浮気調査の基礎知識

興信所とはどんな調査をしてくれる場所なのか?依頼できる内容も紹介

おすすめの探偵社

<1位> 原一探偵事務所
全国に18拠点、創業44年、解決11万件以上の実績の大手の探偵社

<2位> HAL探偵社
相談は匿名および非通知でも可能、24時間365日対応

<3位> MR探偵社
相談件数は年間15,000件以上の実績と高い調査力を誇る探偵社

興信所と探偵の違いがイマイチよくわからない

興信所と探偵の違いがいまいちピンとこない方もいるかと思います。それもそのはず、現代では両者に決定的な違いはありません。以前であれば、興信所と探偵事務所は明確な違いが存在していました。それが今では、興信所が行っていた業務を行う探偵事務所や探偵が行っていた業務を行う興信所もあります。

しかし興信所と探偵では細かな違いはありますので、本記事でその部分を確認していきましょう。実際に浮気調査を依頼する場合には参考にしてください。

目次

興信所は探偵と何が違うのか

興信所に依頼できること

興信所に浮気調査を依頼する場合の費用

興信所へ依頼したい時は

興信所も探偵も同様の調査を依頼できる

興信所は探偵と何が違うのか

探偵と聞くと、相手の行動をこっそり調べて報告してくれるプロだと想像つきます。興信所も同じく調査会社ですが、その業務は想像がつきにくいのではないでしょうか。興信所の主な特徴は「信用調査を行う」「対象に通知したうえで調査を行う」「調査内容や業務は探偵と同じ」です。

「浮気調査を依頼するのに対象に通知するの?」と驚かれる方もいるかと思いますが、特定の条件であればターゲットに通知せずに調査を行います。興信所と探偵事務所それぞれの特徴を確認していきましょう。

信用調査をするのが興信所

元々興信所は、企業や個人の信用調査を主に行う調査会社を指しました。依頼内容にもよりますが、企業信用調査・人事や雇用調査・市場調査・個人信用調査が主です。

例えば銀行が融資する場合、相手企業の支払い能力があるかどうか確認する必要があります。しかし、融資先がいくつもある中で毎回自分たちだけで調べるのは大変です。

そこで銀行は興信所に依頼し、取引先企業の資産状況や営業状況などを調べてもらいます。そもそも興信所は、元々銀行が融資先などの信用調査を行うために出資・設立された調査会社です。そのため、個人の信用調査よりも企業の信用調査重点的に行っていました。それが今では、依頼を受ければ人探しや浮気調査も取り扱うようになったのです。

今では興信所に浮気調査を依頼しても問題ありませんし、実際に依頼している方もいます。

対象に通知した上で調査を行う

興信所では信用調査を行う際に、ターゲットに通知してから調査を行わなければなりません。しかし以下の条件であれば、ターゲットに通知せずに調査可能です。

  • ターゲットが依頼者の配偶者である
  • ターゲットが依頼者の親権に服する子である
  • ターゲットが依頼者の契約や事件などの一方の当事者である
  • 依頼者が犯罪やその他の不正行為による被害を受けている

「興信所業者が講ずべき個人情報保護のための措置の特例に関する指針」という法律によって、上記の条件であれば通知しなくてもいいと定められています。したがって夫の浮気調査を興信所に依頼する場合は、夫に通知されずに調査可能です。

調査内容や業務は探偵と同じ

以前であれば探偵と興信所で業務に明確な違いがあり、興信所であれば信用調査を、探偵であれば素行調査を主に行っていました。しかし、2007年に施行された探偵業法で興信所と探偵業の区分けはされず、同法が定める調査を行う調査会社は一律に調査会社とみなされました。

そのため現在では両者に明確な違いはなく、興信所であっても個人から依頼を受ければ、人探しや浮気調査などを行うところもあります。また、探偵事務所であっても個人や企業の信用調査を行うところもあるため、両者の調査内容や業務はほぼ同じといっていいでしょう。

興信所と探偵事務所の違いについていは興信所でできる浮気調査とは?探偵との違いも徹底解説!で詳しく解説しています。

興信所に依頼できること

興信所であっても探偵事務所と同じような調査を依頼できます。興信所にはどういった依頼が可能なのか具体的に確認していきましょう。

法律の範囲内での調査

興信所では「探偵業法」に則った調査を行います。したがって依頼を受け、法律の範囲内で尾行や張り込み、聞き込みなどの調査を行う場合は問題ありません。興信所は合法的に様々な個人情報を調べられるので、例えば携帯の電話番号1つで名前・住所・生年月日・勤務先・年収・借り入れの額や借入先などが分かります。

探偵業法に則っていない、例えば住居不法侵入や窃盗など違法な調査を行っている興信所には注意が必要です。違法調査で証拠を掴めた場合裁判などで証拠として認められません。それどころか、依頼主が違法行為で責任を負うケースもあります。既に実績があり、信頼されている興信所を利用しましょう

