安心です。

調査の証拠について

調査の証拠は、報告書にまとめられることが多いです。報告書には調査対象の行動を分刻みで記載した文章、尾行中の写真、浮気相手とホテルに入る瞬間の写真などがあります。

しかし、その精度は業者によって異なるため確認が必要です。

とくに裁判で活用したい場合には、調査対象と浮気相手の顔がハッキリと視認できる高解像度の写真や動画が求められます。望遠レンズや暗視カメラなど、どんなシーンにでも対応できる機材が揃っているかも確認しましょう。

離婚したいときにサポートしてくれるか

調査によって証拠を得たはいいものの、それをどう活用すべきかということは、自分だけでは判断がつかないことも多いでしょう。怒りのあまり、せっかく得た証拠を突きつけてしまい、相手が対策を練ってしまうこともあるかもしれません。

離婚を考えているのであれば、冷静に対処するためにもサポートまで行ってくれる業者をおすすめします。得た証拠の活かし方、離婚に向けての準備やスケジュールの相談ができると心強いです。

また、弁護士や行政書士を紹介してくれる業者であれば、内容証明郵便や公正証書の作成、裁判までスムーズに進みます。

水増し請求しないところ

通常は最初に提示された見積金額で契約をします。優良な業者であれば支払額は見積もり金額のみです。

しかし、業者によっては「交通費が予定よりかかった」「調査員を増やした」など事後報告で請求してくるところもあります。

また、さらに悪質なケースでは実際には調査員1名でしか調査していないにも関わらず3名分として水増し請求するところもあるようです。

不本意な請求されないためには、契約書に調査員の数や期間、見積もり以上の請求をしない旨が明記されているかを確認しましょう。その記載があれば、思わぬ経費がかかりそうな場合には連絡し、依頼主の了承を得てから動きます。たとえば、調査対象が急に出張で遠方へ出かけるなどです。

自分でできることをしてなるべく費用を抑えよう

浮気調査の費用は、依頼主がどれだけの情報を持っているかで変動します。確実に浮気をする日時と場所、浮気相手までわかっていれば最も安くなるでしょう。そのレベルではなくても、自分でできる限りの情報を揃えて依頼することが大切です。

とはいえ、これらの情報集めに動く前に無料相談だけ各社にしてみるのも一つの手。どんな情報を集めれば役に立つか、適切なアドバイスをしてくれる探偵業者は信頼できます。悩みの早期解決に向けて、プロの力を借りてみましょう。

おすすめ探偵社3選

おすすめの探偵社3社について、気になる1時間あたりの費用や調査内容、基本情報、おすすめポイントをまとめました。

原一探偵事務所

原一探偵事務所は、本社の川越を含む全国主要都市18ヶ所に(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・札幌・仙台・大阪・岡山・広島・松山・福岡、他)拠点があります。

TV番組からの依頼案件も多数解決し、言い逃れのできないような決定的な報告書を作成してくれます。

原一探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 4,0000円~パック
調査内容 浮気調査、人探し、嫌がらせ調査、盗聴器発見、ストーカー対策、企業調査、子供に関する調査、結婚調査
最寄り駅 東武東上線 霞ヶ関駅
住所 埼玉県川越市上寺山2-1
電話番号 0120-876-501

 

無料相談はこちら

HAL探偵社

HAL探偵社は、わかりやすい料金体系で人気がある総合探偵事務所です。相談をすると、調査に入る前に丁寧なカウンセリングを行っています。

相談者がよく納得した上で契約をする流れとなっていて、アドバイザーに安心して相談できる探偵社です。24時間365日対応の相談窓口があり、匿名で相談することや非通知での通話も可能です。

HAL探偵社は東京本社の他にも全国に支店があり、調査も日本国内のどこでも行っています。調査後は、最短3日間で裁判にも使用できる正確かつ有効な調査報告書を作成します。

HAL探偵社の詳細
1時間あたりの費用 ¥6,000~(1時間)
調査内容 浮気調査、行方調査、結婚信用調査、企業・個人信用調査、素行調査、GPS調査、盗聴発見調査、ストーカー調査
最寄り駅 京王新線「初台」駅
住所 東京都新宿区西新宿3-10-4ゼノン西新宿1階
電話番号 0120-313-256

 

無料相談はこちら

MR探偵社

MR探偵社は2003年に創業以来、全国で15,000件以上もの相談を受けてきた実績がある探偵事務所です。

探偵業界では初となる認定カウンセラー制度を設けている探偵社で、プロのカウンセラーによる相談を受けることができます。

24時間265日対応のフリーダイヤルがあり、フルタイムで常勤スタッフが対応しています。これは数ある探偵社の中でもMR探偵社だけが行っています。また、メールやLINEでも相談することが可能です。

MR探偵社には3つの料金プランがあります。「結果保証プラン、基本プラン、ピンポイントプラン」の3つがあり、相談状況に合ったプランを選ぶことができます。

また、結果保証プラン」の場合は、不貞の証拠が得られない場合は費用は一切かかりません。

MR探偵社の詳細
1時間あたりの費用 要見積もり
調査内容 不倫・浮気調査、人探し、嫁・婿問題、結婚前調査、行動調査、身辺調査、信用調査・企業信用調査、ストーカー対策、盗聴先・盗撮器発見、裁判証拠収集など
最寄り駅 JR池袋駅
住所 東京都豊島区東池袋1-47-3-1F
電話番号 0120-12-8888

 

無料相談はこちら

都道府県から探す

北海道
東北
関東
甲信越
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
沖縄
 
探偵の相場と調査内容
関連記事