浮気の対処方

浮気再発防止にも役立つ!浮気の言い訳から根本的な原因を知ろう

浮気する人の習性を知ることで対策を考える

パートナーの浮気は信頼関係を壊し、場合によっては修復不可能な傷を残します。相手を傷つける悪いことだと分かっているのに、どうして浮気をしてしまうのでしょう。

浮気をする原因が根本から理解できれば、パートナーに歩み寄り浮気の再発を防止することができます。この記事では浮気をする人によくある言い訳を男女別に分析し、どうして浮気に走ってしまうのか原因や経緯を詳しく解説します。

浮気発覚後に2人の関係の修復するのか、別れを選ぶのか、どちらにしても浮気の証拠を掴むことが重要になってきます。迅速に確かな証拠を掴みたいなら、探偵事務所へ相談してみるのも良いでしょう。

目次

浮気するタイプの男性によくある言い訳と理由

浮気するタイプの女性によくある言い訳と理由

関係を継続するなら言い訳してきた時の対処は重要

別れる覚悟なら動かぬ証拠を掴んで言い訳させない

パートナーの言い訳にまずは耳を傾けてみよう

浮気するタイプの男性によくある言い訳と理由

浮気をよくするタイプの男性は、どのような言い訳をするのでしょう。性的な理由、プライドを満たしたいなど、その言い訳はさまざまです。ここでは男性のよくある浮気の言い訳を3つあげてその習性を解説します。

男性の場合は生物学上で浮気をしやすい習性を持っている

浮気をする男性は、オスの習性だから仕方ないという言い訳をよく使います。男性は生物学上、種の保存というオスの本能が働き、多くの異性と関係を持ち自分の遺伝子を残そうとします。目の前に魅力的な異性が現れると、勝手に脳が興奮し、衝動的に浮気に走ってしまうのです。

男性としての言い分は、本能的に性的衝動が抑えられないので浮気に走ってしまうが、浮気相手に心変わりしたわけではないので許してほしいというもの。女性のように気持ちが伴わない体だけの関係が可能なのが男性の浮気の特徴です。

パートナーとの性に対する不満

浮気をするのは悪いことだけれど、きっかけは妻や彼女への不満からだったと言い訳する男性も多くいます。特に男性は性的な欲求が満たされていない場合、他の異性と肉体関係を持つことで発散しようとしてしまうのです。

セックスレスや性の不一致、セックスに対して男性の自尊心を傷つけてしまった…など、その他下記のような問題に心当たりがあるカップルは、男性が浮気に走ってしまう可能性が高いので要注意。最近パートナーの前ではおしゃれやメイクも手抜きになり、マンネリ化しているという人も、他の女性を魅力的に感じてしまう原因となってしまうので気をつけましょう。

男性が浮気に走る原因となるパートナーへの不満

パートナーへの不満 浮気に走ってしまう理由
セックスレス 性的欲求が満たされないので、他の異性を求める
性の不一致
セックスに対して否定的な態度を取られる 自尊心が傷つき、他の異性に自尊心を満たしてもらおうとする
パートナーへ魅力を感じない 長い間一緒にいるとマンネリ化し、他の異性に新鮮さを求めてしまう

パートナーとの関係の中で自分の居場所がない

男性は自分を認め、受け入れて欲しいという承認欲求が強いという特徴があります。パートナーが褒めてくれなかったり、いつも文句を言われていると居心地が悪いと感じ、他の異性に癒やしを求めてしまうのです。

またパートナーから愛されていないと感じた時にも浮気に走ってしまうようです。男性は自分が必要とされることで存在意義を感じます。自分がパートナーに求められていないことに傷つき、他の異性に心の拠り所を求めて浮気してしまうのです。

浮気するタイプの女性によくある言い訳と理由

女性の浮気の言い訳は、男性とはまた違った特徴が見られます。下記は女性が浮気に走る主な原因です。男性の浮気は性的な理由が多いのに対し、女性はパートナーとの不仲が原因で浮気に走ることが多いようです。ここではよくある女性の浮気の言い訳を3つ紹介します。

女性が浮気に走る原因

原因 理由
寂しかった パートナーとのコミュニケーション不足、セックスレスなどによる寂しさを他の異性で埋めようとする
パートナーへの不満 モラハラ、DVや過度の嫉妬など、夫に耐え難い不満があり他の異性へと逃げてしまう
愛情が冷める パートナーへ愛情が感じられなくなり、他の異性に走る
浮気をされた腹いせ パートナーが浮気をしているので、自分も仕返しに浮気をする
刺激がほしい パートナーとマンネリ化が長期化し、他の異性に新鮮で刺激的な出会いを求める
パートナーを生理的に受け付けない 不仲な関係が続くことで、一緒に過ごしたりセックスしたりすることに嫌悪感を覚え、他の異性に惹かれてしまう

寂しさと物足りなさを彼に感じる

女性が浮気に走るきっかけは、パートナーが最近物足りなくて寂しいと感じている時です。セックスレスになったり、夫や彼からの愛情表現が少なくなってくると物足りなさや寂しさを感じ、他の優しくしてくれる男性に目が向いてしまうようです。

女性は「寂しいから仕方ない」「これっきりだから」などと正当な理由をつけて浮気をします。自分が浮気に走ってしまうのは、自分のせいではなく原因はパートナーにあると責任転嫁する傾向にあるようです。