信用調査以外も依頼できる

興信所では、浮気調査・身元調査・素行調査・親族の人探しなど、信用調査以外の依頼も可能です。調査によって、対象者の名前や住所、マンションであれば部屋番号、普段の行いや勤務先、交友関係、性格なども尾行・潜入調査など調べられます。他にも依頼者の要望に応じてカスタマイズが可能です。

ただし通常は親族以外の人探しなどストーカー行為の恐れがあるものや、その他犯罪に繋がる恐れのある依頼は正当な理由が無い場合断られます。その他「住民票の取得」「借金データ取得」「差別に関する調査」「電話番号による個人の身元特定」など正規の手法ではない調査も依頼できません。

自分の調査してほしい内容が依頼しても問題ないか気になる方は、無料相談を利用して確認しておくと安心です

興信所による浮気調査の内容

興信所に浮気調査を依頼した場合、どういった調査を行うのかその内容について詳しく確認していきましょう。

調査対象に気づかれない尾行や張り込み

「夫が浮気しているのでは」と思っていても、証拠がなければ問い詰めてもはぐらかされて終わりです。今別れるかどうかの判断がつかなかったとしても、証拠があればお互いに話し合える可能性はあります。そのために必要となる証拠を、興信所は専門の機材や独自の調査力によって写真や動画として取得可能です。

対象者の顔をしっかり撮るための一眼レフカメラや盗聴器、小型カメラや暗視スコープなどが用意されています。盗聴器は使用自体が犯罪になるわけではなく、依頼主に設置してもらう場合や依頼主に招かれた担当者が設置する場合、違法性はありません。興信所はあくまで合法的に、ターゲットに気づかれないよう調査が可能です。

裁判でも有効な浮気の証拠集めが可能

もし裁判する事態になった場合、有効な浮気証拠が必要です。有効な証拠とは肉体関係があったと客観的に分かる物であり、LINEのやりとりや二人で食事をしていたというだけでは証拠として認められません。有効な証拠とは、以下の項目を満たすものです。

  • ラブホテルを3回以上利用したことが証明できる写真
  • ラブホテルで40分以上滞在したことが証明できる写真
  • 浮気相手宅へ5回以上出入りしたことが証明できる写真

ラブホテルを1回利用しただけでは不貞行為として認められないケースもありますが、何度もラブホテルに出入りしていれば不貞行為として認められます。また、不貞行為が行われるにはある程度の時間が必要でその目安が40分です。浮気相手宅の出入りはラブホテルよりも不貞行為証明が難しいですが、5回以上の出入りが証明できれば、親密であり不貞行為だと認められます。

興信所ではこういった裁判で有効とされる浮気の証拠集めが可能です。浮気の証拠を集めたからといって必ずしも裁判を行う必要はありませんが、もし裁判する時に対応できるようにしたい方は有効な証拠を用意しておきましょう。

興信所に浮気調査を依頼する場合の費用

興信所に浮気調査を依頼した場合の費用相場について確認していきましょう。調査員2名の1時間当たりの相場は下記の通りで、一人当たりの場合は下記の半額になります。

20,000円~25,000円未満 36%
15,000円~20,000円未満 28%
10,000円~15,000円未満 24%

【参照リンク:http://office.tantei2005.jp/price.php

尾行調査を行う場合、ターゲットを見逃すリスクを減らし、また調査員自身の休憩がとれるよう2名以上で行うのが一般的です。調査員の人数が多すぎると目立ってしまうため、多くの場合2~3人で調査を行います。

上記の費用の他にも、車両費、高速料金などの移動費、ガソリン代、出張して尾行する場合には宿泊費などがかかります。こういった経費は依頼毎に異なり、また最初の見積もりに含まれていない場合もあるので必ず契約前に確認しておく必要があります。目安として浮気調査を行う場合、3~5日の調査では総額50万円前後です。

決して安くない金額ですが、事前に浮気しそうな日を調べておけば調査費用を抑えられる可能性があります。費用を可能な限り抑えたい方は、可能な範囲で浮気しそうな日を調べて興信所に共有するといいでしょう。

興信所の調査費用については興信所への調査依頼費用の相場や契約時の注意点を紹介で詳しく紹介しています。

興信所へ依頼したい時は

興信所に依頼しようとするなら、まずは信用できそうな興信所を探し、無料相談を利用してからどの興信所が良いか判断する必要があります。興信所選びで失敗しないためのポイントについて詳細を確認していきましょう。

信用できる興信所を探すには

信用できる興信所を探すポイントは下記の通りです。

  • 探偵業法の届出がされている
  • 会社の所在地等の概要が公開されている
  • 過去に行政処分を受けていない
  • 有名人の起用など過度な広告を行っていない
  • 依頼者からの感想文や口コミがない
  • 契約書をきちんと交わす
  • 契約前に報酬や経費について明確に説明してくれる

探偵業届出証明書は事務所内の目立つところに掲示されているため、そこで確認できます。探偵業届出証明書が見当たらなければ、必要な許可証を取っていないモグリ業者の恐れがあるため必ず確認が必要です。

会社の所在地が記載されていない場合、あるいは記載場所がレンタルオフィスやその他の施設だった場合には悪徳業者の恐れがあるので注意します。行政処分を受けているかどうかは公安委員会のホームページから確認できます。

過度な広告で宣伝に多額の費用がかかっている場合、調査料金も高額になる可能性がありますので、依頼内容と報酬が見合っているかどうか注意して確認することが大切です。また経費について後から上乗せされる可能性もあるため、事前にどういった場合に追加費用がかかるのか、実際にいくらになるのか、きちんと説明をしてくれる業者を選んだ方が安心です。依頼者からの感想文や口コミは自作自演のものが多いため、見かけても内容を鵜呑みしないようにしましょう。

契約書を交わさない場合、探偵業法違反ですから注意してください。中には悪徳業者が興信所を名乗っている場合もあるため、上記のポイントを元に見分けられるようにしておきましょう。

無料相談を利用してみる

いきなり興信所を決めるのは難しく、たとえ信用できる興信所であっても浮気調査が得意でない場合もあります。多くの興信所は無料相談を行ってくれるため、まずは相談確認してみましょう。無料相談を利用する場合、自分が知りたい内容やどういった調査を行ってほしいか具体的に伝えると、より的確なアドバイスや意見が得られます

調査を依頼するか決めかねている場合でも、話せば気持ちが整理される可能性もあります。納得のいった状態で調査を依頼するために、自分の気持ちと向き合える無料相談の利用がおすすめです

興信所も探偵も同様の調査を依頼できる

現在では、興信所であっても探偵と同じような調査を依頼できます。浮気調査で集めた証拠は、何も裁判で使うだけでなくお互いにきちんと話すための手段としても使えます。

興信所を選ぶ際は探偵業法に則った調査をしているか、報酬や経費について明確に提示してくれるか、実績があるかといった点に着目します。複数社に足を運び、対応や担当者の雰囲気などを確認してから選ぶのがおすすめです。信頼できる興信所を選ぶことが、自分のその後の選択肢を広げることにもつながります。

おすすめ探偵社3選

おすすめの探偵社3社について、気になる1時間あたりの費用や調査内容、基本情報、おすすめポイントをまとめました。

原一探偵事務所

原一探偵事務所は、本社の川越を含む全国主要都市18ヶ所に(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・札幌・仙台・大阪・岡山・広島・松山・福岡、他)拠点があります。

TV番組からの依頼案件も多数解決し、言い逃れのできないような決定的な報告書を作成してくれます。

原一探偵事務所の詳細
1時間あたりの費用 4,0000円~パック
調査内容 浮気調査、人探し、嫌がらせ調査、盗聴器発見、ストーカー対策、企業調査、子供に関する調査、結婚調査
最寄り駅 東武東上線 霞ヶ関駅
住所 埼玉県川越市上寺山2-1
電話番号 0120-876-501

 

無料相談はこちら

HAL探偵社

HAL探偵社は、わかりやすい料金体系で人気がある総合探偵事務所です。相談をすると、調査に入る前に丁寧なカウンセリングを行っています。

相談者がよく納得した上で契約をする流れとなっていて、アドバイザーに安心して相談できる探偵社です。24時間365日対応の相談窓口があり、匿名で相談することや非通知での通話も可能です。

HAL探偵社は東京本社の他にも全国に支店があり、調査も日本国内のどこでも行っています。調査後は、最短3日間で裁判にも使用できる正確かつ有効な調査報告書を作成します。

HAL探偵社の詳細
1時間あたりの費用 ¥6,000~(1時間)
調査内容 浮気調査、行方調査、結婚信用調査、企業・個人信用調査、素行調査、GPS調査、盗聴発見調査、ストーカー調査
最寄り駅 京王新線「初台」駅
住所 東京都新宿区西新宿3-10-4ゼノン西新宿1階
電話番号 0120-313-256

 

無料相談はこちら

MR探偵社

MR探偵社は2003年に創業以来、全国で15,000件以上もの相談を受けてきた実績がある探偵事務所です。

探偵業界では初となる認定カウンセラー制度を設けている探偵社で、プロのカウンセラーによる相談を受けることができます。

24時間265日対応のフリーダイヤルがあり、フルタイムで常勤スタッフが対応しています。これは数ある探偵社の中でもMR探偵社だけが行っています。また、メールやLINEでも相談することが可能です。

MR探偵社には3つの料金プランがあります。「結果保証プラン、基本プラン、ピンポイントプラン」の3つがあり、相談状況に合ったプランを選ぶことができます。

また、結果保証プラン」の場合は、不貞の証拠が得られない場合は費用は一切かかりません。

MR探偵社の詳細
1時間あたりの費用 要見積もり
調査内容 不倫・浮気調査、人探し、嫁・婿問題、結婚前調査、行動調査、身辺調査、信用調査・企業信用調査、ストーカー対策、盗聴先・盗撮器発見、裁判証拠収集など
最寄り駅 JR池袋駅
住所 東京都豊島区東池袋1-47-3-1F
電話番号 0120-12-8888

 

無料相談はこちら

都道府県から探す

北海道
東北
関東
甲信越
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
沖縄
 
探偵の相場と調査内容
関連記事