私を放置する彼や夫が全て悪い

彼や夫が仕事や仲間との約束を優先して、自分が放置されているような状況も女性を浮気に走らせます。この場合も自分を大切にしない彼や夫の態度が全て悪いと言い訳し、パートナーが構ってくれない寂しさを他の男性で埋めようとするのです。

最近パートナーと過ごす時間が少ない、会話が減ってきているというカップルは、気づいたら妻や彼女の関心が他の男性に向いていた、ということになりかねないので注意しましょう。

姑の言いなりで味方をしてくれない

姑問題は妻にとって大きなストレスです。夫の実家と折り合いが合わず、関係が悪化していくと不満が募り妻が浮気をする原因となります。

特に夫が姑の言いなりで自分の味方をしてくれない、言い分を聞いてくれないなどの冷たい態度に、妻は孤立し寂しさを感じ浮気をしてしまうことも。夫が自分の意見に耳を傾けてくれないので、話を聞いて同意してくれる優しい男性に惹かれてしまうのです。

関係を継続するなら言い訳してきた時の対処は重要

パートナーの浮気発覚後、関係を修復しやり直したいと考えているなら、言い訳をされた時の対応が重要になってきます。浮気の再発を防止するためには、相手に反省を促し自分の意思で改心してもらうよう仕向けることがポイントです。

男性の浮気であれば、何も言わず静かに涙するという態度が非常に効果的。パートナーを傷つけてしまったという後悔が湧いてきて、もう二度と悲しませないと決意するでしょう。しつこくメソメソし続けたり、号泣されると逆に鬱陶しいと思われてしまうので、涙を見せるのは静かに少しだけにしましょう。

女性の浮気であれば、自分が至らないせいで浮気に走らせてしまったという態度が有効です。自分のことを大切に考えてくれている態度に心から反省し、パートナーの元へ気持ちが戻ってきます。

男性、女性どちらの場合も言い訳された時に絶対にやってはいけないのが、感情的になって相手を責め立てること。あまり追い詰めてしまうと逆効果となり、さらに浮気相手に気持ちが傾いてしまう危険性があります。相手を責めるのではなく、浮気によって傷つき悲しんでいる気持ちを伝えてください

別れる覚悟なら動かぬ証拠を掴んで言い訳させない

パートナーの浮気により別れる決意をしたならば、確固たる浮気の証拠を掴みましょう。婚姻関係を結んでいる夫や妻の浮気は違法行為。法的に有効な浮気の証拠を確保すれば、こちらに有利な条件で離婚でき、浮気をした配偶者と浮気相手に慰謝料を請求することができます。

確実な証拠集め

夫や妻の浮気が原因で離婚するなら、確実な証拠集めが必要になってきます。浮気をしているかも知れないという憶測の段階で問い詰めてしまうと、言い逃れをされたり、証拠隠滅されたりする恐れがあるからです。

決定的な浮気現場の写真を押さえることが理想的ですが、素人が尾行をしたり張り込こんで証拠を押さえるのは至難の業。確実に浮気の証拠を掴みたいなら、探偵事務所へ依頼することも1つの方法です。

馴染みのない探偵に依頼することに不安を感じるかも知れませんが、匿名で無料相談を行っている探偵事務所も多くあるので、現状を相談してみると良いでしょう。

証拠を掴んだ後は慰謝料の請求や離婚に応じないなら離婚調停

確固とした証拠を掴んだ後は離婚や慰謝料請求について、パートナーと話し合いをします。相手がこちらの要求に応じないようなら、離婚調停で決着をつけることになります。

離婚調停で有利となるには、配偶者と浮気相手の間に肉体関係を証明する証拠が必要です。浮気相手とのメール・LINEのやりとりや、2ショットの写真は浮気の決定的な証拠としては使えない場合が多いので注意しましょう。

不貞行為と認められる証拠とは、2人がラブホテルに出入りしている瞬間を収めた写真や動画などです。第三者が見ても不貞行為に及んでいることが判断できる証拠を集め裁判所に提出できれば、慰謝料請求や離婚調停が長引くことなく早期に決着が付きます

探偵事務所については探偵の浮気調査にかかる費用 依頼時の不安や疑問を解決!でさらに詳しく説明しています。

パートナーの言い訳にまずは耳を傾けてみよう

パートナーの浮気は許せない裏切り行為。浮気をしたのにもかかわらず自分を正当化し、自分が被害者であるかのような言い訳には怒りを覚えるかも知れません。

しかし浮気再発を防止するためにも、相手の言い訳に耳を傾け浮気の原因を探ることが重要です。自分に否がなかったかどうか省みることで、パートナーとの関係を見直し、以前よりも絆が深まる可能性もあります。

それでも別れを選択するなら、一刻も早く動かぬ浮気の証拠を押さえましょう。まずは探偵事務所の無料相談を利用してみることをおすすめします。浮気問題に長けた相談員からのアドバイスは、今後の方針を定めるのに役立つでしょう。一人で悩まずに、プロの力を借りて浮気問題を解決する一歩を踏み出してください。

 

都道府県から探す

北海道
  • 北海道
東北
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
関東
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
甲信越
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
北陸
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮城県
  • 鹿児島県
沖縄
  • 沖縄県
探偵の相場と調査内容
関連記事